【30cm超え】「Neptune 4 Plus」を実際に使って徹底解説!(詳細をチェック!)

【2024】SOVOL 3Dプリンター徹底比較!【SV07 Plus/SV07/SV06 Plus/SV06】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

SOVOLのFDM3Dプリンターについて徹底解説

していきたいと思います。

SOVOLは、FDM方式の3Dプリンターやフィラメント、フィラメント乾燥機を展開する中国の3Dプリンターブランドです。水色と黒色の特徴的なデザインで、見覚えのある方も少なくないでしょう。

この記事では、最近話題となったKlipper搭載、プリントスピード500mm/sを誇る「SV07 Plus」「SV07」をはじめとするSOVOLの3Dプリンターを徹底比較・解説していきます。

「あまり聞いたこと無いけど、SOVOLの3Dプリンターってどんな感じ?」

というSOVOL初心者の方が、

  • SOVOLはこれまでどのような3Dプリンターを発表してきたのか?
  • SOVOLの各3Dプリンターにはどのような特徴があるのか?

についてしっかり理解できる記事となっています。ぜひ最後までご覧ください。

それでは見ていきましょう!



3DプリンターブランドSOVOLとは

はじめに、

SOVOLとはどんな3Dプリンターブランドなのか

その特徴について確認しておきましょう。

FDM方式3Dプリンターを多数展開

SOVOLは

FDM方式3Dプリンターに特化した3Dプリンターブランド

です。公式ページにおいて、光造形3Dプリンターの記載はありません。

FDM3Dプリンターとしては、「SV01」、「SV02」のように「SV」の名を冠する機種を次々に発表しており、現在「SV07」「SV07 Plus」までの3Dプリンターが登場しています(2023年8月時点)。

Crealityにおける「Enderシリーズ」や「CRシリーズ」のように多数のシリーズを展開することはなく、「SV」以外のシリーズは存在していません。

SOVOLの3Dプリンター一覧(2023年8月時点)
  • 「SV07」「SV07 Plus」
  • 「SV06」「SV06 Plus」
  • 「SV05」
  • 「SV04」
  • 「SV03」
  • 「SV02」
  • 「SV01」「SV01 Pro」

(参考:3D Printers – Sovol3d

色とりどりのフィラメントも取扱中

FDM3Dプリンターを多数取り扱うことに伴い、

材料であるフィラメントも展開

しています。

材質としては「PLA」のみですが、

  • 単色だけでなく、2色や3色、レインボーといったカラフルなフィラメント

も多数取り扱っています。

フィラメント乾燥機やレーザー彫刻機といった周辺機器も

その他にも、SOVOLはFDM3Dプリンターに関連する

フィラメント乾燥機や、レーザー彫刻機といった定番の周辺機器も販売

しています。

フィラメント乾燥機は日本のAmazonでも手頃な価格で販売されており、なじみ深い方も少なくないのではないでしょうか?



【2023年版】SOVOL FDM方式3Dプリンター一覧

SOVOLの公式ホームページ(英語版)で確認できるFDM3Dプリンターは次の【7点】です(2023年8月時点)。

まずは、各3Dプリンターのスペックを一覧表で見てみましょう。

モデル名SV07SV07 PlusSV06SV06 PlusSV05SV04SV01 Pro
本体イメージproduct imageproduct imageproduct imageproduct imageproduct imageproduct image
メーカーSOVOLSOVOLSOVOLSOVOLSOVOLSOVOLSOVOL
本体サイズ(LxWxH)[mm]460 x 457 x 625632 x 532 x 735496.94 x 387.9 x 610.91538 x 488 x 707682.65 x 530.85 x 534.15653 x 625 x 803520 x 509 x 647
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 220 x 250300 x 300 x 350220 x 220 x 250300 x 300 x 340220 x 220 x 300300 x 300 x 400280 x 240 x 300
エクストルーダダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクトダイレクト
プリントスピード[mm/s]500500801508012080
最大ノズル温度[℃]300300300300260260260
最大ヒートベッド温度[℃]100100100100110100110
組み立て-半組み立て済-----
プラットフォーム両面PEIプレート両面PEIプレートPEIPEIFlexibleFlexibleFlexible
オートレベリング
フィラメントセンサ×-
停電時自動回復印刷-
密閉×××××××
ディスプレイタッチ式タッチ式ノブ式タッチ式ノブ式タッチ式タッチ式
デュアルZ軸×
データ入力USB
Wi-Fi
USB
Wi-Fi
SDカード
USB
-SDカード
USB cable
SDカードSDカード
USB
本体重量[kg]--913.9712.7159.8
スライスソフト-------
その他ノズルLED搭載ノズルLED搭載デュアルエクストルーダディスプレイ取り外し可能
フィラメント切り替え機能
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

一覧にしてみると、各モデルの違いや共通点が見えてきますね。

各モデルにどのような特徴があるのか、ここからは詳細を確認していきましょう!

Klipper搭載!最大500mm/sの高速3Dプリンター【SV07】

出典:YouTube「Best Entry Level Klipper 3D Printer Sovol SV07| Product Intro」

2023年に登場した「SV07」。

Klipperファームウェアを搭載し、最大プリントスピードは500mm/sに到達(推奨値は250mm/s)。タッチスクリーンも一新され、STLファイルのプレビューも可能になっています。

その他、興味深い多数のアップデートもなされています。上記の公式YouTube動画(約1分30秒)で「SV07」の魅力をざっと確認しておきましょう。

後述する他のSOVOL製3Dプリンターや、他ブランドの機種と比較した場合の、「SV07」の特徴的な点をまとめておきます。

「SV07」の特徴
  • Klipper搭載 → プリントスピード500mm/s、Wi-Fi接続、STLプレビュー等が可能
  • 最大ノズル温度300℃ → 幅広いフィラメントに対応可能
  • 両面PEIプレート採用 → 片面が傷ついても安心
  • エクストルーダにLED搭載 → 暗環境でもプリントの様子を確認可能
  • 本体下部に引き出し搭載 → ツールを収納可能

昨今流行りの高速3Dプリントを低価格で実現した「SV07」。日本のAmazonではクーポン込みで45,000円というお手頃価格となっています(2023年9月時点)。

【3/5まで】Amazon新生活セール開催中!セール対象かチェックしよう!

 



造形サイズが300×300×350mm³になって新登場【SV07 Plus】

出典:YouTube「Sovol SV07 Plus Bigger Klipper 3D Printer | Product Intro」

2023年8月に登場したSOVOLの最新3Dプリンター「SV07 Plus」。

プリントスピードや最大ノズル温度といった基本機能はそのままに、

「SV07」の造形サイズが220×220×250mm³→300×300×350mm³にアップグレード

したモデルとなっています。

造形サイズ以外で変更された機能はとくに見当たらないので、

  • エントリーサイズでOK → 「SV07」
  • ちょっと大きめサイズがほしい → 「SV07 Plus」

といった選択基準で良いでしょう。