【5連覇】みんなが買っている人気3Dプリンターランキング2024年5月版!(今すぐチェック!)

【CR-10 SE登場!】Creality CRシリーズ徹底比較!【CR-M4/CR-6/CR-10/CR-30】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、Creality3D社CRシリーズFDM方式3Dプリンターを徹底比較していきたいと思います。

Creality3D社はFDM・光造形方式の3Dプリンターを販売する企業です。FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターとして、EnderシリーズやCRシリーズ、Sermoonシリーズを展開しています。

今回取り上げるCRシリーズは、CrealityのFDM3Dプリンターの中でも高い性能をもつモデルが多数存在します。低価格が特徴的なEnderシリーズとは一線を画していますね。

CRシリーズだけでも多くのモデルが存在するので、購入する際にはしっかり比較をしておきたいもの。そこで今回は、2023年現在のCreality CRシリーズの各モデルにどのような違いがあるのか徹底比較していきます。

アップデート!

2023/12 最新の「CR-10 SE」実機レビューを公開しました!

それでは見ていきましょう!



Creality CRシリーズとは

出典:Creality

はじめに、Creality CRシリーズとはどんな3Dプリンターなのか、その特徴について確認しておきましょう。

ポイントを簡単にまとめると以下の通りです。

  • 低価格帯モデルよりもひとまわり高性能
  • 低価格帯モデルよりもちょっとお高め
  • 2色フィラメントモデルや、奥行方向無限大のベルトコンベア型モデルが存在

例えば、Ender-3シリーズの造形サイズは、ほとんどが幅・奥行きは22cm、高さは25〜27cm出会ったのに対し、CRシリーズはほとんどが幅・奥行き・高さのすべてが30cm以上です。オートレベリング機能もほぼ標準搭載となっています。

価格帯は5〜10万円程度です。Ender-3のようなもっとも安い価格帯よりはお値段が上がりますが、家庭用としても十分候補に入る価格帯ですね。

CRシリーズには、エントリーモデルでは物足りない方にぴったりの、ひとまわり高性能な3Dプリンターがそろっています。



【2023年版】Creality CRシリーズ一覧

各モデルにどのような特徴があるのか、注目モデルについて詳細を確認していきましょう!

CRシリーズ最速600mm/s!【CR-10 SE】

「Age of 3DP」のYouTubeチャンネルにて、わかりやすく実機レビューしています!

2023年8月に発表された「CR-10 SE」。

「K1」「K1 Max」と同等の

最大600mm/sというプリントスピードを実現

しています。密閉式ではない家庭用3Dプリンターとしては、他ブランドの機種と比較しても現状最速(2023年12月時点)。

「CRシリーズ」としては珍しく、220×220×265mm³というスタンダードな造形サイズとなっています。

その他にも、

  • X・Y軸ともにリニアレールを採用→高精度・高耐久
  • Gセンサー標準搭載→Input Shapingにより高速プリント時の振動を補正

といった優れた特徴が。以下の実機レビュー記事で詳しく解説しています!

クーポンやタイムセールを反映した価格はAmazonページをご覧ください!

産業用に迫る特大造形が可能!【CR-M4】

出典:Creality Store

2023年2月に詳細が公開された最新のCRシリーズ3Dプリンターが「CR-M4」です。詳細スペックを確認してみましょう。

モデル名CR-M4
本体イメージ
メーカーCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]655 x 700 x 865
造形サイズ(LxWxH)[mm]450 x 450 x 470
エクストルーダダイレクト
プリントスピード[mm/s]120
最大ノズル温度[℃]300
最大ヒートベッド温度[℃]100
組み立て-
プラットフォーム PCばね鋼
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉×
ディスプレイタッチ式
デュアルZ軸
データ入力USB drive
USB-C cable
RJ45 cable
Wi-Fi
本体重量[kg]22.48
スライスソフトCreality Print
Creality Slicer
Cura
その他デュアルY軸(リニア)
デュアル斜め支柱
デュアルスプールホルダ
マルチプリンター制御
出典公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

圧倒的な造形サイズが目を引く「CR-M4」。主な注目ポイントは以下のとおりです。

「CR-M4」の注目ポイント!
  • 産業用に迫る圧倒的な造形サイズ(450×450×470 [mm])
  • デュアルZ軸・Y軸・サポートロッド搭載による高い安定性
  • 最大ノズル温度300℃・ダイレクトドライブ式採用で幅広い材料に対応
  • 複数の「CR-M4」を一括制御可能で大量生産に対応

大型の造形サイズやマルチ3Dプリンターコントロールへの対応など、純粋な家庭用というよりも産業用に片足突っ込んだモデルと言って良いでしょう。

並の3Dプリンターでは出力できない大きなモノや、多くのパーツを大量に出力したい方はぜひ検討してみてください。

Creality「CR-M4」
created by Rinker
¥127,120 (2023/11/28 9:00:00時点)

クラウド印刷可能・AIカメラ搭載!【CR-10 Smart Pro】

続いてピックアップするのは、CR-10 Smart Pro

ひとことで言えば、全部入りのFDM方式3Dプリンターです。

オートレベリングやPEIプラットフォーム、デュアルZ軸といった最近のミドルレンジモデルでは「基本装備」となっている機能はもちろんのこと、以下のような注目機能が搭載されています。

  • Wi-Fi対応、クラウド連携リモートコントロール可能
  • AIカメラによるリモート・リアルタイムのプリント状況チェック
  • 暗い部屋でも安心の、意外と便利なLED照明

現状搭載できる機能は網羅しているのではないかという、まさに「全部入り」のモデルとなっています。

唯一の難点は、品薄で手に入りにくい状況となっていることです(2022年5月現在)。今後の在庫補充に期待しましょう。

2022年9月現在、Amazonにて購入が可能となっています!

CR-10 Smart Proが品薄のときは、Wi-Fi対応やCreality Cloudによるリモートコントロールに興味がある方は、旧モデルのCR-10 Smartの選択も検討しましょう。

造形サイズ・本体サイズは共通で、オプションとなる機能の必要性次第では十分選択肢に入ってきます。

CR-10 Smart Proがもつ特徴のうち、「AIカメラ」「ダイレクトドライブ」「PEIプラットフォーム」「LED照明」などは非対応なので、この点には注意しましょう。

CR-10 Smart



ベルトコンベアを採用した造形サイズ無限大モデル!【CR-30】

出典:Creality Store

最後に紹介するのは、ベルトコンベアを採用した注目モデルのCR-30です。

「ベルトコンベア採用ってどういうこと??」と思われるかもしれません。CR-30は、造形の土台となる部分がベルトコンベア式になっており、時間の経過にともなって造形されたもの(部分)が次々と流れていくのです。

出典:Creality

これにより、

  • 奥行方向に長さがあるもの
  • 同じ構造の連続プリント

が容易になるというメリットがあります。

中には実物大(?)とも言えるサイズのカッコいい剣を作ってしまう猛者もいるようですね。

ベルトコンベア式は他社製品にもなかなか見られないユニークなモデルです。通常の3Dプリンターでは作るのが難しい長さのあるものを作りたい方にとっては非常に有力な選択肢になるのではないでしょうか?

モデル名