誰でも3ステップで勉強を習慣化する方法【習慣が10割】

こんにちは、unogram管理人のうのちゅ〜です。

今回は、3ステップで誰でも勉強を習慣化する方法について解説していきます。

私うのちゅ〜は塾ナシ東大現役合格を達成する過程で何よりも勉強の習慣化を大切にしていました

そんな私が吉井 雅之著「習慣が10割」を読んで「勉強を習慣化する上でこれは大切だ!」と感じたポイントを紹介していきます。

本書は「習慣がすべてを決めている。つまり、『習慣が10割』である。」と語る習慣形成コンサルタントの著者が習慣の重要性や習慣化のポイントについて解説する書籍です。様々なノウハウが解説されていますが、本記事では、その中でも特に重要だと感じたポイントについてピックアップしています。

それでは見ていきましょう!



誰でも勉強を習慣化するための3ステップ

「自分の言葉で」明確な目標設定をする

そもそも、あなたはなぜ勉強を習慣化したいのでしょうか?

受験勉強、資格試験、語学習得と、その目的は人それぞれでしょう。

さらに深掘ってみます。

「どんな目標があって受験勉強をしているのですか?」「何のために資格を取得したいのですか?」

このように問われた時、あなたは明確に言語化できるでしょうか?

明確に言語化できない場合は要注意です。

「本当は明確な理由がないのではないか?」「誰かに言われて仕方なくやっているのではないか?」

そう自分に問いかけてみてください。そして、もし「自分の意志で決めた目標ではない」場合は一度立ち止まってみましょう。

そして、目標を明確な「自分の言葉で」再設定しましょう。

本書でも、挫折しないための秘訣の1つとして「自分で決める」というステップを重要視しています。

何かを習慣化したいなら、「何のためにそれをやるのか」を考えてください。それが、習慣を継続する大きな原動力になります。

習慣が10割「挫折しない秘訣③『何のために?』を考える」

もしあなたが勉強の習慣が身につかなくて悩んでいるとしたら、まずは「本当に自分がそれをやりたいと思っているだろうか?」と考えてみてください。

ワンポイント

その勉強をすることで得られるもの、実現できることを情報収集してみましょう。具体的なイメージを膨らませることができるはずです。



小さなことから始める

「1日15時間勉強を習慣化して東大合格するぞ!」

と意気込んでいる方、ひと呼吸置いてください。

習慣化のために不可欠なことが、「小さなことから始める」ということです。逆に言えば、勉強を習慣化できない大きな要因は、いきなり大きな目標、難易度の高い目標を立ててしまうことです。

「小さなことから始める」効用は、習慣化のハードルが低く、なかなか勉強が続かないという方でも実行しやすいことです。「小さなこと」の基準は、「あなたにとって簡単にできること」で良いのではないかと思います。「習慣が10割」には次のような記述もあります。

読書を習慣にしたいなら、いい方法があります。それは、「毎日本を開く」を自分との約束にすること。(中略)まずはハードルを限りなく低くすることが大切です。(中略)読みたくないなら、本を開いてそのまま閉じても構いません。本を開くことが約束ですから、1ページも読めなくても良しとしてください。

習慣が10割「良い習慣を続ける⑫読書」より

ポイントは、あなた基準で「ハードルを限りなく低くする」ことです。

「小さなことをやっても仕方がない」と考える方もいるかもしれませんが、0.1を10日間続ければ1になります。0は何日続けても1にはなりません。0.1に慣れてきたら、ハードルを0.2, 0.3のレベルのものに徐々に上げていけば良いのです。

誰にでもできることを、誰にでもできないくらい続けること。それが人生を変えると著者は述べています。

誰にでもできることを、誰にでもできないくらい続けること。それができた時、あなたは習慣が持つ力を必ず実感することになります。

習慣が10割「まずは「小さな習慣」から始める」より



ポジティブマインドを徹底

最後に取り上げるのは、勉強の習慣化には「とにかくポジティブに考える」ことが重要だということです。

本書では、ネガティブな発言が簡単にやる気を失わせてしまうこと、ポジティブな言葉・動作・表情が脳に与えるプラスの影響について述べられています。

上述のような「小さなこと」を継続できたときも、「こんな小さなことしかできなかった」と考えるのではなく、「今日もしっかり実行できたぞ」と考えるようにすることで、習慣を続けていこうという意識は大幅に強化されるのです。

また、周囲の人間関係にも注意が必要です。具体的には、前向きな発言・思考ができる友人と付き合うべきです。「小さな習慣」について自分がせっかくポジティブに考えても、それを「意味がない」と笑うようなネガティブな人が周囲に多いと、モチベーションを保つことが難しくなりかねません。

本書では、習慣化には周りを巻き込むことが大切だと紹介されています。ぜひポジティブな知り合いを巻き込んで、勉強の習慣化に取り組んでみましょう

ワンポイント

周囲にポジティブな人が少ないようであれば、Twitter等のSNSでポジティブな勉強仲間を探してみるのも良いかもしれません。逆に、ネガティブな発言をする人をフォローすることは極力避けましょう。



まとめ

今回は、吉井 雅之著「習慣が10割」を参考にして、3ステップで誰でも勉強を習慣化する方法について解説しました。私うのちゅ〜が考える3ステップは以下の通りです。

  1. 「自分の言葉で」明確な目標設定をする
  2. 小さなことから始める
  3. ポジティブマインドを徹底

勉強がなかなか習慣化できないという方でも、このたった3ステップでしたらきっと実行できるでしょう。

人生において欠かせない勉強。それを習慣化することは人生を変えるほどの力を持つといっても過言ではありません。

ぜひあなたにとっての「小さなこと」を今日から始めてみてください。