【4/15予約開始】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

2023年登場の最新3Dプリンター総まとめ!実機検証したオススメも紹介!【コスパ最強】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

主要ブランドから2023年に発売された最新の家庭用3Dプリンター全機種を紹介

していきます。

多数のブランドが毎年何台もの新機種を発表する家庭用3Dプリンター業界。数年前に流行った機種と比べると

  • 高性能で
  • 使い勝手がよく
  • コスパも抜群

な機種が続々登場しています。

「この3Dプリンターは新しいの?」

「よく聞く名前だから買おうと思ったけど、調べたらかなり古い機種だった…」

「今買うならどの3Dプリンター?」

という方が3Dプリンター選びに迷うことのないように、2023年に発売された最新の機種に限定して主要ブランドの3Dプリンターをイッキに解説していきます。

今回取り上げる主要3Dプリンターブランド(各社の特徴はこちら
  • Anycubic
  • Creality
  • ELEGOO

後半では、実機検証したオススメの3Dプリンターも厳選して3台紹介しています。ぜひ3Dプリンター選びの参考にしてみてください。

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター19機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!


「Bambu Lab」の最新機種まとめはYouTube限定で公開中!

YouTubeでもブランド別に2023年新登場機種を解説しています。記事と合わせてご活用ください。


それでは見ていきましょう!



  1. 【2023年登場】最新家庭用3Dプリンターの特徴【FDM/光造形】
    1. 【FDM】最大600mm/s!コスパ最強の高速機種が目白押し!
    2. 【光造形】最大14K!超高精細&高速機種が続々登場
  2. 【2023】主要ブランドの最新3Dプリンター全機種紹介【FDM編】
    1. 【Anycubic】「Kobra 2」
    2. 【Anycubic】「Kobra 2 Neo」
    3. 【Anycubic】「Kobra 2 Pro」
    4. 【Anycubic】「Kobra 2 Plus」
    5. 【Anycubic】「Kobra 2 Max」
    6. 【Creality】「K1」
    7. 【Creality】「K1 Max」
    8. 【Creality】「Ender-3 V3 KE」
    9. 【Creality】「Ender-3 V3 SE」
    10. 【Creality】「CR-10 SE」
    11. 【ELEGOO】「Neptune 4」
    12. 【ELEGOO】「Neptune 4 Pro」
    13. 【ELEGOO】「Neptune 4 Plus」
    14. 【ELEGOO】「Neptune 4 Max」
    15. 【ELEGOO】「OrangeStorm Giga」
  3. 【2023】主要ブランドの最新3Dプリンター全機種紹介【光造形編】
    1. 【Anycubic】「Photon Mono 2」
    2. 【Anycubic】「Photon Mono X 6Ks」
    3. 【Anycubic】「Photon Mono M5」
    4. 【Anycubic】「Photon Mono M5s」
    5. 【Anycubic】「Photon Mono M5s Pro」
    6. 【Creality】「HALOT-MAGE」
    7. 【Creality】「HALOT-MAGE Pro」
    8. 【ELEGOO】「Mars 4」
    9. 【ELEGOO】「Mars 4 Ultra」
    10. 【ELEGOO】「Mars 4 Max」
    11. 【ELEGOO】「Mars 4 DLP」
    12. 【ELEGOO】「Saturn 3」
    13. 【ELEGOO】「Saturn 3 Ultra」
    14. 【ELEGOO】「Jupiter SE」
  4. コスパ最強はどれ?実機検証してわかったオススメ3Dプリンター3選
    1. 【FDM】超高速&安定感抜群の3Dプリンター「Neptune 4」
    2. 【FDM】超高速&加速度20000mm/s²で抜群のキレ「Kobra 2 Pro」
    3. 【光造形】小型モデルなら間違いなくコレ!「Mars 4 Ultra」
  5. まとめ:トレンドをつかんで最新の3Dプリンターをゲットしよう

【2023年登場】最新家庭用3Dプリンターの特徴【FDM/光造形】

個別の機種について解説する前に、

2023年に登場した家庭用3Dプリンター(FDM/光造形)の特徴

について解説していきます。

ここで家庭用3Dプリンター業界の「トレンド」を掴んでおきましょう。

【FDM】最大600mm/s!コスパ最強の高速機種が目白押し!

2023年に登場したFDM方式3Dプリンターの特徴は、なんといっても

最大プリントスピードの速い機種が続々登場している

ことです。

CoreXY構造を採用したCreality「K1シリーズ」をはじめとして、各社から500mm/sを超える高速3Dプリンターが次々にリリース。2〜3万円台という低価格帯においても、最大プリントスピード200mm/s超えが当たり前になってきています。

プリントスピードが速いということは、その分短い時間でプリントが完了するということです。生産性に直結することを考えると、1〜2年前の「低速」な3Dプリンターを使っている方は買い替えを考えても良いかもしれません。

このトレンドを考慮して、

  • 個別機種の解説ではとくに各機種の最大プリントスピードに注目

していきます。

2022年以前は、最大プリントスピードが200mm/sを超える機種はほとんど見られませんでした。

【光造形】最大14K!超高精細&高速機種が続々登場

2023年に登場した光造形方式3Dプリンターの特徴は、

高画素・微細ピクセル化&高速化

です。

光造形3Dプリンターの画素数増加には目を見張るものがあります。たった数年前までは、「4K」や「8K」がもてはやされていましたが、それも今は昔。2023年には「9K」や「12K」、さらには「14K」といった高画素数の3Dプリンターが多数登場しています。

これに伴い、ピクセルサイズも微細化が進行。18umや19umといった超微細なピクセルサイズが主流となりつつあります。

また、光造形3Dプリンターにおいても注目したいのが、プリントスピードの高速化。「FEPフィルム」「PFAフィルム」に代わる新しい「ACFフィルム」など、高速化に貢献するシステム・パーツの採用が進んでいます

