【4/15予約開始】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【2024】専門家が選ぶ!家庭用3Dプリンターおすすめ10選!【FDM/光造形】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、最新(2024年上半期時点)の家庭用3Dプリンターのおすすめモデルを価格別で紹介していきます。

手頃な価格帯で高性能かつ使い勝手の良い3Dプリンターが登場するに連れて、家庭でも使える3Dプリンターに興味をもつ人は増えています。その一方で、

「どのブランドの3Dプリンターを選べばよいのかわからない」

「3Dプリンターのどんな性能に注目して選ぶべきかわからない」

「自分の使いみちに合った3Dプリンターがわからない」

という方も多いのが現状です。

私自身、3Dプリンターを使いはじめるまでは、見知らぬブランドや多すぎる選択肢に戸惑ったことを覚えています。検索結果に出てくるランキングサイトに出てくる機種は、

  • 古い情報(すでに販売されていないものも多数!)
  • とても家庭用として購入できない価格帯

ばかりで、自分に合った3Dプリンターを選ぶのにはかなり苦労しました…

同じような思いを抱える、3Dプリンター選びに迷う人々のために立ち上げたのがこの「Age of 3DP」。このメディアの目的は、

  • 「家庭用3Dプリンターの最新情報の整理と発信」
  • 「3Dプリンター選びに悩む人が『自分で、自由に』選ぶための知識とツールの提供」

です。

この記事では、

家庭用3Dプリンターの有名ブランド・最新機種の情報をもとにピックアップしたおすすめ機種を価格別で紹介

していきます。また、筆者自身のおすすめを紹介するだけでなく、ご自身で選んでいただくための無料ツールについても紹介しているので、ぜひ活用してみてください(詳しくは後述します)。

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター19機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

それでは見ていきましょう!



↓さっそくおすすめ機種をチェックしたい方は目次からジャンプしてみてください。↓

  1. はじめに:3Dプリンターとは?
  2. 家庭用3Dプリンターを選ぶポイント【3ステップで完了!】
    1. まずは「FDM(熱溶解積層)方式」か「光造形方式」の2種類から選択
    2. 造形可能なサイズを検討
    3. 必要なスペック・オプション機能をチェック
  3. 購入前に知っておきたい家庭用3Dプリンターの有名ブランド3選
    1. Creality
    2. ELEGOO
    3. Bambu Lab
    4. Anycubic
  4. 【価格別】家庭用3Dプリンターのおすすめ10選【FDM】
    1. 【〜2万円台】格安&高速エントリーモデル「Ender-3 V3 SE」
    2. 【2〜3万円台】超高速スタンダードサイズ3Dプリンター「Neptune 4」
    3. 【3〜4万円台】超高速スタンダードサイズ3Dプリンター「Kobra 2 Pro」
    4. 【4〜5万円台】超高速&Wi-Fi対応3Dプリンター「Ender-3 V3 KE」
    5. 【5〜6万円台】爆速&スタンダードサイズの決定版「CR-10 SE」
    6. 【6〜7万円台】超高速&大型サイズ3Dプリンター「Neptune 4 Max」
    7. 【7〜8万円台】アップグレードされた超高速&密閉型3Dプリンター「K1C」
    8. 【8〜9万円台】マルチカラー対応&超高速3Dプリンター「A1 mini Combo」
    9. 【9〜10万円台】超高速&密閉型の中規模サイズ「X-Plus 3」
    10. 【10万円台〜】超高速&AI LiDAR&カメラ搭載「K1 Max」
  5. 【価格別】家庭用3Dプリンターのおすすめ10選【光造形】
    1. 【〜2万円台】初心者向け低コストモデル「Sonic Mini」
    2. 【2〜3万円台】格安4K3Dプリンター「Photon Mono 2」
    3. 【3〜4万円台】コスパ最強9K「Mars 4」
    4. 【4〜5万円台】高速&Wi-Fi対応の9K「Mars 4 Ultra」
    5. 【5〜6万円台】高速&スマートレジンポンプ搭載8K機種「HALOT-MAGE Pro」
    6. 【6〜7万円台】12K超高解像度3Dプリンター「Saturn 3」
    7. 【7〜8万円台】高速&超高解像度12K3Dプリンター「Saturn 3 Ultra」
    8. 【8〜9万円台】高さ30cmのコスパ最強大型機種「Jupiter SE」
    9. 【9〜10万円台】サーモスタット搭載の超高解像度機種「Whale3 Ultra 14K」
    10. 【10万円台〜】大型&高コスパ光造形機種「Photon M3 Max」
  6. まとめ 〜おすすめ3Dプリンターのスペック一覧〜
    1. FDM方式
    2. 光造形方式
    3. 自分で自由に比較したい方はツールも活用しよう

はじめに:3Dプリンターとは?

