【見直すべき】仕事・勉強時間を快適にしてくれるアイテム3選

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は、【見直すべき】仕事・勉強時間を快適にしてくれるアイテム3選というテーマで、これを見直すと勉強時間が快適になるよ!と思うアイテムを紹介していきます。

普段勉強しているときに何気なく使っているアイテムについて、見直してみようかなと考えたことはありますか?なんとな〜く惰性でずっと同じものを使っていることが多いのではないかと思います。

今回この記事を書こうと思ったきっかけは、職場やカフェで作業や勉強をしている人を見た時に、不便そうだな、今はもっと便利なアイテムがあるのに!と思ったことです。便利なアイテムを使えば仕事・勉強の効率も上がり、同じ時間でも多くのアウトプットを生み出せたり、余暇時間を作ることも可能なのに、もったいない!と感じました。

毎日使うと考えれば、初期投資としてはどれもそこまでコストはかかりません。得られるメリットを考えると、ぜひとも検討すべきだと思うものを紹介していきます!

それでは見ていきましょう!



仕事・勉強時間を快適にしてくれるアイテム3選

完全ワイヤレスイヤホン

活躍シーン
  • 職場・カフェでの作業
  • リモートワークの会議・ミーティング
  • ランニング・トレーニングでのリスニング学習

いまだにスマホやPCからコードを伸ばして有線接続している方、悪いことは言わないので今すぐ完全ワイヤレスイヤホンに変えましょう。

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホン自体が接続元のPCやスマホと接続するコードをもたず、両耳も有線接続されていないものです。Bluetoothで通信することによって音声接続します。

「名前は聞いたことあるけど、Bluetooth接続ってどうゆうこと…?」、「接続の仕方がわからないから使えない…」という方も、「Bluetooth 接続」などと検索してみると、思いのほか簡単に接続できることがわかるかと思います。3分もあれば接続できるので、この点は安心してください。

完全ワイヤレスイヤホンは、プライベートでの音楽・動画鑑賞はもちろんのこと、ビジネス・学習・トレーニングでも大活躍します。おすすめする理由を以下に挙げます。

  • デスクで:
    • イヤホンとスマホをつなぐコードが作業のジャマをしない
  • Webミーティングで:
    • マイクの音声取り込みもヘッドセットと遜色がない
    • 接続がスムーズ
    • 端子の接続不良がない
  • ランニング・トレーニングで
    • コードがジャマをしない
    • コードに汚れや汗が付着せず、耳の接触部のみの手入れで済むためラク

上記のように、完全ワイヤレスイヤホンの使用には様々なメリットがあります。特に、スマホやPCからイヤホンに伸びるコードがない点は、一度経験したら有線イヤホンには戻れません(私はもう有線イヤホンを使用するつもりはありません!)。物理的な接続をしなくてよい点も、初期設定(ペアリング)をしてしまえば、毎回スムーズに使い始めることができるため便利です(例:充電ケースから取り出すだけ)。

このようにたくさんのメリットがある完全ワイヤレスイヤホンですが、購入・使用に際していくつかポイントがあります。

  • ノイズキャンセリング性能が優れたイヤホンを選ぶ
  • 安価な品は粗悪品が多いので注意(接続の安定性、充電持続時間をチェック)
  • マイク機能がついているか
  • ランニング・トレーニングで多様する方は防水性能や耳からの外れにくさもチェック

完全ワイヤレスに限ったことではありませんが、ノイズキャンセリングの性能にはこだわりましょう作業中に外部の音をきちんと遮断できるかどうかで作業への集中度合いは大きく変わります

また、同じ完全ワイヤレスイヤホンでも、安定した接続が保たれるかどれくらい充電せずに連続使用できるかという点は個々にスペックが異なります。防水性能や、トレーニング用途に対応しているかもチェックしましょう。

最近は安価な完全ワイヤレスイヤホンも乱立していますが、粗悪品も多いので、購入前に口コミをチェックするなどして十分気をつけてください。安価なものにはマイク機能がないものも多いです。心配であれば、有名どころの品を購入しましょう。

カフェで作業している人や、ランニングしている人のイヤホンからコードが伸びているのを見るたびに、完全ワイヤレスイヤホンがいかに素晴らしいかをいつも伝えたいと思っていました。この記事をご覧になった方は、ぜひ完全ワイヤレスイヤホンデビューを果たして、その快適さを体感してください!

厳選!おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

ここまで紹介してきた特徴や注意点を踏まえ、厳選したおすすめイヤホンをピックアップします!

