【初心者向け】量子コンピューターのおすすめ日本語参考書まとめ

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は、初心者向け量子コンピューターについてのおすすめ日本語参考書を紹介していきます。

Googleが量子超越(量子コンピューターが従来型のスーパーコンピューターよりも優れた演算能力をもつことの証明)の達成を発表してから早1年が経とうとしていますが、名前は聞いたことあっても何がスゴイの?という方も多いのではないでしょうか?

「勉強しようにもちょうどよい参考書がない」「そもそも量子力学はちょっと苦手…」という方も多いのではないかと思います。そんな方におすすめな、基礎から理解できる日本語参考書を紹介していきます。

「ポイント」欄に各書籍の特徴を紹介していますので、手に取る際の参考にしてもらえればと思います。

それでは見ていきましょう!



量子コンピューターのおすすめ日本語参考書まとめ【初心者向け】

量子コンピュータ入門(第2版)

著者情報宮野健次郎/東京大学教授(初版刊行時)
古澤明/東京大学教授
発売日2016/3
内容第 1 章 古典計算機と量子計算機
第 2 章 量子ビットを担うもの (1):光子
第 3 章 量子ビットを担うもの (2):スピン
第 4 章 量子論理ゲート
第 5 章 ショアのアルゴリズム
第 6 章 量子エラーコレクション
第 7 章 光を用いた量子情報処理実験の例 -量子テレポーテーション
第 8 章 量子コンピュータ研究の現状と展望
ポイント・古典計算機と量子計算機の違い、量子論理ゲートといった基礎事項の説明から、ショアのアルゴリズム、量子誤り訂正のような一歩進んだ内容にまで踏み込んでいます。
数式を扱いながらもわかりやすく、しっかり量子コンピューターの基礎を学びたい方にオススメ
・量子コンピューターには種々のアプローチがありますが、著者の研究内容に関連し、後半では光を用いた方式を取り上げています。
・刊行されてから少し時間が経っている点は注意(第2版2016年)。

光の量子コンピューター

著者情報古澤明/東京大学教授
発売日2019/2/7
内容第1章 量子の不可思議な現象
第2章 量子コンピューターは実現不可能か
第3章 光の可能性と優位性
第4章 量子テレポーテーションを制する
第5章 難題打開への布石
第6章 実現へのカウントダウン
ポイント・上記の「量子コンピューター入門」に続き、光を用いた独自の量子コンピューター実現に向けた研究を進めている古澤明教授による著作。今に至る著者の光量子コンピューティング研究の歴史についても触れられています。
・著者は他にも量子コンピューター関連の著作を多数出版していますが、こちらは新書形式で初心者にも読みやすいです。
・改訂版の著作を除けば古澤教授の最新著作(うのちゅ〜調べ)で、最新の研究動向も含んだ内容について学ぶことができます。



量子コンピュータが本当にわかる! ― 第一線開発者がやさしく明かすしくみと可能性

著者情報武田俊太郎/東京大学准教授
発売日2020/2
内容第1章 量子コンピュータとは?
第2章 量子力学の最も美しい実験から探る量子コンピュータの正体
第3章 量子コンピュータの計算の仕組み
第4章 量子コンピュータはなぜ計算が速いか?
第5章 量子コンピュータの実現方法
第6章 光量子コンピュータ開発現場の最前線
ポイント古澤明研究室OBであり、新進気鋭の量子コンピューター研究者・武田准教授が、そのしくみと可能性を「やさしく明かす」著作。
Googleによる「量子超越」実証後に発行されており、「量子超越性とは何か?」といったホットな話題にも触れられています。
・初学者や一般の読者を想定しているため、量子コンピューターがなぜスゴイのか?なぜ話題になっているか?という興味をそそる内容が豊富。
・古澤明教授の著作同様、自身が携わる光量子方式について紙数が割かれています。

量子コンピューターの波に乗り遅れないで!

今回は、初心者向け量子コンピューターについてのおすすめ日本語参考書を紹介してきました。

近い将来確実に世の中の常識を変えるインパクトをもたらす量子コンピューター。話題にはなっているけど実際どうなの?そもそもどういう仕組み?という方は、今のうちに基礎知識を身に着けておきましょう。

特に研究者の方は注意です!自分の専門が全然違うと思っていても、この圧倒的な演算能力が実用化された暁には、活用するための知識が必須になります。ビッグウェーブに乗り遅れないよう、定期的に研究の最新動向をチェックしておきましょう。