【実機レビュー】シリーズ最速!Anycubic Kobra 2 Proの使用感を徹底解説!【FDM3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、2023年8月末に発表された

Anycubicの家庭用FDM方式3Dプリンター「Kobra 2 Pro」について解説&実機レビュー

していきたいと思います。

2023年から新登場した「Kobra 2シリーズ」。今回取り上げる「Kobra 2 Pro」は、先立って登場した「Kobra 2」に続いて同時にリリースされた4機種のうちの1つです。

「シリーズ最速」をうたう「Kobra 2 Pro」には、いったいどのような特徴があるのでしょうか?

さっそく実機を購入しましたので、使い勝手を交えながら実機レビューしていきたいと思います!

この記事を読んでわかること
  • 「Kobra 2 Pro」の特徴は?
  • 他の「Kobra 2シリーズ」との違いは?
  • 気になる価格と販売状況は?

動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


それでは見ていきましょう!

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック



  1. Anycubic 「Kobra 2 Pro」の特徴
    1. 「10倍」高速なFDM3Dプリンター!
    2. 「振動補正」「フロー制御」機能搭載により、プリント品質が向上
    3. 内部ストレージ&アプリコントロール対応
  2. 「Kobra 2 Pro」の実機レビュー!
    1. 開封!
    2. 組み立て!
    3. 電源オン→プリント前のオートレベリング・振動補正プロセスを実行!
    4. テストプリント実行!
    5. 3DBenchyを14分で!500mm/s高速3Dプリントの実力は?
    6. PrusaSlicerを使ってスライス、3Dプリント実行!
    7. TPUもラクラクプリント!80mm/sでもハイクオリティ
    8. 豊富な3Dプリント例はYouTubeをチェック!
  3. 使ってみてわかった!「Kobra 2 Pro」のココがすごい!
    1. 超高速!加速度20000mm/s²の威力は想像以上!
    2. 完全オートレベリング式で初心者も安心!
    3. 振動補正・フロー制御によって高いプリント品質を実現
    4. その他の地味にスゴいポイント!
  4. 使ってみてわかった!「Kobra 2 Pro」のココに注意!
    1. プリントスピードは推奨値の300mm/sがおすすめ
    2. 本体の安定感はイマイチ
    3. アプリ対応の実力は未知数(現状未リリース)
    4. その他注意点
  5. 「Kobra 2 Pro」のスペック一覧!【Kobra 2シリーズ比較】
    1. 造形サイズが同じ「Kobra 2」「Kobra 2 Neo」と比較!
    2. 最大プリントスピードが同じ「Kobra 2 Plus」「Kobra 2 Max」と比較
  6. まとめ:超高速スタンダードサイズ3Dプリンターの決定版「Kobra 2 Pro」!
    1. 価格と販売状況

Anycubic 「Kobra 2 Pro」の特徴

まずは「Kobra 2 Pro」の特徴をざっと把握しておきましょう。

最新FDM3Dプリンター「Kobra 2 Pro」の特徴
  • 「10倍」高速なFDM3Dプリンター!
  • 「振動補正」「フロー制御」機能搭載により、プリント品質が向上
  • 内部ストレージ&アプリコントロール対応

「Kobra 2 Pro」のキャッチコピーは“Speed Ace”。その名の通り、

「Kobra 2シリーズ」のスタンダードサイズモデルでもっとも高速な3Dプリンター

であることが最大の魅力です。

そんな“Speed Ace”の特徴について、詳しく見ていきましょう。

「10倍」高速なFDM3Dプリンター!

出典:Anycubic

「Kobra 2 Pro」最大の特徴が、そのプリントスピードです。

「10倍」高速をうたっており、その最大プリントスピードは500mm/sに到達

します。

エクストルーダーや冷却システムの最適化により高速化が実現され、推奨プリントスピードですら300mm/sに達します。

このプリントスピードは、高速3Dプリンターがそろう「Kobra 2シリーズ」においても最速。とくに、造形サイズが同じスタンダードサイズモデル3種の中では突出した速度を実現しています。

