【徹底比較】Creality K1シリーズ!革新的な超高速FDM3Dプリンターを解説!【K1 Max/K1】

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、CrealityのFDM3DプリンターK1シリーズについて徹底解説・徹底比較していきたいと思います。

CrealityはFDM・光造形方式の3Dプリンターを販売する注目企業。FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターとしては「Ender-3」をはじめとするEnderシリーズが有名で、世界中の多くの3Dプリンターユーザーに愛用されています。

そんなCrealityの9周年イベントで発表された新FDMフラッグシップシリーズが「K1シリーズ」です。

最大600mm/sという驚愕のプリントスピードを実現する注目のFDM3Dプリンター「K1シリーズ」とはいったいどんな3Dプリンターが揃っているのでしょうか?各機種の共通点と相違点がわかるようにスペック比較しつつ、徹底解説していきます!

それでは見ていきましょう!

\\ついに予約開始!!//



Creality K1シリーズの特徴!〜「K1 Max」と「K1」の共通点〜

出典:Creality

EnderシリーズやCRシリーズなど、多くのユーザーに愛されるFDM 3Dプリンターを手がけてきたCreality。

2023年4月に発表されたK1シリーズは、従来のCreality製品の高い性能をさらに進化させた新しいFDM 3Dプリンターシリーズです。

現時点では、以下の2つの機種が発表されています(2023年4月時点)。

【新FDMフラッグシップ】Creality K1シリーズ

まずは、「K1 Max」と「K1」に共通するK1シリーズの特徴について確認していきましょう。

【速度】最大600mm/sの高速3Dプリント

出典:Creality

K1シリーズの最大の特徴は、最大600mm/sという驚異的なプリントスピードです。これは通常の3Dプリンターと比較してはるかに高速で、プリント時間を大幅に短縮できます。

どれくらい速いのか、一般的な家庭用3Dプリンターの代表格であるとともに、Crealityの往年のスタンダードである「Ender-3」と比較してみましょう。

「K1 Max」「K1」「Ender-3」
最大プリントスピード[mm/s]600180

最大速度を単純比較すると、K1シリーズは「Ender-3」の約3.3倍速いということになります。

Crealityの公式YouTubeでは、リアルタイムでプリントスピードを確認できる動画が公開されています。まさに爆速ですね。。。!

出典:YouTube「Speed Meets Quality: Check Out K1's Incredible Section-Solid H20 Print in 7Min 30s」

【精度】Core XY構造と軽量プリントヘッドによる高精度プリンティング

出典:Creality

K1シリーズは、ただ速いだけではありません。軽快はXY方向の走査を可能にするCore XY構造と、190gという軽量なプリントヘッドを組み合わせることで、慣性の影響を軽減した高精度な3Dプリントを可能にしています。

さらに、プリントヘッドにはGセンサーが搭載されています。高速プリント時の振動を自動検知し、リンギング(振動によって発生する縞模様)の発生を抑制します。

また、Z軸もアップグレードされています。高さ方向のバンディング(3Dプリントされたモノの表面に現れる水平方向の線)が軽減され、なめらかな表面テクスチャを得ることができます。



【レベリング】ハンズフリーオートレベリングで自動完了!

出典:Creality

オートレベリング機能のアップグレードにも注目です。

K1シリーズのヒートベッドには、レベリング(水平出し)用のセンサーが搭載されています。3Dプリントが開始されると、オートレベリングプロセスが自動で実行され、ユーザ側が意識する必要なくオートレベリングが完了します。

「K1 Max」にはAI LiDARが標準搭載されており、より精度の高いオートレベリングが実現されています(後述)。

【温度】すばやい温度上昇&デュアルファンによるモデル冷却

出典:Creality

K1シリーズは、ノズルの温度上昇まで高速です。新搭載のセラミックヒーターにより、たったの40秒で200℃まで加熱することが可能になっています。

さらに注目したいのが、デュアルファンによるモデル冷却システムです。プリントヘッドに搭載された大型ファンと、構築チャンバー内に設置された18Wの補助ファンによって、効果的にモデルが冷却される仕様になっています。

冷却により、FDM3Dプリントにおいて問題となる糸引きやワーピングの発生が抑制され、サポートなしのブリッジやオーバーハング構造を精度高くプリントすることが可能になります。

「糸引き」:ノズルが移動する際に不要なフィラメントが引き出され、細い糸上の構造が形成されてしまう現象。

「ワーピング」:プリントしたモデルが縮み、角や端がプリントベッドから持ち上がってしまう現象。

【システム】独自オペレーティングシステム「Creality OS」を採用

K1シリーズは、Crealityが開発した独自のオペレーティングシステム「Creality OS」を採用しています。

直感的なUIを備えたシステムが利用できるだけでなく、PCやスマートフォン、クラウドなどとのデータ・コマンドの同期が可能になります。また、デュアルコア1.2GHz CPUが高速印刷をサポートし、8GB ROMにより最大400のモデルファイルを保存できます。



