【Whale3 Super/Ultra】NOVA3D光造形3Dプリンター徹底比較!【Bene6/Elfin3 Mini】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、NOVA3Dの家庭用光造形3Dプリンターについて徹底解説していきたいと思います。

NOVA3Dは、2016年に創設された中国・深センに本拠地を置く3Dプリンターメーカーです。NOVA3Dの3Dプリンターは主に光造形方式で、家庭用(消費者向け)の低価格帯モデルから産業用(プロ向け)の機種まで幅広い機種を取り扱っています。

今回は、NOVA3Dの家庭用光造形3Dプリンターについて日本で販売されている機種を中心に特徴を紹介し、スペックを比較していきます。

それでは見ていきましょう!

アップデート!

「Whale3シリーズ」の後継機種「Whale3 14Kシリーズ」が登場!詳細解説・販売情報はこちら



【2023年版】NOVA3D 3Dプリンター一覧

日本で販売を確認できる、あるいは販売予定のNOVA3Dの家庭用光造形3Dプリンターは次の3点です(2023年2月時点)。

各モデルにどのような特徴があるのか、詳細を確認していきましょう!

高精細8K3Dプリンター!【Whale3 SE】

モデル名Whale3 SE
本体イメージproduct image
メーカーNOVA3D
本体サイズ(LxWxH)[mm]341 x 312 x 580
造形サイズ(LxWxH)[mm]228 x 128 x 260
Z軸精度[mm]0.01
積層ピッチ[mm]0.02-0.1
ピクセルサイズ[mm]0.03
ピクセル数(XY)7680 x 4320
プリントスピード[mm/h]18-55
データ入力WiFi/Cable/USB
本体重量[kg]18
スライスソフトNOVAMake
ChituBox
Lychee Slicer
Tango Voxeldance
その他自動レジン供給機能
内部ストレージ (8GB)
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

2023年2月に日本でも販売を開始した最新3Dプリンターが、「Whale3 SE」です。

8K解像度かつELEGOO「Saturn 2 8K」を上回る充実の造形サイズもさることながら、レジン自動供給機能やWi-Fiへの対応、内部ストレージ搭載といった機能性の高さが魅力の1台となっています。

また、高精細だからこそ実現できる0.25mmの極細サポートも注目ポイントの1つです。

出典:YouTube「Bomb1: How easy it is to remove the 0.25mm support 🧐?」

サポート材の跡が目立ちにくいため、よりなめらかな表面を実現できます。サポート材を取り外しやすいのもうれしいですね!

「Whale3 SE」の注目ポイント!
  • 8K解像度
  • 0.25mmの極細サポートでより表面がキレイに
  • ELEGOO「Saturn 2 8K」を上回る造形サイズ(228×128×260 [mm])
  • レジン自動供給機能搭載
  • Wi-Fi対応でファイル転送の手間削減
  • 内部ストレージ付き

ELEGOO「Saturn 2 8K」など、他の同等3Dプリンターと比較してみたい!という方は比較ツールも使用してみてください。

使い勝手が向上!8K3Dプリンター!【Whale3 Super】

モデル名Whale3 Super
本体イメージproduct image
メーカーNOVA3D
本体サイズ(LxWxH)[mm]-
造形サイズ(LxWxH)[mm]228 x 128 x 260
Z軸精度[mm]-
積層ピッチ[mm]-
ピクセルサイズ[mm]-
ピクセル数(XY)7680 x 4320
プリントスピード[mm/h]-
データ入力WiFi/Cable/USB
本体重量[kg]16
スライスソフトNOVAMake
ChituBox
Lychee Slicer
Tango Voxeldance
その他自動レジン供給機能
フリップ式UVカバー
取っ手付きレジンバット
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

早くも「Whale3 SE」がアップグレードされて登場した「Whale3 Super」。

「Whale3 SE」に以下のようなアップグレードが施され、使いやすさが向上しています。

  • UVカバーが上に開くタイプに変更
  • レジンバットが取っ手付きに変更

レジン加熱機能搭載!【Whale3 Ultra】

モデル名Whale3 Ultra
本体イメージproduct image
メーカーNOVA3D
本体サイズ(LxWxH)[mm]-
造形サイズ(LxWxH)[mm]228 x 128 x 260
Z軸精度[mm]-
積層ピッチ[mm]-
ピクセルサイズ[mm]0.0297
ピクセル数(XY)7680 x 4320
プリントスピード[mm/h]-
データ入力WiFi/Cable/USB
本体重量[kg]17
スライスソフト-
その他自動レジン供給機能
フリップ式UVカバー
取っ手付きレジンバット
レジン加熱機能
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

さらに、レジン加熱機能を搭載してパワーアップした最新機種が「Whale3 Ultra」です。

ヒーターが搭載されたことで、レジンを適温に保つことができます。気温が低く造形が失敗しやすい冬場はとくにうれしい機能ですね。

ちなみに、造形サイズや解像度はWhale 3シリーズで共通となっています。

4K3Dプリンター【Bene6】

モデル名Bene6
本体イメージproduct image
メーカーNOVA3D
本体サイズ(LxWxH)[mm]-
造形サイズ(LxWxH)[mm]143 x 89 x 180
Z軸精度[mm]-
積層ピッチ[mm]-
ピクセルサイズ[mm]0.035
ピクセル数(XY)4098 x 2560
プリントスピード[mm/h]-
データ入力-
本体重量[kg]-
スライスソフト-
その他
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

NOVA3Dのラインナップにおいて、中型サイズの3Dプリンターに位置するのが「Bene6」です。

同じ解像度4Kの3Dプリンターとしては、ELEGOO「Mars 3 Pro」がほぼ同等の造形サイズとなっています。

「Whale3 SE」と同様に、Wi-Fi対応している点は特徴的です。USBでデータのやり取りをしなくて良い点は、3Dプリントの手間削減に一役買ってくれるでしょう。

「Whale3 SE」の注目ポイント!
  • 4K解像度
  • ELEGOO「Mars 3 Pro」と同等の造形サイズ(143×89×180 [mm])
  • Wi-Fi対応でファイル転送の手間削減

エントリーモデルの2K3Dプリンター【Elfin3 Mini】

モデル名Elfin3 Mini
本体イメージproduct image
メーカーNOVA3D
本体サイズ(LxWxH)[mm]270 x 260 x 420
造形サイズ(LxWxH)[mm]120 x 68 x 150
Z軸精度[mm]0.01
積層ピッチ[mm]0.025-0.1
ピクセルサイズ[mm]0.05
ピクセル数(XY)1920 x 1080
プリントスピード[mm/h]18-39
データ入力WiFi/Cable/USB
本体重量[kg]7.3
スライスソ