機種名最大プリントスピード
Kobra 2 Pro500mm/s
Kobra 2 300mm/s
Kobra 2 Neo250mm/s

また、最大プリントスピードが同じく500mm/sを誇る「Kobra 2 Max」「Kobra 2 Plus」と比較すると、最大加速度が群を抜いています

機種名最大加速度
Kobra 2 Pro20000mm/s²
Kobra 2 Max 10000mm/s²
Kobra 2 Plus10000mm/s²

つまり、最大プリントスピード・最大加速度を考慮すると、「Kobra 2 Pro」がシリーズ最速。Anycubicが公表している記録では、有名なベンチマークデータである#3DBenchyのプリント時間は14分56秒となっています(出典)。

「振動補正」「フロー制御」機能搭載により、プリント品質が向上

出典:Anycubic

「Kobra 2 Pro」には、

  • 振動補正
  • フロー制御

機能が搭載されています。これにより、

振動によって生じる表面の波打ちや、フィラメント押出量の過不足の改善

が実現されています。

「Kobra 2」以前には搭載されていなかった注目の機能ですね!実際の使用感についても後述していきます。

内部ストレージ&アプリコントロール対応

「Kobra 2」や「Kobra 2 Neo」といった同サイズモデルにはない「Kobra 2 Pro」の特徴が、

3Dデータを保存できる内部ストレージの搭載&アプリによるコントロールに対応

しているところです。これにより、

  • プリントステータスのリアルタイム表示
  • リモートファームウェアアップデート

などが可能になります。さらに、将来的には

  • オンラインスライス&プリント
  • カメラモニタリング
  • リモートタイムラプス撮影
  • オープンモデルライブラリ機能

が提供されるとのこと(出典)。実際の使用感についても、リリースされ次第追記していく予定です。

アップデート!

2023/11/1にAnycubicアプリのアップデートがリリース!「Kobra 2 Pro」に対応!

導入方法・使用方法をYouTubeで解説しています↓

Anycubic APPは2023年の第4四半期にリリース予定とのことです(出典)。

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック

クーポンやタイムセールを反映した価格はAmazonページをご覧ください!



「Kobra 2 Pro」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Kobra 2 Pro」の概要について述べてきました。ここからは、

「実際に使ってみてどうなのか?」

について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

ダンボールの中には、細かいパーツは基本的に組み立て済みの、モジュール化されたメインパーツが入っています。最上段にはPEIシートが、中段にはフレーム部分と部品類が、最下段には土台となるプラットフォーム部分が格納されています。梱包の様子は「Kobra 2」と同様ですね。

基本パーツを並べた画像がこちら。

「Kobra 2」と同様にエクストルーダーは分離した状態で配送されるので、自分でネジ止めする必要があります。大きな手間ではありませんが、取り付け済みの機種も多いため、作業が1ステップ多い印象です。

また、ガントリーのX軸に結束バンドがついていたり、スクリーンに接続するフレキシブルケーブルがテープで止められていたりと、比較的しっかりめに固定された状態になっているのも特徴的。

細々した部品・工具類は以下の通り。テスト用フィラメントやフィラメント切れ検知センサー、六角レンチなど、細々したパーツ・工具がセットになっています。グリース(上段右から2番目)が付属しているのは珍しいですね。

組み立て!

さっそく組み立てていきます。組み立て作業の手順は以下の通りです。

組み立て作業手順
  1. 土台に対して、フレームとエクストルーダ、スクリーン、フィラメント切れ検知センサーをネジ止めする
  2. スプールホルダを組み付ける
  3. フィラメントチューブと黒コードを束ねる
  4. 差し込みタイプの配線を数か所挿入する
  5. 電圧設定を確認し、電源ケーブルを接続する

で完了です。「Kobra 2」とほぼ同じ手順になっています。

組み立てること約15〜20分、完成した「Kobra 2 Pro」がこちら!

「Kobra 2」と同様のステップで慣れていたこともありますが、初心者の方であっても30分あれば十分組み立てられる程度の作業量です。今回の「Kobra 2 Pro」に限らず、近年登場する3Dプリンターは非常に組み立てが簡単です。

電源オン→プリント前のオートレベリング・振動補正プロセスを実行!

マニュアルに従って、初回プリント前に必要な各種作業を進めていきます。主な流れは以下のとおりです。

初回プリント前の作業手順
  1. 言語や地域、Wi-Fiネットワークの設定
  2. X/Y/Z軸のセルフテスト
  3. オートレベ