【先行セール開催中!】Amazonプライムデー2024で購入すべき3Dプリンター関連商品とは?(今すぐチェック!)

3Dプリンタにもおすすめ!Revopoint MINI 3Dスキャナを実機レビュー!

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、Revopointの最新ブルーライト3Dスキャナ「Revopoint MINI」についてレビューしていきます。

2022年初頭、日本でも9,200万円以上の資金を集めた「Revopoint POP 2」でおなじみの3DスキャナメーカーRevopoint。2022年8月より、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、最新モデル「Revopoint MINI」のプロジェクトが開始されました!

今回はRevopoint MINIの実機を入手したので、その使い方を解説するとともに、先代モデルPOP 2といったいどのような違いがあるのかを解説していきます。また、3Dスキャンしたデータを3Dプリンタで出力する流れについても画像を豊富に使って紹介します。

Revopoint MINI自体のスペックや、POP 2との違いに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んでわかること
  • Revopoint POP 2と比較したRevopoint MINIの特徴
  • Revopoint MINIのセット内容(スタンダード・プレミアム)
  • Revopoint MINIの使用感
  • Revopoint MINIを使った3Dプリントの流れ(FDM・光造形)
  • Revopoint社3Dスキャナの販売状況

それでは見ていきましょう!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター25機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

アップデート

2024/01 後継機種「MINI 2」の登場が発表されました!(公式ページへ



高精度3DスキャナメーカーRevopointとは

出典:Revopoint

Revopointは、2014年に創設された深センに本拠地を置くハイテク企業です。

2020年にKickstarterでローンチされた「Revopoint POP」が最も多くの資金を集めた3Dスキャナとなったことで、Revopointの名が世界的に広く知られることとなりました。

2021年末には新機種「Revopoint POP 2」をローンチし、日本でもクラウドファンディングサイト「Makuake」にて9,200万円以上の支援額を記録しました。

そんなRevopointが新たにプロジェクトを開始した「Revopoint MINI」

前機種のRevopoint POP 2との違いはいったいどのようなポイントなのでしょうか?

まずはMINIの特徴とPOP 2との違いから確認していきましょう。

Revopoint MINIの特徴!Revopoint POP 2からの進化は?

POP 2とのスペック比較

まずはじめに、Revopoint POP 2とMINIのスペックを比較していきましょう。

モデル名MINIPOP 2
本体イメージproduct imageproduct image
メーカーRevopointRevopoint
精度 [mm]0.020.05
点間距離 [mm]0.050.1
撮影領域(1ショット)[mm]64 x 118210 x 130
スキャンボリューム [mm]10 x 10 x 10 〜
500 x 500 x 500
20 x 20 x 20 〜
2500 x 2500 x 2500
動作距離 [mm]100 〜 200150 〜 400
スキャンスピード [fps]1010
本体重量 [g]160195
本体サイズ [mm]120 x 38.5 x 25154.6 x 38.2 x 25.6
出力形式.ply
.obj
.stl
.ply
.obj
.stl
光源Class 1 青色光Class 1 赤外光
屋外対応×
対応OSWindows 8/10/11
macOS
Android
iOS
Windows 8/10/11
macOS
Android
iOS
その他
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

新しい「Revopoint MINI」は、先代機種の「POP 2」に比べて

  • 測定精度が高い
  • 測定できる点群の密度が高い
  • 本体重量が軽い
  • 寸法(横幅)が小さくコンパクト

という特徴があることがわかりますね!

先代のPOP 2よりも、コンパクトかつ高性能を実現しているRevopoint MINI。

いったいどのような最新技術が搭載されているのでしょうか?

高解像度を実現するブルーライトテクノロジー搭載

出典:Revopoint

Revopoint MINIの最大の特徴は、ブルーライトテクノロジーの搭載です。

波長の短い青色の光を使用することで、高解像度の3Dスキャンを実現しています。

Revopoint POP 2では赤外光が使用されており、これは青色光よりも波長が長いです。一般に、波長が短いほど高解像度を実現することが可能です。

MINIの測定精度は0.02mmに達し、工業用スキャナレベルに匹敵します。お手頃価格で入手できるのはうれしいですね!

