【公式&SK本舗で予約開始!】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【マルチカラー対応K2 Plus登場】Creality K2・K1の特徴を徹底解説!【FDM3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

CrealityのFDM3Dプリンター「K2シリーズ」「K1シリーズ」について徹底解説・徹底比較

していきたいと思います。

CrealityはFDM・光造形方式の3Dプリンターを販売する注目企業。FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターとしては「Ender-3」をはじめとする「Enderシリーズ」が有名で、世界中の多くの3Dプリンターユーザーに愛用されています。

2024年4月に開催されたCrealityの10周年イベントで発表されたのが、

  • 最新FDM3Dプリンター「K2シリーズ」

です。

最大600mm/sという爆速プリントを実現した「K1シリーズ」がさらにパワーアップした「K2シリーズ」。待望のマルチカラー3Dプリントに対応ということで、今最注目の3Dプリンターの1つです。

この記事では、

  • 現時点で判明している「K2シリーズ」の特徴
  • 「K2シリーズ」の販売情報

について解説していきます。

後半では、先代の「K1シリーズ」についても特徴を振り返ることができるので、ぜひ最後までご覧ください!

クーポンやタイムセールを反映した価格はAmazonページをご覧ください!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター22機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

それでは見ていきましょう!



待望のマルチカラー対応!「K2 Plus」「CFS」登場!

10周年記念イベントで公開された「K2 Plus」。上に乗っているのが「CFS」(出典:Creality

2024年4月9日に開催された、Crealityの10周年記念&新製品発表イベントで公開された目玉機種が、

  • 最新FDM3Dプリンター「K2 Plus」
  • Crealityフィラメントシステム「CFS」

現時点で判明している、大注目の「K2 Plus」「CFS」の特徴に迫っていきましょう!

Kシリーズ最新機種「K2 Plus」の特徴

出典:Creality

「Kシリーズ」の最新機種である「K2 Plus」の特徴を確認していきましょう。

先代の「K1」に見られたCoreXY構造や最大600mm/sというキモとなる特徴はそのままに、「K2 Plus」で新たに追加された以下の主な特徴を押さえておきましょう。

「K2 Plus」で新搭載となった主なスペック・機能
  • 造形サイズ:350×350×350mm³
  • 最大加速度:30000mm/s²(「K1シリーズ」は20000mm/s²)
  • アクティブチャンバー機能(内部の加熱・保温)

1辺350mmの造形サイズは、「K1 Max」(1辺300mm)をも超えるスケール

さらに、「K1シリーズ」の1.5倍となる最大加速度によって、3DBenchyのプリントにかかる時間はなんとたったの10分

加えて、3Dプリンター内部を加熱できる機能も搭載されることで、反りやすい材料を使ったプリント時の品質向上も期待できます。

その他にも、エッジAIカメラの搭載や、エクストルーダーの強化など、「K1シリーズ」に磨きがかかった「K2 Plus」。単体でも魅力的ではありますが、注目のマルチカラー対応の詳細についてもチェックしていきましょう。

Creality初のマルチカラーシステム「CFS」とは?

出典:Creality

「K2 Plus」と同時発表となった、Creality初のマルチカラーフィラメントシステム「CFS(Creality Filament System)」。

Crealityファン待望の「CFS」、その主な特徴は以下の通りです。

  • 1kgフィラメントを4本までセット可能(最大4つのCFSを並列使用し、16色プリントも可能)
  • フィラメントのRFIDタグを読み取り、自動でフィラメントの種類を認識
  • フィラメントの自動ロード・アンロードによるマルチカラープリントが可能
  • 密閉設計
  • 温度・湿度の表示画面搭載
出典:YouTube「🔥A Decade and Beyond!Creality 10th Anniversary & Spring Event Livestream🥂」

昨今のトレンドである「最大4色のカラープリント」に対応し、「温度・湿度表示」のような特徴的な機能も備える「CFS」。Crealityのスライスソフト「Creality Print」のマルチカラー対応アップグレードも発表され、ソフトウェアとハードウェアの連携といった観点でも、その使い勝手に注目が集まります。

「K2 Plus」「CFS」の販売情報

出典:YouTube「🔥A Decade and Beyond!Creality 10th Anniversary & Spring Event Livestream🥂」

現状、2024年7月31日にリリース予定となっています。

今のところ価格は不明となっております。情報が公開され次第、アップデートしていきます!

「K1シリーズ」「Ender-3 V3シリーズ」もマルチカラー対応に!

出典:YouTube「🔥A Decade and Beyond!Creality 10th Anniversary & Spring Event Livestream🥂」

新しい「K2 Plus」と「CFS」が発表される一方で、

「マルチカラーが待てなくて、『K1』買っちゃったよ...。」

という方も多いでしょう。

そんなCrealityユーザーの反応を見越してか、既存の3Dプリンターを「マルチカラー化」できるキットもリリースされるとのこと。詳細は不明ですが、

  • 「K1シリーズ」
  • 「Ender-3 V3シリーズ」

が対象になる見通しです。直近で3Dプリンターの購入を考えている人は、後の「マルチカラー化」も想定した選択をしておくと良いでしょう。



アップグレードされて再登場!カーボンファイバー対応の「K1C」!

「Age of 3DP」のYouTubeチャンネルにて、わかりやすく実機レビューしています!

2024年初頭、あの「K1」がアップグレードされて再登場。

その名も「K1C」!

「K1」からアップグレードされた主なポイントは以下の通りです。

  • エクストルーダーの強化(オールメタル化)
  • 耐摩耗クイックスワップノズル採用(カーボンファイバーフィラメントをサポート)
  • AIカメラ標準搭載
  • 衝撃吸収底部パッド搭載
  • サイレントモードへの切り替え可能

最大600mm/s・20000mm/s²の爆速3Dプリンターがアップグレードされて再登場。

「『K1』登場時も気になっていたけどタイミングを逃していた…」

という方にとっては特に、このアップグレードされた「K1C」を見逃す手はありませんね!

「K1C」の販売情報は?

公式ストアや日本代理店のSK本舗Amazonでの取り扱いが開始されています。

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック

クーポンやタイムセールを反映した価格はAmazonページをご覧ください!

「K1C」スペック一覧【K1シリーズで比較】

<
モデル名K1CK1 MaxK1
本体イメージproduct imageproduct image
メーカーCrealityCrealityCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]355 x 355 x 482435 x 462 x 526355 x 355 x 480
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 220 x 250300 x 300 x 300220 x 220 x 250
エクストルーダダイレクトダイレクトダイレクト
プリントスピード[mm/s]600600600
最大ノズル温度[℃]300300300
最大ヒートベッド温度[℃]100120100
組み立て組み立て済み組み立て済み組み立て済み
プラットフォームPEIフレキシブルフレキシブルフレキシブル
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