【4/15予約開始】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【実機レビュー】ELEGOO Jupiter SEの使用感を徹底解説!大型光造形3Dプリンターの実力とは?【最大造形高さ30cm】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

ELEGOOの大型光造形3Dプリンター「Jupiter SE」について徹底解説&実機レビュー

していきます。

光造形3Dプリンターの「Marsシリーズ」や「Saturnシリーズ」で知られるELEGOO。2023年11月、新しい大型光造形3Dプリンター「Jupiter SE」を発表しました。

2021年に最初の「Jupiterシリーズ」3Dプリンター「Jupiter」が登場してから約2年。今回アップグレードして帰ってきた最新3Dプリンターは、いったいどのような特徴を備えているのでしょうか?

今回、ELEGOO様より実機をご提供いただきましたので、

「『Jupiter SE』ってどんな3Dプリンターなの?」

「大型の光造形3Dプリンターを探していて、「Jupiterシリーズ」が気になっている…!」

という方に向けて、

  • 「Jupiter SE」の特徴・従来機種との違い
  • 「Jupiter SE」を使った3Dプリントの魅力
  • 「Jupiter SE」のスゴいところ・気になるところ

について徹底解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック

【4/22まで】AmazonスマイルSALE開催中!セール対象かチェックしよう!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター19機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!


動画でレビューチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


それでは見ていきましょう!



ELEGOO「Jupiter SE」の特徴

実機レビューに入る前に、

「Jupiter SE」の特徴について確認

しておきましょう。

「特徴はいいから実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

大型光造形3Dプリンター「Jupiter SE」の特徴
  • おなじみの赤いUVカバーで再登場!【ハンドル付き】
  • 家庭用最大級!高さ30cmの大型造形サイズを実現!
  • 進化した自動レジン供給機能搭載!

それぞれの特徴について、サッと確認していきましょう。

おなじみの赤いUVカバーで再登場!【ハンドル付き】

メタルボディが特徴だった初代「Jupiter」とは異なり、ELEGOO光造形3Dプリンターでおなじみの赤いUVカバーが印象的な「Jupiter SE」。

初代「Jupiter」を見たことのある方であれば、新しい「Jupiter SE」をひと目見て、その外見に驚くことでしょう。

初代は黒いメタリックボディであったのに対し、「Jupiter SE」の筐体(UVカバー)は赤色。「Marsシリーズ」や「Saturnシリーズ」でもおなじみの、ELEGOOの伝統的な「赤」を取り入れて再登場したのです。

これに伴い、造形エリアへのアクセスも変更に。初代は前開きの扉でしたが、「Jupiter SE」は、これまた「Marsシリーズ」「Saturnシリーズ」と同様に、UVカバーをパカッと持ち上げるタイプとなっています。

とはいえ、大型「Jupiter SE」のサイズ感を考慮してのことか、両脇に持ち手が搭載されました。大型装置の取り扱いに不安な方も一安心でしょう。

メタリックで強固なフォルムであった初代に比べ、本体サイズがひと回り小さくなっている点もうれしいですね。

家庭用最大級!高さ30cmの大型造形サイズを実現!

出典:ELEGOO

「Jupiter SE」は、277.848×156.26×300mm³という、家庭用3Dプリンターとしては最大級の大型造形サイズが特徴の光造形3Dプリンターです。

家庭用として一般的なサイズの3Dプリンターではプリントが難しいモデルも一度でプリントすることが可能で、モデルを小さく分解してプリントする必要がなくなります。

「『Marsシリーズ』や『Saturnシリーズ』では造形サイズが足りない…!」

と困っている方は要注目の圧倒的なサイズを誇ります。

進化した自動レジン供給・回収機能搭載!

出典:ELEGOO

初代「Jupiter」に搭載されていた自動レジン供給機能が、「Jupiter SE」ではグレードアップ。新たに回収機能も搭載されています。

大型モデルのプリント時にレジン切れは大敵。足りなくなったら自動補充してくれるので、「頃合いを見てレジンを補充」する必要がなくなります。

さらに回収機能が付いたことで、大型のレジンバットから大量の残留レジンをボトルに戻す作業を強力にサポート

このあたりの使い勝手も、後半のレビューパートで詳しく解説していきます。

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック



「Jupiter SE」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Jupiter SE」の概要について述べてきました。ここからは、

「実際に使ってみてどうなのか?」

について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

「Jupiter SE」を開封し、中身を確認していきましょう!

