【4/15予約開始】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【3Dプリンター】フィラメントの乾燥について解説!乾燥剤や乾燥機のおすすめは?【2024】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、FDM3Dプリンターの材料であるフィラメントの乾燥について徹底解説していきます。

FDM3Dプリンターを使用する上で避けられないのが、フィラメントの防湿・乾燥です。

この記事では、

  • 3Dプリンターのフィラメントを乾燥する必要がある理由
  • 湿気を吸ったフィラメントを使うと起きる問題
  • フィラメントを防湿・乾燥するにはどうすればよいのか

について解説していきます。

  • 「これからFDM3Dプリンターを使いたい」
  • 「これまでフィラメントの乾燥に目をつむってきた」
  • 「フィラメントの乾燥方法について知りたい」

という方はぜひ最後までご覧ください。


YouTubeでもフィラメントの乾燥について解説中!

「Age of 3DP」のYouTubeチャンネルでは、フィラメントの乾燥に関する解説や、最新フィラメント乾燥機のレビュー動画を公開しています!プリントや開封の様子など、動画ならではの内容も盛りだくさんの解説をお楽しみください!


それでは見ていきましょう!



なぜ3Dプリンターのフィラメントを乾燥させる必要があるのか?

3Dプリンターのフィラメントを乾燥させる必要があるのは、

湿気に弱い材料でできていることが多いから

です。湿気を吸収すると性能が低下し、プリント品質に悪影響を与えます。

特にPLAやABSなどの一般的なフィラメントは、水分を吸収しやすく、湿気が高い環境下では脆くなりやすいです。湿気による品質低下は、プリント品の強度や耐久性にも悪影響を与えることがあります。

このような問題を回避するために、フィラメントを適切に乾燥させることが重要です。

フィラメントを乾燥させる必要がある理由
  • 湿気に弱い材料でできているフィラメントが多い
  • 湿気を吸うとプリント品の強度や耐久性に悪影響あり

湿気を吸ったフィラメント使用時のリスク

湿気を含んだフィラメントをそのまま使用すると、さまざまな問題が発生します。

  • プリント中に水分が蒸発してプリント品の表面にムラができたり
  • 糸引きと呼ばれる遷移状のムダな構造ができたり
  • プリントヘッドが詰まったり

と、プリントの失敗や余計なメンテナンスの原因となってしまいます。

これらの問題を解決するためには、

フィラメントを適切に乾燥させ、湿気をコントロールすることが重要

です。対策としてよく使われているのが、乾燥剤やフィラメント乾燥機の使用です。これらを活用することで、フィラメントを適切な状態に保ち、3Dプリント品質を向上させることができます。

要注意!湿気を吸ったフィラメント使用時のリスク
  • 表面のムラ
  • 糸引きの発生
  • プリントヘッドの詰まり



3Dプリンターのフィラメントを防湿・乾燥させる方法

湿気を含んだフィラメントを使用しないためには、主に2つの対策があります。

  • 防湿(そもそもフィラメントが湿気を吸わないようにする)
  • 乾燥(湿気を吸ってしまったフィラメントから水分を飛ばす)

3Dプリンターのフィラメントを防湿・乾燥させる方法について、具体的に確認していきましょう。

密閉できる袋・容器と乾燥剤を活用して保管する

一度開封したフィラメントを湿気から守るためには、適切に保管することが重要

です。フィラメントが湿気を吸わないような保管の仕方をすれば、3Dプリントの品質を維持することができます。

対策は簡単で、

  • フィラメントを密閉できる袋や容器に入れ、乾燥剤と一緒に保管するだけ

です。これにより、乾燥剤が湿気を吸収し、フィラメントの乾燥状態を維持することができます。

市販のジッパー付きの密閉袋に入れても良いですが、専用の密閉キットも販売されています。余分な空気を抜くこともできるため、密閉袋の中の水分を最小に抑えることが可能です。

フィラメントの種類が増えてきた方は、大きめのドライボックスを活用すると良いでしょう。

created by Rinker
ナカバヤシ(Nakabayashi)
¥2,600 (2024/04/20 11:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

一度用意してしまえば、乾燥剤以外は繰り返し使うことができます。乾燥剤にはシリカゲルなどを使用して、定期的な交換を忘れないように注意しましょう。

created by Rinker
坂本石灰工業所
¥603 (2024/04/20 11:20:07時点 Amazon調べ-詳細)

フィラメント乾燥機(フィラメントドライヤー)を使用する【オススメ!】

フィラメント乾燥機(フィラメントドライヤー)は、フィラメントを効率的に乾燥させることができる専用の機器です。フィラメント乾燥機を使うと、

適切に加熱・保温することで、吸湿したフィラメントから水分を飛ばすことが可能

です。

乾燥機内から直接3Dプリンターにフィラメントを供給できるタイプが多く、フィラメントがきっちり乾燥された状態で3Dプリントに使用することが可能です。

また、フィラメントドライヤーの種類によっては、

  • 複数のフィラメントを同時に乾燥できる
  • 未使用時に防湿保管庫として使用できる

ものも。用途や予算に合わせて自分にあったフィラメントドライヤーを選ぶと良いでしょう。

各社からサイズ・価格の異なる乾燥機がいくつか登場しています。ここからは、筆者愛用品も含めたおすすめ機種について解説していきます。

 



【2024最新】フィラメント乾燥機おすすめ5選

ここからは、

おすすめのフィラメント乾燥機(フィラメントドライヤー)を5つ紹介

していきます。

収納可能フィラメント数や実勢価格を含め、各機種の特徴について解説しています。ぜひフィラメント乾燥機選びに活用してください。

驚異のフィラメント4本同時乾燥!「SUNLU FilaDryer S4」

「Age of 3DP」のYouTubeチャンネルにて、わかりやすく実機レビューしています!

収納可能フィラメント数4
実勢価格(2024年3月時点)20,000円前後

「SUNLU FilaDryer S4」もSUNLUの「FilaDryerシリーズ」最新機種。2023年9月にキックスターターにてクラウドファンディングが行われ、2024年に入ってからは日本のAmazonでも購入可能になっています。

  • フィラメント「4本」を同時乾燥可能
  • 強力&高効率加熱 【S2の6.9倍】
  • 湿度コントロールも可能に

というフィラメント乾燥機の最先端を走る1台。

  • FDM3Dプリンターを複数台運用している人
  • マルチカラー3Dプリンターを使っている人

という方にとってはとくに見逃せない1台となっています。

【4/22まで】AmazonスマイルSALE開催中!セール対象かチェックしよう!