【不要】もうテレビはいらない!プロジェクターで代用するメリット

今回は、今の時代もはや不要とも言えるテレビを手放して、プロジェクターを導入するメリットについて解説していきます。

今回解説するメリットを簡単にまとめると、「時間のムダ削減」、「場所のムダ削減」です。

また、「プロジェクターって値段が高いんじゃないの?」「設置に気を使わなくちゃいけないし、テレビよりも場所取るんじゃないの?」というプロジェクターに関する誤解についても解消し、最新のおすすめモデルも紹介していきたいと思います。

以下のような方には特に参考になる内容ではないかと思います。

こんな方におすすめ!
  • なんとなくテレビを見てしまう時間がもったいないなと感じる方
  • 余暇とそれ以外の時間のメリハリをつけて、エンタメを楽しむ時間は存分に満喫したい方
  • ホームシアターにあこがれている方

それでは見ていきましょう!



テレビをプロジェクターで代用するメリット2選

なんとなく見てしまう番組に費やす時間を削減できる

テレビ番組の全てが無駄とは言いません。ただ、部屋にテレビがあると、時間のあるときになんとなくつけてしまうものです。見たい番組でもないのに惰性で見続けてしまうのは時間のムダです。

また、ニュース番組等では不要な情報が多い点もテレビの欠点ではないかと思います。特に民放のニュース番組は不要な情報・不毛な議論が多すぎます。芸能人の熱愛や不倫など、どうでもよくないでしょうか?このような情報は視聴者の生活への影響はほとんどないはずです。リアルタイム性があり、映像で情報を得られるのがテレビだけという時代は終わりました。SNSやYouTubeを活用すれば、必要な情報をカスタマイズして得ることも可能です。

適度の娯楽が生活を豊かにするのは確かです。しかし、テレビである必要はないでしょう。今や、映画やドラマ、アニメ、スポーツなど多様なエンタメがサブスクで楽しめる時代です。これらのサービスを活用すれば、自分の見たい時に、見たいコンテンツをピンポイントで楽しむことができます

番外編として、コンテンツごとのおすすめサブスクを紹介します。

映画・ドラマ・アニメ

  • Amazon プライム・ビデオ
    • Amazonプライム会員に登録することで利用できるサービス。
    • 映画やドラマ、アニメだけでなく、バラエティにも力を入れている。
    • オリジナルコンテンツも充実。見たいオリジナルドラマがあれば無料体験してみるのがオススメ。
  • hulu
    • 映画やドラマ、アニメなど70,000本以上の作品を揃えている。
    • テレビ番組の見逃し配信も行っている点がAmazonプライム・ビデオにはないポイント
    • テレビから完全に卒業するのは難しいかも?という方には特にオススメ。

スポーツ

地上波以上に多様な種類のスポーツ・豊富な試合数を扱っているのがサブスクの利点です。スマホやタブレットでも視聴できるので、好きな時に好きな場所で観戦することができます。

  • スカパー
    • サッカー、野球、音楽、映画、など約70のチャンネルが存在



場所をとらずに大画面で映画やスポーツを楽しむことができる

家庭用プロジェクターと言えば富裕層のホームシアターが思い浮かぶかもしれません。しかし、今や誰もに手が届く値段で高性能なプロジェクターを、ワンルームのリビングにですら導入できる時代です。

まずはお金持ちが使うような高級プロジェクターを見てみましょう。

ソニー ビデオプロジェクター VPL-VW855

こちらはソニーの高級プロジェクターで、定価はなんと300万円。とても手が出ないですよね。プロジェクターのお値段のみならず、ホームシアターの実現が難しい理由は他にも存在します。

ホームシアターの実現が難しい理由
  • プロジェクター自体がかなり高価(数百万円)
  • 専用のスクリーンが必要
  • プロジェクターやスクリーンを設置する専用の空間(部屋)が必要
  • 設置のためのリフォームやDIYに手間がかかる

このように、価格や場所の問題から、プロジェクターはかなりのお金持ちに限られた存在でした

一方で、現代においては安くて高性能、しかも場所をとらないプロジェクターが多数存在します。今回はその中から、タイプの異なるおすすめプロジェクターを2つ紹介します。

Anker Nebula Capsule II

1つ目は、アルミ缶サイズのポータブルプロジェクター、Anker Nebula Capsule IIです。非常にコンパクトで、必要な時だけ机の上に置いて壁に映し出して大画面視聴することが可能です。

世界で初めてAndroid TVを搭載したプロジェクターで、各種サブスクと相性が良い点も特徴です。

およそ6万円という価格でホームシアター的に使うことができるのはかなり魅力的ですよね。私も愛用しており、かなりおすすめできる一品です。

popIn Aladdin(ポップインアラジン)

2つ目は、いちいちセットするのが面倒だという方おすすめの照明兼プロジェクターとして使用できるpopIn Aladdinです。

popIn株式会社にはあまり馴染みがないかもしれませんが、東京大学情報理工学系研究科に所属する程涛氏の発明をもとに設立された東大発ベンチャーです。

天井にある「魔法のコンセント(=照明)」を使うことで、設置に場所を取らないだけでなく、邪魔なコードも存在しません。自宅の壁を究極の大画面にする、「大人も楽しめる魔法のランプ」なんて、夢がありますよね!

価格はおよそ10万円と、Nebula Capsule IIに比べると少々お高めですが、数百万円するホームシアター用プロジェクターに比べたら十分手が届く範囲にあるスグレモノなのではないでしょうか?

お手頃プロジェクターを導入して時間のムダと場所のムダを削減しよう

今回は、テレビをプロジェクターで代用するメリットと、おすすめなお手頃かつ使い勝手の良い最新プロジェクターについて解説してきました。「なんとなくテレビを見て過ごすのが当たり前」の時代は終わりました。現代の娯楽においては、「誰もが観る番組」ではなく、「自分が観たいコンテンツ」を楽しむべきでしょう。

そんなサブスク全盛の現代で注目なのがプロジェクターです。家庭用プロジェクターは、「富裕層のホームシアターに使われるもの」というイメージはもう古いです。現代のお手頃で省スペースなプロジェクターをぜひチェックしてみてください。

さらに踏み込んだテレビ不要論に関しては【不要】テレビを手放すべき理由【浪費・取捨選択・場所のムダ】で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。