ダンボールを開けると、

  • 3Dプリンター本体
  • ACアダプタ
  • マニュアル

が隙間なく詰まっています。圧倒的なサイズを除けば、このあたりの様子は中小型機種と変わらないようです。

UVカバーの内部に収納されているツールボックスの中身も、中小型機種と大差なし。基本的な工具類や消耗品がそろっています。

開封の様子は動画で詳しく紹介しています(YouTubeをチェックする)。

段ボールから取り出した「Jupiter SE」がこちら。

比較用に並べている2Lペットボトルが小さく見えますね。その大きさが実感できるのではないでしょうか?

「Jupiter SE」の注目ポイントをチェック!

プリントをはじめる前に、

「Jupiter SE」の注目ポイントをチェック

していきます。

UVカバーにハンドルを取り付け

before
after

大型の「Jupiter SE」は、UVカバーを持ち上げやすいようにハンドルを取り付けることができます。

配送時には装着されていないので、付属のネジを使ってユーザー側で取り付ける必要があります。

うれしいレーザー加工ビルドプレート

「Jupiter SE」のビルドプレートは、表面がレーザー加工されたタイプです。「Mars 4 Ultra」や「Saturn 3 Ultra」と同様ですね。

  • プリント品が定着しやすく
  • プリント後には取り外しやすい

個人的に気に入っている最近登場した機種の改善ポイントが、「Jupiter SE」にも採用されています。

自動レジン供給機能

注目の自動レジン供給機能もチェックしておきましょう。

この機能をオンにしておくと、プリントの開始前やプリント中に、自動で足りない分のレジンを補充してくれます。

補充には時間がかかるため、プリント開始前にはセンサー(上記動画右下にある2本のシルバーの部分)に達する程度にはレジンを満たしておくのがベター。

自動レジン回収機能

プリント完了後、片付けの際に重宝するこちらの機能。

大きなレジンバットを持って、すべてのレジンをボトルに戻すのは至難の業。一滴残らず回収してくれるわけではありませんが、以下のように傾けてあげることで大部分のレジンを(半)自動回収してくれます。

レジンバットを固定するネジを使って傾ける(取扱説明書に記載の方法)

3Dプリント実行!大型光造形3Dプリンターの実力は?

注目ポイントを押さえたところで、お待ちかねの3Dプリントを開始していきます!

定番のテストデータ「rook」をプリント!

まずは、同梱のUSBに保存されていた

「Rook」のデータを使って3Dプリント

していきます。ELEGOOの光造形3Dプリンターの定番モデルですね。

レジンには、ELEGOO「水洗いレジン(ホワイト)」を使用していきます。

チェスの駒であるルークをモチーフにした、内部にらせん階段、らせん構造をもつおもしろい3Dモデル。約3時間半のプリント時間を要しました。

大型の「Jupiter SE」を使って、親指ほどのサイズのモデルをたった1つプリントするのは、ちょっと贅沢。

ここからは、「Jupiter SE」の特大ボリュームを生かしたプリント例を見ていきましょう。

サイズを生かした大型の「ドラゴン」をプリント!

続いては、

「Jupiter SE」のサイズを生かした大型の「ドラゴン」をプリント

していきます(データ出典:Printables)。

高さが約27cmの大型モデルのため、1層あたりの厚さは0.1mmに設定しています(デフォルトは0.05mm)。これでもプリントに要する時間は10時間を超えます。

レジンは引き続きELEGOO「水洗いレジン(ホワイト)」を使用。

長時間のプリントにおいては、自動レジン供給機能が大活躍。途中でレジン切れを起こす心配がありません。夜通しプリントする場合でも安心して眠りにつくことができます。

ついに完成!「Jupiter SE」の造形領域をフルに使って、ドラゴンが姿を現したようです。

ビルドプレートを取り外してみると...

惜しい!右腕のサポート設定が甘かったようです...

その他の翼や足、顔周りの細かい部分は完璧だっただけに、非常に残念...

気を取り直して、サポート除去・洗浄したものがこちら。

これは素晴らしい!

大型モデルでありながら、歯や角、翼のシワといったディテールまで高精細に表現されています。

  • 「Jupiter SE」ならではの大型サイズ
  • 光造形の高精度

この2つが掛け合わされることで実現される、FDM顔負けの迫力と繊細さ。「Jupiter SE」の真骨頂と言って良いでしょう。

実機レビュー動画」では、動画でじっくり観察しています。



大面積を生かした「多パーツ同時プリント」

もう1つ、

大面積のビルドプレートを生かした「多パーツ同時プリント」

の例を見ていきましょう。

ドラゴンのような大型1個体とは打って変わって、上のスライス画像のように、多数の細かいパーツをたったの1回でプリントしていきます(データ出典:Thingiverse)。

使用するレジンはNOVA3D「水洗いレジン(グレー)」、層厚さは0.05mmでプリント。