3Dプリンターとは、

あらかじめ準備した3Dデータにもとづいて3次元的な形状を作り出す装置

です。

光造形方式(主な2つの方式については後述します)の例では、プラットフォームと呼ばれる土台をレジン(樹脂)にひたして表面に光を当て、一層ずつ樹脂(レジン)を固めながら引き上げていきます。これを何層も何層も繰り返していくことで、3次元形状を作り上げていきます。

出典:ELEGOO

上の図では、右上の板のような部分がプラットフォームです。材料となる液体の樹脂(レジン)は、図の右下にあるタンクに入れておきます。図には含まれていませんが、タンクの下にLEDやUVランプが設置してあり、その光を使って樹脂を硬化させます。

3Dプリンターでは基本的にどんな3次元形状でも形づくることができます。

もととなるデータはSTLファイルと呼ばれる形式で出力するのが一般的です。STLファイルは、Fusion360のような3DCADや、Blenderなどの3DCGソフトで作成することができます。これらのソフトは基本無償なので個人でも利用しやすく、初心者の方でもすぐに使用することができます。

家庭用3Dプリンターを選ぶポイント【3ステップで完了!】

ここからは家庭用3Dプリンターの選び方について確認していきましょう。

「どこに注目すればいいのかさっぱりわからない!」

という初心者の方にもわかりやすいように、3Dプリンター選びをたったの3ステップにまとめています。

後述するおすすめ3Dプリンターの特徴を理解するうえでも参考になるので、しっかり押さえておきましょう!

おすすめ機種をチェックしたい方は後半にジャンプしてください。

まずは「FDM(熱溶解積層)方式」か「光造形方式」の2種類から選択

家庭用3Dプリンター選びは、

「FDM(熱溶解積層)方式」と「光造形方式」のどちらかを選択する

ところからはじまります。

FDM(Fused Deposition Modeling、熱溶解積層法)方式

FDM方式3Dプリンター本体(左)とフィラメント(右)(出典:Creality)

「FDM(Fused Deposition Modeling)」は、日本語で「熱溶解積層法」と訳されます。「FFF(Fused Filament Fabrication)」という一般名称で呼ばれることもあります。

FDMは、

熱で繊維状の樹脂(フィラメント)を溶かして積層する方式

です。この方式の特徴として、以下のポイントは押さえておきましょう。

FDM方式のメリット
  • 使用できる材料の種類が多い(柔らかい材料から、硬い材料まで)
  • 比較的耐久性があり、力が加わる用途にも対応できる
  • 後処理がほぼ不要
FDM方式のデメリット
  • 積層痕が目立ちやすく、フィギュア作成等の用途には不向き

光造形方式

光造形方式3Dプリンター本体(左)とレジン(右)(出典:ELEGOO)

「光造形方式」は、「光」を使った造形方式です。

液体の樹脂(レジン)を1層1層固めながら3次元形状を形成

していきます。

最低限押さえておきたい光造形方式の特徴は、以下の通りです。

光造形方式のメリット
  • なめらかな表面やディテールの再現度が高く、フィギュア等の用途に最適
  • 一度にたくさんのモノを作ったり、面積の大きいモノを素早く作成できる
光造形方式のデメリット
  • 比較的耐久性が低い
  • 後処理やレジンの扱いに手間がかかる(換気や手袋・マスクの着用)

FDM方式と光造形方式を選ぶ基準をひと言で言ってしまえば、

実用品を作りたい人はFDM方式、フィギュア系の用途であれば光造形方式

です。この観点で選べば間違いないでしょう。



造形可能なサイズを検討

FDM方式と光造形方式のどちらを選ぶかが決まったら、

次に重要な点は「造形可能サイズ」

です。家庭用3Dプリンターを使って作れるモノの標準的なサイズについて理解しておきましょう。

一般的な家庭用「FDM」3Dプリンターの造形可能サイズ
  • 幅:20〜30cm
  • 奥行き:20〜30cm
  • 高さ:25cm〜35cm

サッカーボール(直径22cm)くらいのサイズと覚えておきましょう。

一般的な家庭用「光造形」3Dプリンターの造形可能サイズ
  • 幅:10cm〜20cm
  • 奥行き:6cm〜12cm
  • 高さ:15cm〜25cm

小型は500mlペットボトル2本分、中型は2Lペットボトル2本分くらいのサイズと覚えておきましょう。

標準的なサイズで言えば、

  • FDM方式の方が、光造形方式よりもひと回り大きなモノが作れる

傾向にあります。

もちろん、上記の標準サイズよりも小さい、あるいは大きい造形サイズの3Dプリンターも存在します。後述するおすすめ3Dプリンターを参考に、自分の求める造形サイズが実現できる機種を選びましょう。


光造形3Dプリンターの造形サイズは動画で視覚的にチェック!

光造形3Dプリンターの造形サイズについては、実物大サイズを示しながら動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


必要なスペック・オプション機能をチェック

「造形方式」と「造形可能サイズ」の目星がつけば、機種の選択肢はある程度絞られてきます。

あとは

その他のスペックやオプション機能を確認しつつ、お財布と相談

して3Dプリンターを選んでいきましょう。

とはいえ、スペックやオプション機能のすべてを吟味していては、あまりに時間がかかってしまいます。ここからは、

  • 3Dプリンター選びの際にここだけは確認しておきたい項目をピックアップ
  • 重要度別に紹介

していきたいと思います!

