【30cm超え】「Neptune 4 Plus」を実際に使って徹底解説!(詳細をチェック!)

FLASHFORGE家庭用FDM3Dプリンター徹底比較!【Adventurer/Creator/Guider/Finder】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、FLASHFORGEの家庭用FDM3Dプリンターについて徹底解説していきたいと思います。

FLASHFORGEは、2011年に創設された中国・浙江省に本拠地を置く3Dプリンターメーカーです。FLASHFORGEはFDM方式と光造形方式の両方を扱っており、しかも家庭用(消費者向け)モデルから業務用(プロ向け)の機種まで幅広い機種を取り扱っています。

同じシリーズでも、家庭用と業務用が混在するFLASHFORGEの3Dプリンター。「いったいどの3Dプリンターが家庭用なの??」と戸惑う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FLASHFORGEの「家庭用」FDM方式3Dプリンターにフォーカスし、日本で販売されている機種を中心に特徴の解説・スペック比較をしていきたいと思います!

それでは見ていきましょう!



【2023年版】FLASHFORGEの家庭用FDM3Dプリンター一覧

日本で販売を確認できるFLASHFORGEの家庭用FDM3Dプリンターは8点存在します(2023年2月時点)。

なお、「家庭用」「業務用」の区分については、公式ページの「Consumer Grade」「Professional Grade」を参考にしています。

各モデルにどのような特徴があるのか、詳細を確認していきましょう!

FLASHFORGEの3Dプリンターは、その多くが公式オンラインショップで販売されています。現状、Amazon、楽天等での取り扱いは非常に少ないです。

コンパクトな密閉型モデル【Adventurer 3】

モデル名Adventurer 3
本体イメージ
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]388 x 340 x 405
造形サイズ(LxWxH)[mm]150 x 150 x 150
エクストルーダボーデン
プリントスピード[mm/s]100
最大ノズル温度[℃]240
最大ヒートベッド温度[℃]100
組み立て組み立て済み
プラットフォームフレキシブル
オートレベリング-
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷×
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力USB
Wi-Fi
Ethernet
FlashCloud
本体重量[kg]9
スライスソフトFlashPrint
その他カメラ搭載
内部ストレージ(8GB)
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Adventurer 3」は、FLASHFORGEの3Dプリンターの中では小型モデルにあたります。

造形サイズは150×150×150[mm]です。密閉型の3Dプリンターということもあり、Creality「Ender-3」(造形サイズ:220×220×250[mm])などに比べてもかなりコンパクトな印象です。

「Ender-3」のような格安機種との違いは、密閉型である点だけではありません。Wi-Fiによるデータ転送やクラウドプリントが可能というインターフェース面の充実に加え、8GBのストレージやモニタリング用のカメラも搭載しています。

コンパクトかつ操作性の高いモデルのため、家庭使用との相性が非常に良いモデルです。

「Adventurer 3」の注目ポイント!
  • FLASHFORGE現行FDM3Dプリンターではもっともコンパクト
  • Wi-Fi通信、クラウドプリント対応
  • 内部ストレージ(8GB)
  • モニタリング用カメラ搭載

Amazon等で販売されている「Adventurer 3」は、「Adventure 3 Lite」の場合があるので注意しましょう。

「Adventurer 3 Lite」は、「Adventurer 3」から「カメラ機能」と「フィラメント切れ検出機能」を省いたモデルです。(出典:https://idarts.co.jp/3dp/adventurer3-lite/)

ガラスビルドプレート採用モデル【Adventurer 3 Pro】

モデル名Adventurer 3 Pro
本体イメージproduct image
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]388 x 340 x 405
造形サイズ(LxWxH)[mm]150 x 150 x 150
エクストルーダボーデン
プリントスピード[mm/s]100
最大ノズル温度[℃]240
最大ヒートベッド温度[℃]100
組み立て組み立て済み
プラットフォームガラス
オートレベリング-
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷×
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力USB
Wi-Fi
Ethernet
FlashCloud
本体重量[kg]9
スライスソフトFlashPrint
その他カメラ搭載
内部ストレージ(8GB)
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Adventurer 3 Pro」は、「Adventurer 3」のマイナーアップデート版です。