Creality K1シリーズ一覧!スペック比較表

2023年4月現在、K1シリーズ3Dプリンターは「K1 Max」「K1」の2つです。

機種ごとの違いについての解説に入る前に、各3Dプリンターのスペックを一覧表で見てみましょう。

モデル名K1 MaxK1
本体イメージ
メーカーCrealityCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]435 x 462 x 526355 x 355 x 480
造形サイズ(LxWxH)[mm]300 x 300 x 300220 x 220 x 250
エクストルーダダイレクトダイレクト
プリントスピード[mm/s]600600
最大ノズル温度[℃]300300
最大ヒートベッド温度[℃]120100
組み立て組み立て済み組み立て済み
プラットフォームフレキシブルフレキシブル
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉
ディスプレイタッチ式タッチ式
デュアルZ軸××
データ入力USB
Ethernet
Wi-Fi
USB
Wi-Fi
本体重量[kg]1812.5
スライスソフトCreality Print
Cura
Simplify3D
PrusaSlicer
Creality Print
Cura
Simplify3D
PrusaSlicer
その他リモート制御機能
AIカメラ搭載
AI LiDAR搭載
空気清浄機搭載
Lighting kit搭載
リモート制御機能
Lighting kit搭載
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

次の項目で、「K1 Max」と「K1」の違いについて詳しく解説していきます。

「K1 Max」と「K1」の相違点は?

同時発表されたK1シリーズの2機種「K1 Max」と「K1」にはどのような違いがあるのでしょうか?

「K1 Max」は「K1」の上位互換です。「K1」がもつ機能は基本的に「K1 Max」も備えていると考えて良いでしょう。一方で、「K1 Max」にしかない機能がいくつか存在します。

「K1 Max」と「K1」の相違点を知り、「K1 Max」の魅力に迫っていきましょう。

最大造形サイズ

「K1 Max」と「K1」の大きな違いの1つは、最大造形サイズです。

「K1 Max」は大型のモデルがプリント可能な一方で、「K1」は家庭用3Dプリンターとして標準的なコンパクトサイズになっています。

K1 MaxK1
最大造形サイズ [mm]300×300×300220×220×250

AI LiDAR機能

出典:Creality

もうひとつの大きな違いが、「K1 Max」におけるAI LiDARの搭載です。

高精度なLiDARは1umの解像度をもっており、ヒートベッドに埋め込まれたセンサを強力にサポートします。数百万点を走査してヒートベッドの傾斜情報を取得し、さらに正確なレベリングを自動で実行してくれます。

ちなみにAI LiDARの役割はレベリングだけではありません。最初の一層目のプリントされているかをチェックし、問題があった場合は自動で停止してユーザに知らせてくれる機能を搭載しています。また、「Motion Advance」という機能もLiDARを活用しており、フィラメントの最適な供給量を制御してくれます。

「LiDAR(Light Detection and Ranging」:光を用いた検知・測距技術。自動運転などにおける主要センシング技術。

AIカメラ

「K1 Max」にはAIカメラが搭載されています。一方で、「K1」にはカメラが標準搭載されていません。

AIカメラには、以下のような利点があります。

  • スパゲッティ状のプリントエラー検知
  • ヒートベッド上への異物放置検出
  • スマホ等によるリモートモニタリング
  • SNSシェア等に使用できるタイムラプス作成

利便性を飛躍的に向上させるAIカメラの搭載は、「K1 Max」の大きな魅力の1つになっています。

空気清浄機能

さらに、「K1 Max」には空気清浄機能も搭載されています。ABSのように、プリント中に有害物質が発生する可能性のあるフィラメントを多用する場合はあると嬉しい機能と言えるでしょう。



おわりに〜価格と販売状況〜

今回は、CrealityのFDM3Dプリンター「K1シリーズ」について徹底解説・徹底比較してきました。

最大600mm/sの高速プリンティングをはじめとする「K1 Max」「K1」の特徴についてよく理解できたのではないでしょうか?

最後に、気になるお値段と販売状況について触れて締めくくりたいと思います!

価格と販売状況

現在、日本における販売価格は未定です。今後アップデートがあり次第更新していきたいと思います!

→4/28に「K1」の予約が開始されました!(「K1 Max」はもう少し先になるようです)

K1 Max

999ドル(=約13万円)

K1

88,000円(2023年4月時点)

これだけの性能をもちながら、10万円前後というのは非常に高いコストパフォマンスと言えるのではないでしょうか?十分家庭用として選択肢に入ってくることでしょう!

\\ついに予約開始!!//

あわせて読みたい

Crealityには、K1シリーズ以外にも、EnderシリーズやCRシリーズ、SermoonシリーズといったFDM3Dプリンターが存在します。以下の解説記事もあわせてご覧ください。

【2023】Creality Enderシリーズ徹底比較!【Ender-2/Ender-3/Ender-5/Ender-6/Ender-7】
今回は、CrealityのFDM3DプリンターEnderシリーズの全分類・全機種を徹底解説・徹底比較していきます。複数の分類が存在し、機種の数も多いEnderシリーズ。どのような3Dプリンターが存在し、どのような違いがあるのか解説していきます。