ソニー WF-1000XM3

音質・ノイズキャンセリングが優れたソニーのWF-1000XM3は、私も公私に渡って愛用しています。音声が途切れにくい点や、充電持続時間が長い(ノイズキャンセリングON、充電ケース使用で24時間)ところも使い勝手が良いです。防水性能がないためトレーニング用途には不向きですが、プライベートの音楽再生&デスクワークがメインであればかなりオススメです。

ソニー WF-SP800N

こちらもソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。WF-1000XM3との違いは、以下の通りです。

  • 防水・防塵対応のスポーツモデル
  • 充電持続時間は少し短め(ノイズキャンセリングON、充電ケース使用で18時間)
  • ノイズキャンセリング性能少し弱め、重低音性能UP
  • カラーバリエーション豊富(ブラック・ホワイト・ブルー・オレンジ)

防水・防塵対応のスポーツモデルである点から、プライベート・仕事・トレーニングの全てに渡って使用したい!という方にオススメです。

Apple AirPods Pro

ノイズキャンセリング機能の追加によってパワーアップしたAppleのAirPods Proも公私に渡って活躍するスグレモノです。音質に関してはソニーのWF-1000XM3に分があるようですが、勉強・作業を快適にするという観点では、大きな問題ではありません。どちらが良いかはブランドや見た目といった好みの問題で、どちらを選んでも後悔することはないでしょう。

Kindle Paperwhite

活躍シーン
  • 通勤・通学時
  • 入浴時
  • 就寝前

紙の書籍を使用している方、騙されたと思って電子書籍を使ってみてください。電子書籍はかさばらずに何冊も保管・持ち運びできます。書籍の購入代金が紙よりも安い場合が多い点も魅力です。私も少し前までは紙の本派の人間だったのですが、読書量の増加とともに紙の限界を感じて電子書籍に乗り換えました。今では電子書籍の快適さを知り、紙の書籍にはもう戻れません。

スマホ・タブレットのアプリでも構いませんが、個人的にはKindle Paperwhiteがオススメです。

おすすめする理由は以下の通りです。

  • スマホだと他のアプリや通知で読書に集中しにくい
  • 目に優しいフロントライトを採用し、バックライト式のスマホよりも目が疲れにくい
  • 防水機能付きで入浴時の読書も快適

通勤・通学時だけでなく、入浴時や睡眠前の読書にも最適で、煩わしい通知も皆無です。まさに現代の読書における最適解と言えるでしょう。

詳しくはKindle Paperwhiteのメリット&デメリット5選【タブレットと比較】にてメリット・デメリットを紹介しているのでご参照ください。

トラックボールマウス

活躍シーン
  • 職場での作業
  • 自宅でのリモートワーク

パソコン作業ではマウスを動かしてカーソルを操作している方が多いでしょう。そんなみなさん、長時間操作していると手が痛くなりませんか?もはや手が痛くなるのが普通だと感じていませんか?

心当たりがある方は、ぜひトラックボールマウスを使ってみてください。見たことはあっても使ったことはないという方はこの機会に導入を検討してみてください。メリットは次の通りです。

トラックボールマウス導入のメリット
  • トラックボールの操作でカーソル移動できるため、手が疲れにくい
  • マウスの移動がないため、狭いスペースでも操作に困らない

トラックボールによる操作が不安だという方も、最初は慣れないかもしれませんが、操作しているうちに一瞬で慣れるので安心してください。

また、通常のマウスよりも値段の高いものが多いですが、安物買いをすると後悔しかねません。結局使い勝手が悪く、マウスを見直した意味が感じられないというケースは避けたいですよね。マウス自体の大きさやボールの位置・大きさなど、自分に合ったマウスを選びましょう家電量販店などで操作感を確認するのがベストです。

いろいろありすぎてよくわからない!という方には、Amazonの評価も高く価格も高すぎない、以下の製品がオススメです。

毎日使う仕事・勉強のお供は定期的に見直そう

今回は、【見直すべき】仕事・勉強時間を快適にしてくれるアイテム3選というテーマで、見直すことで勉強時間がグンと快適になるアイテムを紹介してきました。

毎日使うアイテムだと考えると、「見直しにかける労力」と「数千円〜1万円程度の出費」を惜しむことは、かえって損をする可能性があります。見直すために1時間の時間と1万円の費用がかかったとしても、毎日の仕事・勉強が快適になると思えば、リターンは大きいのではないかと思います。一度見直してしまえば、少なく見積もっても半年〜1年くらいは見直す必要はなく、快適ライフを送ることができます。

これまで使い慣れたアイテムがあったとしても、見直すことで生産性や集中力が高まります。便利なアイテムを試してみることで、これまで気付かなかった技術の進化の恩恵に預かることができるでしょう。これまで見直すきっかけがなかった方も、思い切ってトライしてみてはいかがでしょうか?