違いは「Pro」がガラスビルドプレート(ヒートベッド)になっている点くらいで、造形サイズ等は変わりません。

造形サイズが拡大【Adventurer 4】

モデル名Adventurer 4
本体イメージproduct image
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]500 x 470 x 540
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 200 x 250
エクストルーダボーデン
プリントスピード[mm/s]150
最大ノズル温度[℃]240
最大ヒートベッド温度[℃]110
組み立て組み立て済み
プラットフォームマグネット式
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力USB
Wi-Fi
Ethernet
FlashCloud
本体重量[kg]22
スライスソフトFlashPrint
Cura
Slic3r
その他カメラ搭載
内部ストレージ(8GB)
エアフィルタ搭載
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Adventurer 3」の造形サイズに物足りなさを感じる方には、「Adventurer 4」がオススメです。

密閉型モデルにも関わらず、造形サイズが220×200×250[mm]に拡大。密閉なしモデルのCreality「Ender-3」などとほとんど変わらない造形サイズとなっています。

内蔵ストレージやモニタリング用のカメラは「Adventurer 3」に引き続いて搭載されています。さらにY軸がデュアルロッド(精度の高い2本構成)エアフィルタ搭載といった進化も見せています。

「Adventurer 4」の注目ポイント!
  • 「Adventurer 3」の魅力はそのままに、造形サイズが3.2倍拡大
  • Y軸デュアルロッド
  • ニオイ低減・チリ除去用エアフィルタ搭載

オプション削減の廉価版【Adventurer 4 Lite】

モデル名Adventurer 4 Lite
本体イメージ
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]500 x 470 x 540
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 200 x 250
エクストルーダボーデン
プリントスピード[mm/s]150
最大ノズル温度[℃]240
最大ヒートベッド温度[℃]110
組み立て組み立て済み
プラットフォームガラス
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力USB
Wi-Fi
Ethernet
FlashCloud
本体重量[kg]22
スライスソフトFlashPrint
Cura
Slic3r
その他内部ストレージ(8GB)
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Adventurer 4 Lite」は、「Adventurer 4」の廉価版です。

主な違いは、

  • プラットフォームがガラスビルドプレート(無印はアルミベースのマグネット式)
  • モニタリング用カメラなし
  • エアフィルタなし

となっています。

 



独立式デュアルエクストルーダ搭載モデル【Creator Pro 2】

モデル名Creator Pro 2
本体イメージ
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]526 x 360 x 403
造形サイズ(LxWxH)[mm]200 x 148 x 150
エクストルーダデュアル
プリントスピード[mm/s]200
最大ノズル温度[℃]240
最大ヒートベッド温度[℃]120
組み立て組み立て済み
プラットフォームホットプレート
オートレベリング-
フィラメントセンサ-
停電時自動回復印刷-
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力SDカード
USB
本体重量[kg]14.8
スライスソフトFlashPrint
その他
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Creator Pro 2」の最大の魅力は、家庭用3Dプリンターとしては珍しく独立式デュアルヘッド(2つのエクストルーダ)を搭載している点です。デュアルエクストルーダは1つのX軸上に存在しており、2種類の材料を交互に使用したり、同時に複数のモノを3Dプリントすることが可能です。

出典:CreatorPro2 - FLASHFORGE

もちろん密閉型(デスクトップタイプ)で、庫内温度を安定させることができます。造形サイズは200×148×150[mm]となっており、「Adventurer 3」より少し幅が大きいくらいのサイズ感です。

「Creator Pro 2」の注目ポイント!
  • 同時に複数のモノを3Dプリントできる
  • 可溶性のフィラメントをサポート材として使用できる
  • マルチカラー・マルチマテリアル印刷が可能