本体重量160g!超軽量でラクラク3Dスキャン可能

MINIは本体重量が160gと非常に軽いです。

同等の解像度をもつ工業用3Dスキャナだと1kg前後は当たり前です。私自身実際にさわったこともあり、非常に重く疲れてしまいます。

その点、MINIは手持ちで操作してもまったく疲れません。160gと言えば、ちょうどiPhone13とiPhone SEの間の重さです。

  • iPhone 13の重量:173g
  • iPhone SEの重量:144g

ふだん持ち歩いているスマホ感覚の重さと思えば、ハンドリングのしやすさが想像できるのではないでしょうか?



MINI使用上の注意点は?

ブルーライトテクノロジー搭載により、コンパクトかつ高精度な3Dスキャンを実現するMINI。

一方、MINIを使用するうえで知っておくべきポイントもあります。用途によってはPOP 2の方が適している場合もあるので注意しましょう。以下の解説を参考に選択してみてください。

スキャンボリュームが小さい

比較表に記載したように、MINIのスキャンボリュームは最大500mm × 500mm × 500mm(=0.5m × 0.5m × 0.5m)です。

一方、POP 2は最大で3m × 3m × 3mの対象物を3Dスキャンすることができます。

MINIは大型の形状を3Dスキャンすることには適していないということがわかるでしょう。

使用環境は屋内のみ

また、MINIを使った3Dスキャンは屋内限定です。これは光源に青色光を用いていることから、屋外では精度が悪化してしまうためです。

POPやPOP 2は屋外で3Dスキャンすることも可能です。外でなんらかの物体を3Dスキャンしたい方はPOPやPOP 2を選択しましょう。

顔や体のモデリングには適さない

小さめのスキャンボリュームや、使用する光源の波長の特性上、MINIは顔や体のモデリングには不適切です。

MINIで使用されているブルーライトは人体に影響がないとされていますが、目を直接スキャンすることは推奨されていません。一方で、POP 2などで使用されている光源には、目に優しい赤外光が採用されています。

参考サイト

  • https://www.kickstarter.com/projects/2125914059/revopoint-mini-3d-scanner-with-002mm-precison/faqs
  • https://www.kickstarter.com/projects/2125914059/revopoint-mini-3d-scanner-with-002mm-precison?ref=celxrw
クーポンのご利用でお得にゲット!

Revopoint公式サイトで以下のクーポンコードを使用すると、なんと10%OFF+送料無料で購入することができます!この機会にぜひ3Dスキャナーをゲットしておきましょう!

  • クーポンコード:revopoint10
  • 割引率:10%OFF+送料無料
  • 適応商品:
    • Revopoint RANGE←NEW
    • Revopoint MINI
    • Revopoint POP 2プレミアムセット
    • Revopoint POP 2スタンダードセット



Revopoint MINIのセット内容(スタンダード・プレミアム)

Revopoint POP 2には

  • スタンダードセット
  • プレミアムセット

の2つのパッケージがあります。それぞれのセット内容について確認しておきましょう。

出典:Revopoint
出典:Revopoint

プレミアムセットには、スタンダードセットのパッケージに

  • スタビライザー
  • 2軸回転テーブル

が追加されているという違いがあります。両者とも3Dスキャンの品質を向上させるオプションであり、MINI以外のRevopoint 3Dスキャナにも対応しているようです。

※今回レビューするのは「スタンダードセット」です。

Revopoint MINIを使った3Dスキャン体験をレビュー!

ここからは、いよいよMINI(スタンダードセット)を使った3Dスキャンについてレビューしていきます。

実物を手にしたうえで気づいた点や、POP 2との違いについてもあわせて記載しています。

開封

スタンダードセットのパッケージ。(回転ステージは別梱包)

まずはRevopoint MINI(スタンダードセット)の中身を確認していきましょう。