【2023】Anycubicのフィラメント一覧【3Dプリンター】

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、AnycubicのFDM3Dプリンター用フィラメントについて解説していきます。

Anycubicのフィラメント全種類を列挙し、それらの特徴について簡単に記載していきます。

最新情報も随時アップデートしていきます!

それでは見ていきましょう!



Anycubicフィラメント一覧

まずはAnycubicのフィラメントを一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PLAシルクPLAマットPLA
イメージ
メーカーAnycubicAnycubicAnycubic
White
Black
Grey
Silver
Blue
Red
Green
Purple
□Clear
 Rainbow
Silver
Light Gold
Metal Blue
White
Black
Yellow
ヒートベッド温度[℃]No heated/50-80--
エクストルーダ温度[℃]190-230--
推奨プリントスピード[mm/s]---
フィラメント直径[mm]1.75±0.021.75±0.031.75±0.03
ファンスピード[%]---
推奨プリント面---
密度[g/cm3]1.25±0.051.24-1.251.32
曲げ強度[MPa]-72.3-84.738.5-40.7
引張強度[MPa]>5545-64.618.95-22.85
シャルピー衝撃強さ[kJ/m2]---
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

各フィラメントについて簡単に解説していきます。

PLA(ポリ乳酸、Polylactic acid)

「PLA(ポリ乳酸、Polylactic acid)」は、もっとも広く使用されているフィラメントの1つです。生分解性プラスチックの1種で、トウモロコシなどの植物を原料として生産されることから、環境にやさしいフィラメントとされています。

PLAのメリットは以下の通りです。

  • 低価格
  • ABSよりも変形しにくく、プリント品質が高い
  • 生分解性プラスチックのため、環境にやさしい

扱いやすく、コスパも高いことから、初心者にも人気のスタンダードなフィラメントです。

一方、熱や衝撃への耐性はいまひとつです。機械的特性に際立った特徴を求めるのであれば、PLA以外のフィラメントも検討しましょう。

シルクPLA

「シルクPLA」は、その名の通りシルクのようななめらかな手触りと、光沢のある表面が特徴のフィラメントです。ゴールドやレインボーなど、キラキラと輝く色が豊富なラインナップになっています。

マットPLA

「マットPLA」は、光沢のないフィラメントです。光沢が特徴の「シルクPLA」とは対をなす存在に当たります。

「シルクPLA」ではない通常の「PLA」であっても、若干の光沢を感じるフィラメントが多いです。光の反射を抑えた質感を重視する用途では、「マットPLA」を選択すると良いでしょう。



フィラメントの種類・選び方についてもっと知りたい方は…

他のブランドも含めて、

  • いつもなんとなく同じフィラメントを選んでしまっている
  • FDM3Dプリンター用のフィラメントにはどのような種類があるのか?
  • いつも使っているフィラメント以外のブランド・種類にも興味がある

という方は、フィラメントの種類と選び方について徹底解説した以下の記事をご覧ください。

他のブランドが展開するフィラメントについてより詳しく知りたい方は、個別に解説した以下のページもあわせてご参照ください。