富士山噴火?財政破綻?知らないとヤバい日本の現実3選【2040年の未来予測】

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は、成毛眞著「2040年の未来予測」から、知らないとヤバい日本の現実について紹介します。

本書では日本の現状・未来における様々な懸念に言及していますが、その中でもうのちゅ〜的に注目する「財政」・「学力」・「自然」に関するポイントを紹介していきます。

本書で著者の成毛氏は日本の経済状況に関してこう述べています。

財政破綻しようがしまいが、これからの日本がますます貧しくなるのは間違いないことを、まず認識しなければならない。「ますます」と書いたのは、2020年の今、日本はすでに貧しい。

2040年の未来予測 chapter#02「あなたの不幸に直結する未来の経済ーー年金、税金、医療費」より

衝撃的な発言に感じる方も多いのではないでしょうか?先進国である日本が2020年の今、すでに貧しいというのです。そして「ますます貧しくなるのは間違いない」と…

そして、少子高齢化が深刻化する日本が抱える危険因子は財政状況だけではありません。なんとなく「日本は世界的にも裕福で安全な国」と思っていた方は、特に現実を直視する時が来ているのかもしれません…!

それでは見ていきましょう!



知らないとヤバい貧しい日本の現実3選

「ますます」貧しくなる

冒頭でも触れましたが、本書では日本が「ますます貧しくなる」のは確実であると指摘されています。

貧しくなるといっても、困窮して食べ物に困るという意味合いではありません。経済的に発展し所得が増えていく諸外国に比べて相対的に日本が貧しくなるというのです。

実例として、「爆買い」などでも話題になった日本への外国人観光客が挙げられています。彼らは自国での物価が上昇したことで、相対的に物価の安い日本にわざわざ訪れて買い物をしていたのです。

高度経済成長、バブル経済も今は昔。失われた20年、アベノミクスを経た今もなお明るいニュースの少ない日本経済。そうこうしているうちに、かつて発展途上国と呼ばれていた国々はテクノロジーの力を軸に急速に発展し、裕福になっていたのです。

そんな日本に追い打ちをかけるのが深刻な少子高齢化です。何年も前から問題視されているものの、有効な対策がなされていないのが現状です。本書では、2035年にはほぼ3人に1人が高齢者になると言及されています。

そのような超高齢社会の日本で憂慮すべき問題の1つが社会保障です。あなたも「年金がもらえなくなるのではないか?」という話を耳にしたことがあるでしょう。高齢者が増え、それを支える若い世代が減っていく社会が裕福になっていくと考えるほうが難しいでしょう。



大学進学率は平均以下

OECD加盟36か国の大学進学率の平均は58%だ。対して、日本は49%にとどまり、下から11番目だ。

2040年の未来予測 chapter#03「衣・食・住を考えながら、未来を予測する力をつける」より

これは個人的に意外に思ったポイントです。本書においても、大学進学率は1994年の30.1%から増加しているという記述があるように、「大学進学」は日本においても多くの人が進む道だと感じていたからです。そして、およそ2人に1人という進学率は決して少なくない数値でしょう。

しかしながら、諸外国は知らぬ間に日本の上を行っていたのです。成毛氏はこう指摘します。

バブル崩壊の処理に追われている間に、世界から日本が取り残された現実は覚えておいた方がいいだろう。

2040年の未来予測 chapter#03「衣・食・住を考えながら、未来を予測する力をつける」より

また、教育水準の低下や学歴の意味がなくなることにも言及しています。「東大・京大はスゴい!」とか、「良い大学に入れれば将来は安泰」というような旧来的な価値観を見直す必要があることは間違いないでしょう。

天災は必ず起こる

財政状況に教育水準の低下。これだけでも日本の未来に不安を抱いてしまいますが、成毛氏が指摘する日本が抱えるリスクはこれだけではありません。そのリスクとは「天災」です。

これまで何度も地震や台風による被害を受けてきた日本。これからの未来に起こりうる大きな災害として挙げられるのが、「首都直下型地震」、そして「富士山の噴火」です。

どちらも日本のあらゆる機能を停止させるほどの大惨事となりうるものであることが指摘されています。そして、現代のテクノロジーではいつ起こるのかという予測が難しいことも悩ましい点でしょう。

あなたはこのような天災が起こる可能性を把握しているでしょうか?頭の片隅にはあるという方も、備えは万全であると言えるでしょうか?大災害が起こるたびに「想定外」という言葉が何度も聞かれることについて改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか?



まとめ:現状を知り、環境に適応した者が生き残る!

今回は、成毛眞著「2040年の未来予測」から、知らないとヤバい日本の現実について、「財政」・「学力」・「自然」に関するポイントをピックアップして紹介してきました。

日本の現状とこれからが、危惧すべき問題を多数抱えていることを改めて考えさせられる書籍でしたが、そんな世界に生きる私たちの心構えについてアドバイスも与えてくれています。

環境に適応するには環境を知ることが不可欠だ。人間は想像力を超えた現実には太刀打ちできない。最悪の事態が想定できていれば、右往左往することはない。

2040年の未来予測「おわりに」

日本という国にありもしない幻想を抱くのではなく、現実と未来予測の知識を取り入れて環境に適応する。変化の激しい現代においては、日々自分をアップデートしていくことが必要不可欠なのではないでしょうか。

なお、本書が紹介する2040年のテクノロジーについては、知っておきたい!未来のテクノロジー3選【2040年の未来予測】でピックアップしておりますので、ぜひご覧ください。

今回紹介した書籍