家庭用FDM3Dプリンターで上記のようなハイレベルな3Dプリントを実現したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

「Creator Pro 3」「Creator 4」は業務用となっています。

密閉型なのに造形サイズ大【Guider 2】

モデル名Guider 2
本体イメージproduct image
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]550 x 490 x 570
造形サイズ(LxWxH)[mm]280 x 250 x 300
エクストルーダ-
プリントスピード[mm/s]100
最大ノズル温度[℃]240
最大ヒートベッド温度[℃]120
組み立て組み立て済み
プラットフォーム-
オートレベリング
フィラメントセンサ-
停電時自動回復印刷
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力USB
Wi-Fi
Ethernet
FlashCloud
本体重量[kg]30
スライスソフトFlashPrint
その他内部ストレージ(4GB)
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

造形サイズが小さくなりがちな密閉型でも、大きなモノを3Dプリントしたい!という方にオススメなのが、「Guider 2」です。造形サイズは280×250×300[mm]で、上述の「Adventurer 4」よりも幅・奥行き・高さのすべてが50mm以上拡大しています。

剛性の高い金属フレームを使用することで、造形の安定性も高いです。家庭でハイクオリティかつ大ボリュームの3Dプリントを実現したい方はぜひチェックしておきましょう。

「Guider 2」の注目ポイント!
  • 密閉型なのに造形サイズ大(280×250×300[mm])
  • 造形の安定性をもたらす金属フレーム採用

「Guider 3」「Guider 3 Plus」は業務用となっています。

「Guider 2」がさらにアップグレード【Guider 2s】

モデル名Guider 2s
本体イメージ
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]550 x 490 x 570
造形サイズ(LxWxH)[mm]280 x 250 x 300
エクストルーダ-
プリントスピード[mm/s]100
最大ノズル温度[℃]300
最大ヒートベッド温度[℃]120
組み立て組み立て済み
プラットフォームガラス/フレキシブル
オートレベリング
フィラメントセンサ-
停電時自動回復印刷
密閉
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸-
データ入力USB
Wi-Fi
Ethernet
FlashCloud
本体重量[kg]30
スライスソフトFlashPrint
その他カメラ搭載
内部ストレージ(8GB)
エアフィルタ搭載
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Guider 2s」は、「Guider 2」のアップグレード版です。

「Guider 2」との主な違いは以下のとおりです。

  • ノズル最大温度高(300℃)
  • 内蔵カメラ搭載
  • エアフィルタ搭載

高コスパエントリーモデル【Finder 3】

モデル名Finder 3
本体イメージ
メーカーFLASHFORGE
本体サイズ(LxWxH)[mm]406 x 416 x 469
造形サイズ(LxWxH)[mm]190 x 195 x 200
エクストルーダダイレクト
プリントスピード[mm/s]180
最大ノズル温度[℃]260
最大ヒートベッド温度[℃]110
組み立て組み立て済み
プラットフォームPEI鋼/ガラス
オートレベリング-(アシストレベリング)
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉×
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸
データ入力USB
Wi-Fi
本体重量[kg]-
スライスソフト-
その他内部ストレージあり
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

赤と黒のボックスが特徴的な「Finder 3」は、FLASHFORGEの家庭用FDM3Dプリンターにおいて、もっともコスパの良いエントリーモデルです。

エクストルーダにはダイレクトドライブ式プラットフォームはPEIマグネット鋼板(ガラスプラットフォームに付け外し可能)、さらにはデュアルZ軸を採用しています。このあたりは昨今の優秀な家庭用FDM3Dプリンターと似たものを感じますね。

なお、「Finder 3」は組み立て済みのボックスタイプではあるものの、前と横、上の4面は壁がなく空洞です。この点は上述のAdventurer、Creator、Guiderシリーズとの大きな違いと言えるでしょう。