【4/15予約開始】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

大型物体も簡単スキャン!Revopoint RANGE 3Dスキャナーを実機レビュー!

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、Revopointの最新大型対応3Dスキャナー「Revopoint RANGE」について実機レビューしていきます。

2022年に「Revopoint POP 2」や「Revopoint MINI」のクラウドファンディングで大きな成功を収めたRevopointから、新しい3Dスキャナー「Revopoint RANGE」が登場しました。

2023年3月22日〜4月28日に渡って、CAMPFIREにてクラウドファンディングが実施され、いよいよ公式サイトでもリリースされました。

大きたモノのスキャンに特化した3Dスキャナー「Revopoint RANGE」とはいったいどのような3Dスキャナーなのでしょうか?

今回Revopoint様から実機をご提供いただきましたので、開封からスキャンまで、その使用感を徹底解説していきます!

この記事を読んでわかること
  • Revopoint RANGEの特徴(「POP 2」、「MINI」との違い)
  • Revopoint RANGEのセット内容(スタンダード・プレミアム)
  • Revopoint RANGEの使用感【実機レビュー】
  • クラウドファンディングの概要とRevopoint3Dスキャナー各種の販売状況

過去2回に渡って「Revopoint POP 2」「Revopoint MINI」の実機レビューを行ってきたAge of 3DP。「Revopoint RANGE」と先代モデルとの違いについてもスペック・使用感の両面からレビューしていきます!

それでは見ていきましょう!

アップデート

2024/01 後継機種「RANGE 2」の登場が発表されました!(公式ページへ



高精度3DスキャナーメーカーRevopointとは

出典:Revopoint

Revopointは、2014年に創設された深センに本拠地を置くハイテク企業です。

2020年にKickstarterでローンチされた「Revopoint POP」が最も多くの資金を集めた3Dスキャナーとなったことで、Revopointの名が世界的に広く知られることとなりました。

2021年末には新機種「Revopoint POP 2」をローンチし、日本でもクラウドファンディングサイト「Makuake」にて9,200万円以上の支援額を記録しました。

2022年にはブルーライト搭載の高精度3Dスキャナー「Revopoint MINI」のクラウドファンディングも成功させるなど、Revopointは今もっとも勢いのある3Dスキャナーメーカーと言っても過言ではないでしょう。

アップデート

2024/01 後継機種「RANGE 2」の登場が発表されました!(公式ページへ

「Revopoint RANGE」の特徴!先代機種からの進化は?

今注目の3DスキャナーメーカーRevopointが新たにクラウドファンディングを実施する「Revopoint RANGE」

先代機種の「Revopoint POP 2」や「Revopoint MINI」との違いはいったいどのようなポイントなのでしょうか?

まずは「Revopoint RANGE」と先代機種との違いについて確認していきましょう。

「Revopoint POP 2」や「Revopoint MINI」とのスペック比較

まずはじめに、「Revopoint POP 2」や「Revopoint MINI」のスペックを比較していきましょう。

モデル名RANGEMINIPOP 2
本体イメージproduct imageproduct imageproduct image
メーカーRevopointRevopointRevopoint
精度 [mm]0.10.020.05
点間距離 [mm]0.30.050.1
撮影領域(1ショット)[mm]360 x 65064 x 118210 x 130
スキャンボリューム [mm]50 x 50 x 50 〜
4000 x 4000 x 4000
10 x 10 x 10 〜
500 x 500 x 500
20 x 20 x 20 〜
2500 x 2500 x 2500
動作距離 [mm]300 〜 800100 〜 200150 〜 400
スキャンスピード [fps]181010
本体重量 [g]210160195
本体サイズ [mm]295 x 41.5 x 28.2120 x 38.5 x 25154.6 x 38.2 x 25.6
出力形式.ply
.obj
.stl
.ply
.obj
.stl
.ply
.obj
.stl
光源Class 1 赤外光Class 1 青色光Class 1 赤外光
屋外対応×
対応OSWindows 8/10/11
macOS
Android
iOS
Windows 8/10/11
macOS
Android
iOS
Windows 8/10/11
macOS
Android
iOS
その他撮影領域:距離600mm
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

新しい「Revopoint RANGE」は、先代機種の「POP 2」「MINI」に比べて

  • 撮影領域が大きい
  • 動作距離が大きい
  • スキャンスピードが速い

という特徴があります。スペックを比較してみると、過去どの機種よりも大型3Dスキャンに特化した3Dスキャナーであることがよくわかりますね。

ここからは「Revopoint RANGE」の特徴について具体的に確認していきましょう!

注目ポイント①:大型のモノを3Dスキャンできる

出典:Revopoint

「Revopoint RANGE」の特徴は、なんといっても大型の物体を3Dスキャンできる点にあります。非球面レンズや赤外線構造化光プロジェクターといったハードウェア技術を駆使し、0.1mmの高いスキャン精度を維持しながら、人体や家具、車といった大型の物体を難なく3Dスキャンすることが可能です。

また、「Revopoint RANGE」はシングルスキャン範囲が広い点も見逃せません。一度に大面積のスキャンが可能で、効率的に短時間で大型物体をスキャンすることが可能です。公式サイトによれば、フルボディスキャンも数分で完了とされています。

注目ポイント②:クラス1赤外光の使用で人体のスキャンも安全!

出典:Revopoint

「Revopoint RANGE」には「クラス1」の赤外レーザが使用されています。

レーザの「クラス」は安全基準を示す指標です。「クラス1」というのはもっとも安全なレーザであることを意味しており、人体のスキャンに使用しても危険性はありません

(参考)キーエンス「レーザ安全規格とクラス分類について

注目ポイント③:「大型ターンテーブル」でラクラク3Dスキャン!