このトレンドを考慮して、

  • 個別機種の解説ではとくに各機種の画素数・ピクセルサイズに注目

していきます。

2022年以前は、最大画素数は8K、ピクセルサイズ20um以上が一般的でした。



【2023】主要ブランドの最新3Dプリンター全機種紹介【FDM編】

それでは、

2023年に登場した最新のFDM3Dプリンターをイッキに確認

していきましょう。

今回紹介する機種のスペック一覧は以下の通りです。

モデル名Kobra 2Kobra 2 NeoKobra 2 ProKobra 2 PlusKobra 2 MaxK1K1 MaxEnder-3 V3 SECR-10 SENeptune 4Neptune 4 ProOrangeStorm Giga
本体イメージproduct imageproduct imageproduct imageproduct imageproduct imageproduct imageproduct image
メーカーAnycubicAnycubicAnycubicAnycubicAnycubicCrealityCrealityCrealityCrealityELEGOOELEGOOELEGOO
本体サイズ(LxWxH)[mm]440 x 435 x 486440 x 440 x 485435 x 463 x 486605 x 564 x 630735 x 640 x 740355 x 355 x 480435 x 462 x 526420 x 366 x 490490 x 470 x 625475 x 445 x 515475 x 445 x 5151214 x 1050 x 1377
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 220 x 250220 x 220 x 250220 x 220 x 250320 x 320 x 400420 x 420 x 500220 x 220 x 250300 x 300 x 300220 x 220 x 250220 x 220 x 265225 x 225 x 265225 x 225 x 265800 x 800 x 1000
エクストルーダダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクト-
プリントスピード[mm/s]300250500500500600600250600500500300
最大ノズル温度[℃]260260260260260300300260300300300300
最大ヒートベッド温度[℃]110110110909010012010011011011090
組み立て半組み立て済半組み立て済半組み立て済半組み立て済半組み立て済組み立て済み組み立て済み半組み立て済半組み立て済半組み立て済半組み立て済-
プラットフォームPEIばね鋼PEIばね鋼PEIばね鋼PEIばね鋼PEIばね鋼フレキシブルフレキシブルPCばね鋼PEIばね鋼PEIばね鋼PEIばね鋼PEIシート
オートレベリング
フィラメントセンサ××
停電時自動回復印刷
密閉××××××××××
ディスプレイタッチ式ノブ式タッチ式タッチ式タッチ式タッチ式タッチ式ノブ式タッチ式タッチ式タッチ式タッチ式
デュアルZ軸×××--
データ入力microSDカードmicroSDカードUSB
Anycubic APP
USB
Anycubic APP
USB
Anycubic APP
USB
Wi-Fi
USB
Ethernet
Wi-Fi
SDカードUSB
Wi-Fi
Creality Cloud APP
LAN
USB
LAN
USB
USB
LAN
Wi-Fi
本体重量[kg]8.47.38.4132112.5187.129.278.38.976.5
スライスソフトAnycubicSlicer
PrusaSlicer
Cura
AnycubicSlicer
PrusaSlicer
Cura
AnycubicSlicer
PrusaSlicer
Cura
AnycubicSlicer
PrusaSlicer
Cura
AnycubicSlicer
PrusaSlicer
Cura
Creality Print
Cura
Simplify3D
PrusaSlicer
Creality Print
Cura
Simplify3D
PrusaSlicer
Creality Print
Cura
Simplify3D
Creality Print
Cura
Simplify3D
PrusaSlicer
ELEGOO CuraELEGOO CuraELEGOO Cura
Cura
その他最大プリントスピードはファームウェアアップデート後の値内部ストレージ(8GB)
アプリコントロール対応
内部ストレージ(8GB)
アプリコントロール対応
ダブルモーターデュアルZ軸
内部ストレージ(8GB)
アプリコントロール対応
ダブルモーターデュアルZ軸
リモート制御機能
Lighting kit搭載
リモート制御機能
AIカメラ搭載
AI LiDAR搭載
空気清浄機搭載
Lighting kit搭載
LED搭載
カーボンファイバー対応
リモート制御機能
内蔵RAM(8GB)
ディスプレイ取り外し可能
LED搭載
Segmented Heatbed
ディスプレイ取り外し可能
LED搭載
Efficient Heated Bed機能
マルチノズルプリント機能
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

気になる3Dプリンターばかりですね!

注目ポイントについて個別に解説していきます!

以下で記載している価格帯は2023年8月時点の実勢価格を参考にしています。

【Anycubic】「Kobra 2」

出典:YouTube「Anycubic Kobra 2 Brings a 5 Times Speed at an Affordable Price | Print Fast. Pay Less.」
最大プリントスピード300 mm/s
価格帯3〜4万円台

2023年5月に登場したAnycubic「Kobra 2」。新ラインナップ「Kobra 2シリーズ」の最初の1台として登場した3Dプリンターです。

3〜4万円台という低価格帯にも関わらず、300mm/sという最大プリントスピードを実現。コスト削減を意図した「不便さ」も全く感じられない「コスパ最強」な1台です。

【4/22まで】AmazonスマイルSALE開催中!セール対象かチェックしよう!

【Anycubic】「Kobra 2 Neo」

出典:YouTube「Anycubic Kobra 2 Neo | Speed up, Catch up」
最大プリントスピード250 mm/s
価格帯2〜3万円台

2023年8月に登場したAnycubic「Kobra 2 Neo」。同時に4機種発表された「Kobra 2シリーズ」の1台として発表されました。

その特徴は「Kobra 2シリーズ」で最も低コストで導入できる点にあります。

コストカットに伴い、

  • ノブ式スクリーン採用
  • フィラメント切れ検知セン