【4/15予約開始】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【実機レビュー】ELEGOO Neptune 4の使用感を徹底解説!【高速FDM3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、2023年6月に発表されたELEGOOの最新家庭用FDM方式3Dプリンター「Neptune 4」について解説&実機レビューしていきたいと思います。

2019年から発売がはじまったELEGOOのFDM方式3DプリンターラインナップであるNeptuneシリーズ。今回発表された「Neptune 4」は、2023年に発表された最新のNeptuneシリーズ3Dプリンターの1台です。

ELEGOOならではの低価格を維持しながら、昨今のトレンドに乗った高速性に注目が集まる「Neptune 4」。いったいその実力はどの程度なのでしょうか?

ついに実機が到着したので、

  • 「Neptune 4」の特徴
  • 「Neptune 4」実機の使用感
  • 「Neptune 4」のスゴいところ・気になるところ

について、実際の使い勝手を交えながらレビューしていきたいと思います!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター19機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


それでは見ていきましょう!

 

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック



ELEGOO 「Neptune 4」の特徴

実機レビューに入る前に、「Neptune 4」の特徴について確認しておきましょう。

「特徴はいいから実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

最新FDM3Dプリンター「Neptune 4」の特徴
  • Klipper搭載により最大プリントスピード500mm/sを実現
  • プリントヘッドに熱拡散を効率化する冷却ファンを搭載
  • オートレベリング・LEDがアップグレード

主な項目について、それぞれ確認していきましょう。

Klipper搭載により最大プリントスピード500mm/sを実現

「Neptune 4」の最大の特徴は、そのプリントスピードです。

Klipperファームウェアがプリインストールされており、最大プリントスピード500mm/s、推奨プリントスピード250mm/sを実現しています。

さらに、「Neptune 4」はただ速いだけではなく、Input shaping(モデル表面上のアーティファクトや共振の除去)やPressure advance(プリントスピードに応じてフィラメントの正確な押出を実現)といった機能もサポートしています。

昨今各社がこぞって新機種を投入している高速プリント3Dプリンターの流れに、ELEGOOならではの低価格を維持しながら参入した点は注目に値します。

プリントヘッドに熱拡散を効率化する冷却ファンを搭載

「Neptune 4」には、ノズル付近(特に背後)に変わったブロック状の物体が備わっています。

これは冷却用のファンになっていて、高速プリント時に生じる歪みを抑制し、プリント品質を向上させる働きがあります。

オートレベリング・LEDがアップグレード

その他にも、

  • オートレベリングの点数が11×11=121点に大幅増加(Neptune 3シリーズは最大63点)
  • 暗環境対応のLEDがガントリーだけでなくノズルにも搭載

といった過去モデルからのアップグレードがなされており、利便性が大きく向上しています。

造形サイズが225×225×265(mm)という標準サイズであることを除けば、あらゆる点でNeptune 3シリーズから順当に高性能化した3Dプリンターであると考えて良いでしょう。

同時発表された「Neptune 4 Pro」との主な違いは、「Segmented Heatbed」と呼ばれる機能の有無にあります。詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。



「Neptune 4」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Neptune 4」の概要について述べてきました。ここからは、「実際に使ってみてどうなのか?」について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

ダンボールの中には、細かいパーツは基本的に組み立て済みの、モジュール化されたメインパーツが入っています。上段にはフレーム(ガントリー)部分と部品類が、下段にはPEIシートを搭載したプラットフォーム部分が格納されています。

パーツをずらっと並べたのがこちら。スクリーンやファン、スプールホルダなど、一部のパーツは取り付け前の状態で配送されます。

部品類の中身はこちら。テスト用フィラメントやフィラメント切れ検知センサー、六角レンチなど、細々したパーツ・工具がセットになっています。

組み立て!

さっそく組み立てていきます。組み立て作業の手順は以下の通りです。

組み立て作業手順
  1. 土台に対して、フレームとスクリーンをネジ止めする
  2. フレームにフィラメント切れ検知センサーとファン、スプールホルダーをネジ止めする
  3. 差し込みタイプの配線を数か所挿入する
  4. 電圧設定を確認し、電源ケーブルを接続する

で完了です。

組み立て完了した「Neptune 4」がこちら!

実際に組み立てたところ、20分程度で組み立てることができました。

ネジ止め作業が思ったより多い印象でしたが、取扱説明書や同梱のチュートリアル動画で確認できるため、迷うポイントはほとんどありませんでした。

3Dプリント実行!高速3Dプリントの実力は?

組み立てが完了したので、さっそく3Dプリントを開始していきます!

