ディジタル回路のおすすめ参考書まとめ【初心者向け、大学以降レベル】

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は、初心者向けディジタル回路についてのおすすめ参考書(大学以降レベル)を紹介していきます。

私がディジタル回路について学び始めた当初、ちょうどよいレベルの参考書探しに苦労しました。現在のコンピュータがどのように演算を行っているかを理解する上でディジタル回路の学習は重要です。わかりにくい参考書を選んで後悔しないようにしたいですね!

それでは見ていきましょう!



ディジタル回路のおすすめ参考書まとめ【初心者向け、大学以降レベル】

ゼロから学ぶディジタル論理回路

著者情報秋田純一/公立はこだて未来大学情報アーキテクチャ学科講師(刊行時)
発売日2003/7/30
内容1 なぜディジタルか?
2 基本論理をマスターしよう!
3 組み合わせ回路を知ろう!
4 順序回路で記憶させよう!
5 言語を使った設計
6 コンピュータを作ってみよう!
ポイント・コンピュータのしくみを、ICを使って実際に工作しながら学べます
・丁寧で優しい語り口。
VerilogHDLのような言語を使った設計に触れている点も特徴。

ディジタル回路

著者情報五島正裕/東京大学准教授(刊行時)
発売日2008/1/1
内容論理回路の基礎
・ブール代数
・組み合わせ回路
・順序回路
ディジタル回路設計の実際
・ロジックの構成
・CMOS回路
・機能的な回路
・演算回路
・メモリ
ポイント・ディジタルの基礎事項を網羅。
・基礎事項も端折らずに解説。
・学術的な語り口
・「ゼロから〜」とどちらが良いかは好み次第。



ディジタル電子回路 ―集積回路化時代の― 第2版

著者情報藤井信生/東京工業大学名誉教授(刊行時)
発売日2020/2/28
内容第1章 アナログ回路からディジタル回路へ
第2章 ディジタル回路の論理関数による表現
第3章 集積化基本ゲート
第4章 組合せ論理回路
第5章 フリップフロップ
第6章 順序回路
第7章 A/D・D/A変換回路
ポイント・初版(1988年)から30年以上経過。
2020年、時代に合わせた題材に改訂された第2版
・ディジタル回路の基礎について網羅。
A/D(アナログ/デジタル)・D/A変換回路についても触れている

参考書を活用してディジタル回路の基礎を学ぼう

今回は、初心者向けディジタル回路についてのおすすめ参考書(大学以降レベル)について紹介してきました。

情報社会の根幹をなすコンピュータの基礎を理解する上ではディジタル回路の学習は欠かせません。今回紹介した書籍はどれもおすすめですが、記述の仕方や実際的な部分で取り上げている内容には特徴があります。「内容」、「ポイント」を参考に選んでみてください。