【先行セール開催中!】Amazonプライムデー2024で購入すべき3Dプリンター関連商品とは?(今すぐチェック!)

【実機レビュー】ELEGOO Neptune 4 Plusの使用感を徹底解説!【中型FDM3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、ELEGOOの家庭用FDM方式3Dプリンター「Neptune 4 Plus」について解説&実機レビューしていきたいと思います。

2019年から発売がはじまったELEGOOのFDM方式3DプリンターラインナップであるNeptuneシリーズ。今回取り上げる「Neptune 4 Plus」は、現時点で最新の「Neptune 4シリーズ」の1台です。

今回、ELEGOO様より実機をご提供いただきましたので、

  • 「Neptune 4 Plus」の特徴
  • 「Neptune 4 Plus」実機の使用感
  • 「Neptune 4 Plus」のスゴいところ・気になるところ

を中心に、使い勝手を交えながら詳細にレビューしていきたいと思います!

320×320×385mm³という充実した造形サイズが魅力の「Neptune 4 Plus」。その実力に迫っていきましょう!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター25機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


それでは見ていきましょう!

Amazonプライムデー先行セール開催中!対象商品になっているかチェックしよう!



ELEGOO 「Neptune 4 Plus」の特徴

「Neptune 4 Plus」でプリントしたドラゴン(データ出典:Printables

実機レビューに入る前に、「Neptune 4」の特徴を確認しておきましょう。

「特徴はいいから実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

最新FDM3Dプリンター「Neptune 4 Plus」の特徴
  • 320×320×385mm³の充実した造形サイズ
  • 大きめサイズにうれしい500mm/sの最大プリントスピード
  • 「無印」「Pro」にないWi-Fi対応

主な項目について、それぞれ確認していきましょう。

320×320×385mm³の充実した造形サイズ

「Neptune 4 Plus」の特徴の1つは、320×320×385mm³という家庭用としては大きめの造形サイズにあります。

家庭用FDM3Dプリンターとして定番のサイズは、同シリーズの「Neptune 4」「Neptune 4 Pro」相当(225×225×265mm³)であり、「Neptune 4 Plus」は幅・奥行き・高さのそれぞれがおよそ100mmほど大きいサイズとなります。

定番のFDM3Dプリンターではプリントすることが難しい、大きめのモノのプリントに活躍します。

「Neptune 4シリーズ」には、さらに大きい造形サイズをもつ、いわば「大型」の「Neptune 4 Max」(造形サイズ:420×420×480mm³)が存在します。今回レビューする「Neptune 4 Plus」はシリーズ内の「中型」機種にあたります。

大きめサイズにうれしい500mm/sの最大プリントスピード

サイズの大きいモノをプリントするときにネックとなるのがプリント時間ですが、「Neptune 4 Plus」の最大プリントスピードは500mm/s。非常に高速で、大きめのモノをプリントする際に優位性を発揮します。

「最大プリントスピード」と「最大造形サイズ」を、ひと世代前の「Neptune 3 Plus」と比較してみましょう。

Neptune 4 PlusNeptune 3 Plus
最大プリントスピード(mm/s)500180
最大造形サイズ(mm)320×320×385320×320×400

最大造形サイズはほとんど変わらないにも関わらず、最大プリントスピードは約2.8倍にアップグレードされています。

「無印」「Pro」にないWi-Fi対応

「Neptune 4」等にも搭載されているLANポートの隣に「Wi-Fiアンテナ」が新搭載。

同じ「Neptune 4シリーズ」の標準サイズ機種「Neptune 4」「Neptune 4 Pro」との違いは、造形サイズだけではありません。

Wi-Fi対応になり、無線でデータ送信やリモート制御が可能になりました。

「Neptune 4」「Neptune 4 Pro」も無線通信には対応しているものの、Wi-Fiには対応していません。有線LANを使用する必要があり、3Dプリンターから自宅の接続ポートまでケーブルを伸ばすことになります。

余計なケーブルを1本減らすことができるのは、「Neptune 4 Plus」の強みと言えるでしょう。



「Neptune 4 Plus」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Neptune 4 Plus」の概要について述べてきました。ここからは、「実際に使ってみてどうなのか?」について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

「中型」サイズの「Neptune 4 Plus」。少々大きめのダンボールで配送されました。

ダンボールの中には、「Neptune 4」とほぼ同様にして、モジュール化されたメインパーツが入っています。上段にはフレーム(ガントリー)部分と部品類が、下段にはPEIシートを搭載したプラットフォーム部分が格納されています。