組み立て【FDM】(重要度:★★★)

出典:Anycubic

FDM方式の3Dプリンターは、

機種によって配送時の組み立て度合いが異なる

ことを覚えておきましょう。

  • 「要組み立て(DIY)」
  • 「半組み立て済み(クイックアセンブリ、モジュラーデザイン)」
  • 「組み立て済み(密閉式)」

の3種に大別され、3Dプリント開始までの手間が大きく異なります。

DIY好きな人にとっては、「要組み立て」の3Dプリンターであっても組み立ての過程を楽しめるでしょう。

一方で、組み立てが苦手な人や煩わしさを感じる人は「半組み立て済み」や「組み立て済み」が適しています。組み立て度合いによって価格帯も変わってくるので注意しましょう。

組み立て選定のポイント!

組み立てが容易で価格も手頃な「半組み立て済み」がオススメ。

ノズル最高温度【FDM】(重要度:★★☆)

出典:Creality

FDM方式3Dプリンターは、ノズル(材料のフィラメントが出てくるところ)を熱して、材料を一度柔らかくすることで自由自在に3次元形状を作っていきます。

材料の種類によって柔らかくなる温度が異なるため、適切なノズル温度に設定する必要があります。設定できる最高温度が不十分な場合、材料によってはプリントできない場合もあるため注意が必要です。

家庭用3Dプリンターにおいては、ノズル最高温度は260℃度前後が標準的

です。

基本的な材料(PLAやABS、PETG等)の造形であればスタンダードな260℃前後で十分です。一方で、PA(ポリアミド、ナイロン)のような材料を使うことも考えている場合は、300℃付近まで温度上昇可能な機種を選ぶようにしましょう。

ノズル最高温度選定のポイント!

基本的な材料の造形であれば、スタンダードな260℃前後でOK

ヒートベッド(プラットフォーム)【FDM】(重要度:★★☆)

出典:ELEGOO

ヒートベッド(ホットベッドやプラットフォームとも呼ばれます)は、FDM方式において3Dプリントの土台となる箇所です。3Dプリント中に造形物がしっかり固定されるように、通常ヒートベッドは加熱して使用します。

また、ヒートベッドの種類には、大きく分けて

  • 硬いもの(カーボランダムガラス等)
  • 柔らかいもの(バネ鋼等)

があります。

ヒートベッドの種類によって、造形中の固定具合や造形後の取り外しやすさが異なる

ため、要チェックです。

ヒートベッド選定のポイント!
  • 「最高温度」:通常100℃前後。機種によって大きく変わらないため、そこまで重視しなくてOK。
  • 「種類」:硬いガラス製のものや、柔らかいバネ鋼製品がある。造形中はしっかり固定され、造形後は取り外しやすいPEIばね鋼製がオススメ。

オートレベリング【FDM】(重要度:★★☆)

出典:ELEGOO

「オートレベリング」は、3Dプリント開始前の高さ調整機能

です。

3Dプリントを実施する前に、ノズルの高さとヒートベッドの隙間がA4用紙1枚分(約0.1mm)程度になるように高さを調整します。

  • オートレベリング機能がない場合、ほぼ毎回神経を尖らせながら手動で高さ合わせを行う

ことになります。

オートレベリング機能を実行すると、ヒートベッド上の複数箇所(16〜121点程度)の高さを自動で取得し、XY位置ごとの微妙なZ方向の高さを補正してくれます。手動の調整に加えて

  • オートレベリング機能を使用することで、より再現性高くプリントすることが可能

です。

ただし、「オートレベリングあり」であっても、手動で粗調整する必要がある場合が多いです。完全にオート(自動)で調整してくれるわけではないので注意しましょう。

オートレベリング選定のポイント!
  • 「オートレベリングの有無」:手動レベリングをサポートしてくれる「オートレベリングあり」がオススメ!
  • 「オートレベリングの点数」:点数が多いほど位置ごとの適切な補正が期待できる。

ディスプレイ【FDM】(重要度:★★☆)

出典:Creality

3Dプリンターを操作するインターフェースとなるのが、ディスプレイ

です。

  • プリント開始前の温度調整
  • フィラメントの出し入れ
  • オートレベリングの実行

など、すべての操作はディスプレイを介して行います。

近年は

  • カラー表示のタッチスクリーンを採用した扱いやすい機種も豊富に存在

します。一方で、コスパ重視の格安モデルでは、

  • モノクロ表示
  • ノブ式(ドアノブのようなハンドルを回転させて操作するタイプ)

になっている場合もあります。

ディスプレイ選定のポイント!
  • 「モノクロ or カラー」:見やすいカラーがオススメ!
  • 「ノブ式 or タッチ式」:直感的に操作できるタッチ式がオススメ!

最近では、リモートでPCやスマホ画面から3Dプリンターを操作できる機種も増えてきています。