【30cm超え】「Neptune 4 Plus」を実際に使って徹底解説!(詳細をチェック!)

【実機レビュー】Creality Ender-3 V3 KEの使用感を徹底解説!【FDM3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

Crealityの家庭用FDM方式3Dプリンター「Ender-3 V3 KE」について解説&実機レビュー

していきます。

CrealityはFDM・光造形の両方式の3Dプリンターを販売する有名企業。FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターとしては「Enderシリーズ」が有名で、中でも「Ender-3シリーズ」はユーザーからの評価がとくに高いラインナップとなっています。

そんな「Ender-3シリーズ」から登場した最新3Dプリンターが、「Ender-3 V3 KE」。

いったいどんな3Dプリンターなのでしょうか?「Ender-3シリーズ」他機種や、他社3Dプリンターとはどのような違いがあるのでしょうか?

今回、Pergear様より製品をご提供いただきましたので、

  • 「Ender-3 V3 KE」実機の使用感
  • 「Ender-3 V3 KE」のスゴいところ・気になるところ
  • 類似機種「Ender-3 V3 SE」との違い

について、使い勝手を交えながら実機レビューしていきたいと思います!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター15機種・3Dスキャナー4機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。開封や組み立ての様子など、記事に載せきれなかった内容も盛りだくさんの解説をお楽しみください!


それでは見ていきましょう!

【3/5まで】Amazon新生活セール開催中!セール対象かチェックしよう!



Creality 「Ender-3 V3 KE」の特徴

まずはじめに「Ender-3 V3 KE」の特徴をざっと把握しておきましょう。

最新FDM3Dプリンター「Ender-3 V3 KE」の特徴
  • 最大500mm/s!Benchyを15分でプリント可能!
  • Creality OS搭載!Wi-Fi転送やアプリ制御が可能に!
  • タッチパネルやPEIプレート、フィラメント切れ検知センサーが標準搭載

上記の特徴は、どれも従来の「Ender-3シリーズ」3Dプリンターとの違いを表す重要なポイントです。特に、同じく2023年に登場した類似機種の「Ender-3 V3 SE」との相違点でもあるという意味でもしっかり把握しておきたい項目です。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

「特徴はいいから、はやく実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

最大500mm/s!Benchyを15分でプリント可能!

出典:Creality

「Ender-3 V3 KE」は、

最大500mm/sの高速3Dプリントが可能

です。現時点では、「Ender-3シリーズ」最速となっています(2023年12月時点)。

標準プリントスピードも300mm/sとなっており、他ブランドの低価格帯機種と比べても、同等かそれ以上の速度を誇ります。

Creality OS搭載!Wi-Fi転送やアプリ制御が可能に!

出典:Creality

「Ender-3 V3 KE」は、「Creality OS」と呼ばれるKlipperのカスタムバージョンをファームウェアとして搭載。従来の「Ender-3シリーズ」に比べて、はるかに利便性が向上しています。

PCアプリ(Creality Print)やスマホアプリ(Creality Cloud)を活用することで、

PCやスマホからのWi-Fi転送・リモートコントロールが可能

となっております。

  • USB経由の面倒なデータの受け渡しが不要
  • PC上でスライス後、ワンクリックで3Dプリント開始
  • スマホアプリから無料の3Dモデルを見つけて、そのままプリント開始

といった芸当が可能に。

これまでの

  • 3Dモデルを探す(作成する)
  • 3Dモデルをスライスする
  • 3DモデルをSDカードやUSBディスクに移す
  • SDカードやUSBディスクから3Dプリンター上でデータを読み込んでプリント

といった各ステップが分断されることなく、シームレスに実行することが可能となっています。

プリントの停止や再開といった制御、各部の温度や残り時間といった情報の確認が、すべてアプリ上で実行できてしまうのもうれしいですね。

タッチパネルやPEIプレート、フィラメント切れ検知センサーが標準搭載

「Ender-3 V3 KE」に先立ち、Crealityからは2023年に「Ender-3 V3 SE」という機種がリリースされています。スタイリッシュな見た目の似通った両機種ではありますが、実はその機能・仕様は大きく異なります

