初心者はこの本!Andoroidアプリ(Kotlin)開発参考書籍3選

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は初心者の方におすすめのAndroidアプリ開発の参考書籍を3冊ピックアップして紹介します。

1日のほとんどの時間をスマホと過ごす今日この頃、自分でスマホアプリを作ってみたい!という方や、スマホアプリの広告収入で稼ぎたい!という方は多いのではないでしょうか?

私はエンジニアではありませんが、独学でAndroidアプリの開発を学び、Google Playにアプリを公開しています。開発を始める前からプログラミングの基礎については心得ていたものの、Androidアプリの開発に使用する言語であるKotlinやJavaについては初心者で、書籍を参考に独学し、アプリを公開できるレベルまで上達しました。

Androidアプリの開発・公開には、Kotlinの文法や、統合開発環境であるAndroid Studioの使用方法など、関連知識を習得する必要があります。そこで、独学でこれらの知識を学ぶ方のために、数ある参考書籍の中から実際に検討・使用したものを厳選して紹介していきます!

また、Androidアプリ開発の参考書選びにおける注意点についても併せて記載しているので、参考にしてみてください。

こんな方におすすめ!

  • プログラミングの経験はあるが、Androidアプリの開発経験なし
  • Androidアプリの開発言語であるKotlinを使った開発を学びたい
  • まずは簡単なAndroidアプリを開発してGoogle Playに公開するレベルまで上達したい

今回紹介する書籍は、どれも初心者が学び始めるのに最適ですが、その中でも個人的にやさしいと感じた順に紹介しています。それでは見ていきましょう!



初心者におすすめ!Androidアプリ開発参考書籍

はじめてのAndroidプログラミング 第5版

Andoroidアプリ開発の基礎技術が詰まったアプリを作りながら知識を習得できる書籍です。レイアウトエディタでは、デザインモードと呼ばれる視覚的なアプリ作成画面を使ってアプリ画面を作成していくため、コードでXMLを記述するよりも初心者にやさしい解説となっています。

学べる内容の例

  • HTMLを用いた、UIにこだわったアプリ画面作成法
  • 音声ファイルの再生
  • タイマー処理の実装

書籍自体もカラーで見やすいですし、作成するサンプルアプリもHTMLを使用するなど視覚的にこだわったものになっているのが特徴です。各種機能の実装を学べるものの、その種類は絞られている印象で、初心者でもスムーズに開発を進めることができます。

作ればわかる!Androidプログラミング Kotlin対応 10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門

習うより慣れろ」、「作って楽しい」というコンセプトのもと、実際にアプリを作りながら、Androidアプリ開発のために必要な知識やプログラミング方法を学ぶことができる書籍です。

Android Studioのインストール方法、Kotlinの基礎から始まり、10種類のアプリを作りながらはじめてのAndroidアプリ開発を体験していきます。

学べる内容の例

  • 共有プリファレンスを用いたデータ保存
  • 加速度センサーの使用法
  • Googleマップ ・GPSの使用法

「盗難防止アラーム」や「玉転がしゲーム」などアプリの種類も豊富で、楽しくAndroidアプリ開発の一歩を踏み出すことができますカラー刷りなので見やすい点もGoodです!

基礎&応用力をしっかり育成!Androidアプリ開発の教科書 Kotlin対応 なんちゃって開発者にならないための実践ハンズオン 第2版

こちらは上記2冊よりもさらに広範なAndroidアプリ開発技術を学ぶことができます。メディアの再生やデータベースアクセス、GPSの使用はもちろんのこと、Web APIとの連携やカメラアプリとの連携についても学ぶことが出来ます。マテリアルデザインと呼ばれるGoogleが推奨する画面デザインの考え方について取り扱っている点も特徴的です。

書籍自体カラーではあるものの多色刷りではなく、レイアウトエディタについてはテキストモードでゴリゴリ記述していくスタイルをとっており、全体的に硬派な印象を受けるかと思います。楽しく学ぶのもいいけど、初心者の段階からしっかり学びたい!という方にはうってつけでしょう。

学べる内容の例

  • Web APIやカメラアプリとの連携
  • マテリアルデザインの基礎
  • テキストモードでのXMLの記述

注意点は、Android Studioの導入等は解説されているなどAndroidアプリ開発の入門書ではあるものの、Kotlin言語の解説にページは割かれていないことです。上記2冊よりもプログラミングに自信のある方向けであると言えるでしょう。



参考書選びの注意点

自身のプログラミングレベルに合わせた書籍を選ぼう

「Androidアプリ開発」というジャンルだけでも入門書の数は豊富で、難易度や学べる内容にはバラつきがありますプログラミング経験の有無やその年数、JavaやKotlinの使用経験によっても最適な書籍は異なります。今回取り上げた書籍はいずれも入門書として最適なものですので、解説を参考にしながら選んでみてください。

できるだけ新しく刊行された書籍を使おう

Android StudioやKotlinのバージョンによっては、画面表示や文法が異なる場合があります。初心者にとってはつまづきやすいポイントなので、できるだけ新しく、最新のバージョンに近い内容を取り扱った書籍を選びましょう。今回取り上げた書籍はいずれも刊行が2019年と、比較的新しい書籍を取り上げています。

まずは参考書で独学してみよう

今回は初心者の方におすすめのAndroidアプリ開発の参考書籍を3冊ピックアップして紹介しました。どの書籍もわかりやすく、Androidアプリ開発の第一歩を共に踏み出す上で最適かと思います。

書籍を用いた学習は体系的に必要な知識・技術を習得できるので、特に初心者のうちは手当り次第ググりながら学ぶよりもおすすめです。プログラミングスクールに通うのは時間や費用の点で難しい方でも、書籍による学習であれば気軽にチャレンジできるかと思います。紹介した注意点なども参考にしつつ、気になる1冊を試しに手に取ってみてください。