【先行セール開催中!】Amazonプライムデー2024で購入すべき3Dプリンター関連商品とは?(今すぐチェック!)

【実機レビュー】Creality Ender-3 V3 Plus徹底解説!30cm超えの大型プリントもできるFDM3Dプリンター!【CoreXZ】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

Crealityの家庭用FDM方式3Dプリンター「Ender-3 V3 Plus」について徹底解説&実機レビュー

していきます。

CrealityはFDM・光造形の両方式の3Dプリンターを販売する有名企業。FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターとしては「Enderシリーズ」や「CRシリーズ」、「K1シリーズ」等を展開し、その3Dプリンターは世界中のユーザーから高い支持を集めています。

そんなCrealityの大人気「Enderシリーズ」から登場した最新3Dプリンターが、「Ender-3 V3 Plus」。

いったいどんな3Dプリンターなのでしょうか?「Ender-3 V3」をはじめとする「V3シリーズ」との違いはどこにあるのでしょうか?

今回、Creality様より実機をご提供いただきましたので、

  • 「Ender-3 V3 Plus」の特徴(「Ender-3 V3」との違いは?)
  • 実際に使ってみてわかった「Ender-3 V3 Plus」のスゴいところ・気になるところ
  • 「V3シリーズ」すべてを使ってみた筆者による各機種の特徴解説

を交えながら、徹底実機レビューしていきたいと思います!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター25機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

それでは見ていきましょう!


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。開封の様子など、動画ならではの内容も盛りだくさんの解説をお楽しみください!


Amazonプライムデー先行セール開催中!対象商品になっているかチェックしよう!



Creality 「Ender-3 V3 Plus」の特徴

まずはじめに、「Ender-3 V3 Plus」の特徴をざっと把握しておきましょう。

最新FDM3Dプリンター「Ender-3 V3 Plus」の特徴
  • 爆速ベッドスリンガーを実現する“CoreXZ”構造【「V3」の復習】
  • 「V3」より58%大きい造形サイズ
  • 大きめサイズを支える「頑丈」設計

「Ender-3 V3 Plus」は、サイズ違いの「Ender-3 V3」がもつ特徴を引き継いでいます

本記事では、CoreXY構造の「K1C」に匹敵する"爆速"を実現したCoreXZ構造に加えて、

  • Ender-3 V3」との違いにフォーカスして解説

していきます。

「特徴はいいから、はやく実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

共通する特徴の多い「Ender-3 V3」のレビュー解説もあわせてチェックしておきましょう。

爆速ベッドスリンガーを実現する“CoreXZ”構造【「V3」の復習】

「Ender-3 V3 Plus」のガントリー背面。X(画像左右)方向、Z(画像上下)方向にベルトが張られ、この面内をプリントヘッドがスムーズに動作。

「Ender-3 V3 Plus」は、

CoreXY構造をX・Z方向に応用したCoreXZ構造

を採用しています。これにより、

  • X方向(左右)
  • Z方向(上下)

の動きを、ガントリー下部(両側)に固定されたモーターによってコントロールする仕組みになっています。

出典:Creality

上の引用画像の図は、CoreXYの解説に使用されるものと同様で、Y→Zに置き換えて考えることが可能です。

これにより、プリントヘッドの軽量化が実現され、

  • 高い位置決め精度
  • 振動の低減

を実現。ひいては、

  • 最大プリントスピード600mm/s
  • 最大加速度20000mm/s²

というCoreXY構造と同等の爆速プリントをベッドスリンガー(Y軸方向にベッドが前後する)タイプで実現しています。

「Ender-3 V3 Plus」のような大型プリントをCoreXY構造で実現するには、筐体サイズが大きくなり、大幅なコスト増は必至でしょう。その点、ベッドスリンガータイプで高速化を実現できるCoreXZ構造は、高速と低コストを両立する合理的な解決策だと考えられます。

CoreXZ構造と関連の深いCoreXY構造の詳しい動作については、YouTubeで解説しています。

「V3」より58%大きい造形サイズ

出典:Creality

「Ender-3 V3 Plus」は、

「V3」よりも58%大きい造形サイズ

が特徴です。

造形サイズの比較
  • 家庭用のスタンダードサイズ(例.「V3」):220×220×250mm³
  • Ender-3 V3」:300×300×330mm³

一般的なサイズの3Dプリンターよりもひと回り大きいモノをプリントすることが可能です。

ウノケン
ウノケン

本体サイズがコンパクトに設計されているので、置き場所にも困りません!

大きめサイズを支える「頑丈」設計

出典:Creality
出典:Creality

高速かつ大型のプリントを実現している「Ender-3 V3 Plus」は、

頑丈設計で安定性も抜群

です。

「V3」同様のアルミ合金一体成型ガントリーをはじめとする頑丈なパーツ類はそのままに、

  • Z軸の揺れを抑える斜め支柱
  • 「V3」よりも太くなったY軸ロッド
  • 重量のある大型プリントでも安心のY軸デュアルモーター

によって、スタンダードサイズの「V3」よりもさらに頑丈で安定性のある設計となっています。

「大きな」モノをできるだけ「速く」「正確に」プリントしたいというクリエイターの願望に応えるマシンとなっています。

Amazonプライムデー先行セール開催中!対象商品になっているかチェックしよう!



Creality「Ender-3 V3 Plus」の実機レビュー!

特徴を把握できたところで、いよいよ

「Ender-3 V3 Plus」の開封と、最初のセットアップ

を行っていきます。

開封&セットアップ!

「Ender-3 V3 Plus」を開封していきます。

一見、「V3」と変わらないように見えますが、全体的にパーツがひと回り大きく、重くなっています。

細々したパーツや工具類は上の画像の通りです。斜め支柱が追加されたことにより、「V3」に比べて必要なネジの数が増えています。

基本的に「V3」と同様の、以下の手順で組み立てを進めていきます。

作業手順
  1. ガントリーにフィラメントホルダーを装着
  2. 電源設定を確認 
  3. ガントリーをベースにネジ止め
  4. タッチスクリーンの取り付け
  5. ガントリーとベース間の各種配線を接続
  6. Z軸を支える斜め支柱をネジ止め(←「V3 Plus」の特徴
  7. フィラメントガイド用のテフロンチューブを取り付け
  8. フィラメントの絡まり防止部品を装着

「斜め支柱の取り付け」という工程が追加されている点が、唯一の「V3」との違いでしょう。

詳細な開封の様子は、上記のYouTubeレビュー動画で解説しています。

組み立て作業を終えた「Ender-3 V3 Plus」の外観がこちら(フィラメントホルダーは取り外しています)。

正面
側面