メインパーツがこちら。この手のベッドスリンガータイプによくある内容ですが、「Neptune 4」と同様に、大型の背面ファンが存在しているのは特徴的です。

一方、「Neptune 4」との違いとしては、

  • プリントヘッドが取り外されている
  • 支柱が付属している

点に注目です。

その他、細かな部品類はこちら。

よくあるテスト用フィラメントやフィラメント切れ検知センサー、六角レンチといったパーツに加え、無線通信用のLANケーブルや、上述のWi-Fiアンテナが含まれています。

また、2枚目の画像のように、ネジが多い点も特徴的。プリントヘッドや支柱の組み立てを要することに関連しています。

組み立て!

さっそく組み立てていきます。標準的なサイズの「Neptune 4」の組み立て作業に加えて、

  • プリントヘッド(ノズル部分)の取り付け
  • 後部支柱の取り付け

が必要になります。中型サイズゆえの追加作業なのでしょう。

組み立て完了した「Neptune 4 Plus」がこちら!

正面
側面
背面

実際に組み立てたところ、45分程度で組み立てることができました。

標準的なサイズの機種に比べてあらゆるパーツのサイズ・重量がひと回り大きく、プリントヘッド・支柱等のネジ止め作業が増えたことで、通常よりも時間がかかる印象でした。時間はかかるものの、取扱説明書や同梱のチュートリアル動画で手順を確認できるため、作業自体はスムーズに進めることができました

オートレベリング実行

初回はチュートリアル動画に従ってレベリングを実行。

  1. 手動でプラットフォーム下のネジを回して補助レベリング(6か所)
  2. オートレベリング実行

のステップで完了です。保存ボタンでオートレベリング結果は記録できます。

補助レベリングは、4隅に加えてY軸方向中央の2か所で実行します(後述)。

18分で3DBenchyを高速プリント!

組み立て・オートレベリングが完了したので、いよいよ3Dプリントに進んでいきます。

同梱されているUSBメモリには、「EN4P__3DBenchy-18min.gcode」という#3DBenchyの高速プリントデータが入っています。「Neptune 4」と同様ですね。

少量同梱されている、テストプリント用のPLAフィラメントを使用。中身は高速プリントに対応したELEGOOの「RAPID PLA+」のようです(同梱品画像参照)。

「Neptune 4 Plus」が高速プリントを行う様子を一部、「実際の音声あり」「等倍速(倍速なし)」で確認してみましょう。

非常に高速ですね!背面ファンもフル稼働して冷却を行い、高速プリントをサポートしています。

完成した3DBenchyがこちら。高速プリント品のクオリティを確認してみてください。

「Plus」の魅力!30cm超えの大物プリントを実践!

ここからは、「Neptune 4 Plus」の魅力である、30cm超えの造形サイズを生かしたプリント例を見ていきましょう。

ウォールアート【PLA】

まずは、盆栽風のウォールアート(データ出典:Printables)をプリント。

もちろん標準サイズの3Dプリンターでもプリント可能ですが、今回は「Neptune 4 Plus」に合わせてXYサイズを30cm程度に拡大してみます。

「Neptune 4 Plus」のプレートいっぱいのサイズでプリント。
「CR-10 SE」に乗せた様子。標準サイズよりひと回り大きい仕上がり。

切り絵のような立派なアートがプリントされましたね!標準サイズ(XY造形サイズ:220mm×220mm)の3Dプリンターでははみ出してしまうほどの大きさであることがわかるかと思います(上記2枚目の画像参照)。

いつもよりひと回り大きめのサイズでプリントすることで、アートとしての魅力が増しているのではないでしょうか?

オシャレな写真背景【PLA】

続いて、ランダムな凹凸を配置したオシャレな写真背景をプリント(データ出典:Printables)していきます。

背景として使用するため、少々大きめのサイズでプリントしたいところ。こちらも「Neptune 4 Plus」のサイズを生かして300mm×300mmのサイズでプリントしていきます。

プリントと同時に、「第一層のクオリティ」も確認してみましょう。

非常にキレイ!文句なしのクオリティですね。

このままプリントを進めていくと、ちょっと問題発生。四隅に反りが生じてきました(下画像1枚目)。板状に面積の大きいモノをプリン