人体の3Dスキャンにも対応する「Revopoint RANGE」。

プレミアムパッケージには新アクセサリーの「大型ターンテーブル」が付属しています。

3Dスキャナーのお供としてよく使用されるターンテーブルと比べて、非常に大きな直径(約50cm!)をもち、重さも最大200kgまで対応しています。3Dスキャン対象の人に乗ってもらうことで、回転させながら簡単に3Dスキャンさせることができてしまいます。

以下のように「POP 2」のプレミアムパッケージに付属する「ミニターンテーブル」と並べてみると、「大型ターンテーブル」の大きさがよくわかります。

左が「POP 2」のミニターンテーブル、右が「RANGE」の大型ターンテーブル



Revopoint RANGEのセット内容(スタンダード・プレミアム)

Revopoint RANGEには

  • スタンダードセット
  • プレミアムセット

の2つのパッケージがあります。それぞれのセット内容について確認しておきましょう。

スタンダードパッケージ

出典:Revopoint
スタンダードパッケージの内容
  • 3Dスキャナー本体
  • 三脚
  • パワーバンク(バッテリー)
  • スマートフォンホルダー(アプリを使ってスキャンする際にスマホを固定する器具)
  • ケーブル2種
  • USB Type-C変換アダプター
  • その他ツールセット

「Revopoint POP 2」ではプレミアムパッケージのみに同梱されていたパワーバンクが、「Revopoint RANGE」においてはスタンダードパッケージにも同梱されています!

プレミアムパッケージ

出典:Revopoint
プレミアムパッケージの内容
  • スタンダードパッケージ
  • 大型ターンテーブル
  • 大型ターンテーブル用電源ケーブル
  • リモコン

プレミアムパッケージは、スタンダードパッケージの内容に大型ターンテーブルとその関連器具が追加されたセットとなっています。

今回はこちらの「プレミアムパッケージ」について開封〜3Dスキャンの実機レビューを行っていきます!



Revopoint RANGEを使った3Dスキャン体験をレビュー!

ここからは、いよいよ「Revopoint RANGE」(プレミアムパッケージ)を使った3Dスキャンについてレビューしていきます!

開封

まずはスタンダードパッケージに相当するスキャナー本体の箱を開封していきます。プレミアムパッケージには、別梱包で大型ターンテーブルが付属しています。

スタンダードパッケージ。プレミアムパッケージの大型ターンテーブルは別梱包。

さっそくRevopoint RANGE(スタンダードセット)の中身を確認していきましょう。

本体や三脚、ケーブル等がコンパクトに収まっている

大型ターンテーブル以外のセット内容がコンパクトに収納されています。

下の画像は、セット内容をすべて取り出して並べた様子です。

セット内容一覧

「RANGE」のパッケージには、「POP 2」や「MINI」のパッケージに同梱されていたサンプル彫像は含まれていませんでした。家具や人体といった大きなものをスキャン対象としているためかもしれません。

スキャン実施に向けて、付属の三脚にスキャナー本体を取り付けてみます。

三脚にセットしたRANGE本体

少し横長な印象を受ける「Revopoint RANGE」。左右に1つずつDepthカメラが搭載されており、「RANGE」の特徴である大きな撮影領域を実現しています。

サイズ感を確認するため、「Revopoint POP 2」と並べてみましょう。

「POP 2」(左)と「RANGE」(右)

やはり「POP 2」と比べると「RANGE」の横長さが際立ちますね。

続いて、「大型ターンテーブル」も開封していきます。

プレミアムパッケージは「大型ターンテーブル」と「スタンダードパッケージ」のセットになっている。

3Dスキャナー本体が含まれるスタンダードパッケージの箱に比べて、大型ターンテーブルが梱包された箱は非常に大きいです。過去の「POP 2」や「MINI」のサイズ感をイメージしていると、配送時にビックリするかもしれません。収納場所も確保しておきましょう。

大型ターンテーブルの梱包された箱も開封!中身は以下のとおりです。

「大型ターンテーブル本体」「リモコン」「電源ケーブル」の3点。
  • 大型ターンテーブル本体
  • 大型ターンテーブル用電源ケーブル
  • リモコン

大型ターンテーブルは、付属のリモコンを使って操作することができます。オンオフはもちろんのこと、回転速度や回転の向きも変更することが可能です。

開封の儀を終えたところで、いよいよ3Dスキャンの準備に入っていきます!



システム要件確認

3Dスキャンを実施する際には、上記のパッケージの他にPCかスマホを使用することになります。対応するOSとシステム要件は以下の通りです。

Windowsバージョン:Win8/Win10/Win11 ※Win7はサポート対象外
メモリ容量:≧8GB
プロセッサー:Intel Core i5以上
Macバージョン:Intel x86チップ → Mac OS 10.15以降
      M1チップ    → Mac OS 11.0以降
メモリ容量:≧8GB
Androidバージョン:Android 9.0以降
メモリ:≧6GB
iOSiPhone:8 Plus以降
iPad:第6世代以降
バージョン:iOS 13.0以降
※USB接続非対応。Wi-Fi接続のみ対応。
出典:RANGE取扱説明書V1.0

PCではWindowsとMac、スマホではAndroidとiOSと幅広いデバイスに対応しています。OSのバージョンが古いものだと対応していない場合があるので注意しましょう。

また、iOSはUSB接続非対応となっています。iOS搭載デバイスは端子にLightningケーブルを採用していることが影響してい