詳細は後述する「『Ender-3 V3 KE』のスペック一覧!『SE』と徹底比較!」にて紹介しますが、速度・Wi-Fi関連以外にも、ざっと挙げるだけでも以下のような違いがあります。

「SE」にはない「Ender-3 V3 KE」の魅力
  • 操作スクリーンはタッチパネル式(「SE」はノブ式)
  • プリント後に取り外しやすいPEIばね鋼プレート採用(「SE」はPCばね鋼)
  • フィラメント切れ検知センサー標準搭載(「SE」は別途購入)

もちろん、「SE」には、「3万円前後で購入可能」という価格面での魅力があります。とはいえ、「Ender-3 V3 KE」のも4万円台というなかなかのコスパを誇る1台(2023年12月時点)。

「低価格帯で、しかも機能面にも優れた3Dプリンターを選びたい!」

という人にとっては、要注目の1台となっています。



「Ender-3 V3 KE」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Ender-3 V3 KE」の概要について述べてきました。ここからは、

「実際に使ってみてどうなのか?」

について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

「Ender-3 V3 KE」を開封し、中身を確認していきましょう!

ダンボールの中には、細かいパーツは基本的に組み立て済みの、モジュール化されたメインパーツが入っています。

上段にはスプールホルダーやスクリーン、マニュアル・部品類、ACアダプタが、下段にはガントリーと、土台となるプラットフォーム部分が格納されています。

上段
下段

箱から取り出していきます。

メインのパーツがこちら。

部品や工具等の小物類はこちら。チューブに入った潤滑剤(グリース)やUSBの同梱は、「SE」とは異なる点ですね。

「SE」と同様に、組み立てるべきパーツは最小限といった印象。組み立ての詳細は、上述のYouTube動画内で公開しています。

実際に組み立てたものがこちら。「SE」同様、「Ender-3 V3 KE」もスリムなボディが特徴。見た目はかなり「SE」そっくりです。

正面
側面
背面

実際に組み立ててみて、初心者の方であれば20〜30分、組み立て経験のある方であれば10〜20分程度で完了する作業量だと感じました。



3Dプリント実行!高速3Dプリンターの実力は?

準備が完了したので、さっそく3Dプリントを開始していきます!

まずは、同梱のUSBに保存されていた「1-Boat.gcode」をプリントしていきます。こちらはおなじみの3DBenchyですね。

実際にプリントしているときの様子(倍速なし)をご覧いただきましょう!

第1層から抜群の速さですね!約19分でプリントが完了しました。

続いて、完成品チェックの様子をご覧ください。

高速な上に非常にキレイ!表面の歪みはほとんど見られません。

ここまで、フィラメントは「PLA」を用いてプリントしてきました。続いては他の材料を使ったプリントにもトライしていきます。

PETG

ペットボトルの材質に似た「PETG」を使ったプリントを行っていきましょう。こちらも「PLA」に次いで頻繁に使用されるフィラメントの1つです。

速度の設定値は、スライスソフト「Creality Print(後述)」のプリセットのうち"Normal"を採用。以下のような値となっています。

  • Infill Speed(内部):300mm/s
  • Outer Wall Speed(外側の壁):200mm/s
  • Initial Layer Print Speed(第1層):100mm/s

それでは、PETGの特徴である「透明感」が美しいクリアブルーの「ボックス(データ出典:Thingiverse)」と「一輪挿し(データ出典:Thingiverse)」をプリントしていきます。。。!

PETGは透けて見えるインフィルの模様や積層の様子さえ美しいですね。300mm/sのハイスピードでこのクオリティを実現できるのは素晴らしいです。

後述するスライスソフト「Creality Print」には、ここで使用したフィラメント「CR-PETG」に適切な設定値があらかじめ登録されています。設定値を調整することなく、すぐにスライス・プリントを実行することが可能です。