【光学】最新論文・研究情報を収集できる日本語月刊誌まとめ!

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は、最新論文・研究情報を収集できる光学関連の日本語月刊誌を多数紹介していきます。日々進歩する国内外の最新の研究についての情報は欠かさず収集したいですよね!また、おろそかになりがちな自身の研究分野から少し外れた内容についてのキャッチアップのためにも、テーマ別の特集記事などで幅広い情報を取り扱う月刊誌はおすすめです。

今回は手っ取り早く情報収集できる日本語雑誌に限定して紹介しているので、ぜひ活用してみてください。

なお、掲載している情報は2020年12月時点の情報となります。

それでは見ていきましょう!



光学関連の日本語月刊誌まとめ

月間OPTRONICS

OPTRONICS
/~\Fujisan.co.jpへ

光学関連の便利な日本語サイトまとめ!基礎の学習から最新研究情報まで!でwebサイトOPTRONICS ONLINEを紹介しましたが、オプトロニクス社は月刊誌も刊行しています。

発行元オプトロニクス社
創刊1981年12月
発行日前月末日
価格(括弧内は電子版)¥1,100(¥500)
発行部数12,000部/月
特徴“創刊37年の歴史を持つ光技術のリーディングマガジン”
“広範な産業技術領域において必須のキーテクノロジーとなっている光技術の最新動向を,毎号テーマに沿って特集企画,第一線で活躍中のエキスパートの方々が解説”
(参考:月間OPTRONICS

OplusE

続いては、”同一ジャンルの雑誌では最も古い”(Wikipediaより)、アドコム・メディア社が発行する「OplusE」です。こちらは隔月の発行となっています。

出典:OplusE 2020年11・12月号(第476号)
発行元アドコム・メディア社
創刊1979年12月
発行日奇数月25日
価格¥2,500(2021年1・2月号〜)
発行部数11,000部
特徴“1979年の創刊以来,光エレクトロニクスと画像工学分野において高い評価を得ている技術情報誌”
“毎号特集形式による編集方針を基本とし,第一線で活躍中のスペシャリストによる解説記事を中心に構成”
“連載記事,コラム等充実した誌面構成が最大の魅力”
(参考:OplusEについて



光技術コンタクト

出典:光技術コンタクト

最後に紹介するのは、日本オプトメカトロニクス協会(JOEM)が刊行する「光技術コンタクト」です。

発行元日本オプトメカトロニクス協会(JOEM)
創刊1963年3月
発行日毎月20日
価格¥1,000
発行部数約1,000部(参考
特徴“光工学、画像工学およびオプトメカトロニクス技術関連の専門誌”
“最新の技術情報が早く、平易に報告”
“2017年1月号から特集記事の一ページ目をPDFファイルで見られるように”
(参考:光技術コンタクト誌 – 日本オプトメカトロニクス協会

まとめ

今回は、最新論文・研究情報を収集できる光学に関する日本語雑誌を多数紹介してきました。参考になれば幸いです!

ついつい日常的なリサーチを怠ってしまう方、自身の研究以外にもアンテナを張っておきたい方には、月刊誌の購読がおすすめです。ぜひ検討してみてください。

光学関連の学習・情報収集ができるwebサイトに関しては、光学関連の便利な日本語サイトまとめ!基礎の学習から最新研究情報まで!で紹介しているのでこちらもご覧ください。