オートレベリング実行

初回はチュートリアル動画に従ってレベリングを実行。

  1. 手動でプラットフォーム下のネジを回して補助レベリング(4隅)
  2. オートレベリング実行
  3. 中央でZ方向微調整

のステップで完了です。保存ボタンでオートレベリング結果は記録できます。

Buddhaのテストプリント

まずは、同梱のmicroSDカードに保存されていたBuddhaを3Dプリント。スクリーンにプレビューが表示されるので、誤って別のデータをプリントしてしまう心配がないのは便利です。

Buddhaをプリントするには十分な量のテストプリント用PLAフィラメントが同梱されているので、これを使用していきます。

約10秒のタイムラプス(音声なし)をどうぞ!(実際のプリント時間は約30分)

ELEGOO定番のテストモデル「The Buddha」のファーストプリント

無事、Buddhaが降臨しました!

なかなかのクオリティですね!とりあえず標準的なプリントスピードによるプリントはテスト完了です。

それでは高速プリント時の実力はどの程度なのでしょうか?

18分で3DBenchyを高速プリント!

同梱されているUSBメモリには、「EN4_3DBenchy-18min.gcode」という#3DBenchyの高速プリントにトライできるデータが格納されています。あの#3DBenchyをたったの18分でプリントできてしまうようですね。。。!(参考:「Kobra 2」の場合は所要時間30分)。

こちらを使って「Neptune 4」の真の実力を見てみましょう!

実際に500mm/sで動作しているところ(音声なし、倍速なし)がこちら。

ノズルに注目。速すぎて目で追えないレベルの動作。

目で追えないレベルの速さですね!Buddhaのプリント時にはおとなしくしていた背面のファンが稼働し、高速プリント時に欠かせない冷却をサポートしています。

プリントされた#3DBenchyがこちら。高速プリントにおいても非常にキレイにプリントされています。

#3DBenchyを18分でプリントできる家庭用3Dプリンターは、他のブランドを含めて数える程度です。それを低価格帯で実現している「Neptune 4」は、機能とコスパを総合的に見て非常に優秀な3Dプリンターと言って良いでしょう。

グラデーションやWood、TPUフィラメントで3Dプリント!

同梱データ以外のプリントにトライしていきます。スライスソフトは後述の「ELEGOO Cura」を使用していきます。

1つめは、グラデーションフィラメントを使ったドラゴンをプリント(データ出典:Thingiverse)。雰囲気出てますね…!

続いては、Woodフィラメントを用いたスマートウォッチスタンドをプリント(データ出典:Printables)。これは愛用確定。

PLA以外の素材として、TPUでもプリントしてみましょう。最大80mm/sという柔らかい素材としては少し強気の設定で、サンダルをプリントしていきます(データ出典:Thingiverse)。

カッコいいサンダルが出来上がりました!

26〜27cmくらいまでの足サイズであれば、スタンダードサイズの「Neptune 4」でもバッチリプリントすることができました。もっと大きいサイズで作りたい方は、「Neptune 4 Plus」「Neptune 4 Max」を検討してみると良いでしょう。

豊富な3Dプリント例はYouTubeをチェック!

この他にも、「Neptune 4」を使って3Dプリントする様子や3DプリントしたモノをYouTubeの再生リストにまとめています

「どんなモノが作れるのかな??」

と気になる方はぜひチェックしてみてください!チャンネル登録もよろしくお願いします!



使ってみてわかった!「Neptune 4」のココがすごい!

ここからは、実際に使ってみて感じた「Neptune 4」のスゴいところについて紹介していきたいと思います。

1度味わったらやめられない、高速3Dプリント

「Neptune 4」は最大プリントスピードが500mm/sです。推奨値である250mm/sですら、並の3Dプリンターのプリントスピードを大きく上回ります。

#3DBenchyの例で確認したように高いプリント品質も保っているところも高評価。このプリントスピードは、1度味わってしまったら旧式モデルには戻れないこと間違いありません。

2か所のLEDが大活躍

「Neptune 4」には、ガントリーとノズルの2か所にLEDが搭載されています。ガントリーにLEDが搭載されている機種は少なくありませんが、ノズル付近にも搭載されている機種は珍しい印象です。

ガントリーLED:ON、ノズルLED:OFF
ガントリーLED:OFF、ノズルLED:ON
ガントリーLED:ON、ノズルLED:ON

2か所のLEDは、周囲が暗いときや、作業中に部屋の照明を体が遮ってしまうような位置関係の場合に重宝します。光量も十分で、タッチパネルで簡単にオンオフできるのも非常に便利です。

操作しやすく、情報が充実したインターフェース