【30cm超え】「Neptune 4 Plus」を実際に使って徹底解説!(詳細をチェック!)

【実機レビュー】ELEGOO Saturn 3 Ultraの実際に使って徹底解説!【12K光造形3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

ELEGOOの家庭用光造形方式3Dプリンター「Saturn 3 Ultra」について解説&実機レビュー

していきたいと思います。

2020年に登場したELEGOOの光造形方式3Dプリンターラインナップの1つである「Saturnシリーズ」。今回発表された「Saturn 3 Ultra」は、2023年に発表された最新の「Saturnシリーズ」3Dプリンターの1台です。

「Saturnシリーズ」として初の「Ultra」の名をもつ「Saturn 3 Ultra」。いったいどのような特徴がある3Dプリンターなのでしょうか?

今回、ELEGOO様より実機をご提供いただきましたので、

  • 「Saturn 3 Ultra」の特徴
  • 「Saturn 3 Ultra」実機の使用感
  • 「Saturn 3 Ultra」のスゴいところ・気になるところ

についてレビューしていきたいと思います!


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


それでは見ていきましょう!



ELEGOO 「Saturn 3 Ultra」の特徴

実機レビューに入る前に、

「Saturn 3 Ultra」の特徴について確認

しておきましょう。

「特徴はいいから実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

ELEGOO光造形3Dプリンター「Saturn 3 Ultra」の特徴
  • 充実ボリュームの「Saturnシリーズ」3代目
  • 「12K」&「19×24um」の超高解像度
  • 「Ultra」だけのプラスアルファ多数

主な項目について、それぞれ確認していきましょう。

充実ボリュームの「Saturnシリーズ」3代目

「Saturn 3 Ultra」は、

ELEGOOの中型光造形3Dプリンター「Saturnシリーズ」の3代目

です。ELEGOOの光造形3Dプリンターには、

  • 小型の「Marsシリーズ」
  • 中型の「Saturnシリーズ」
  • 大型の「Jupiterシリーズ」

という3つのラインナップが存在。そして、「Saturnシリーズ」の中でも、「Saturn 3 Ultra」は現時点で最新&最高のスペックを有する3Dプリンターです。

「Saturnシリーズ」登場の歴史
  • 3代目:「Saturn 3(2023)」「Saturn 3 Ultra(2023)」
  • 2代目:「Saturn 2(2022)」
  • 初代:「Saturn(2020)」「Saturn S(2021)」「Saturn 8K(2022)」

超高解像度「12K」&「19×24um」

3代目に共通する「Saturn 3 Ultra」最大の特徴は、

「12K」&「19×24um」の超高解像度

であることです。

光造形3Dプリンターの解像度は年々

  • ピクセル数増加
  • ピクセル微細化

を達成しており、「Saturn 3 Ultra」はついにピクセル数「12K」に到達。ピクセル数サイズ(XY)は19×24umに到達し、ELEGOOの光造形3Dプリンターとしては、現状最大解像度となっております(2024年2月時点)。

【Saturnシリーズ】ピクセル数の変遷
  • 「Saturn 3」「Saturn 3 Ultra」:11520×5120(12K)
  • 「Saturn 8K」「Saturn 2」:7680×4320(8K)
  • 「Saturn S」:4098×2560(4K)
  • 「Saturn」:3840×2400(4K)
【Saturnシリーズ】ピクセルサイズの変遷
  • 「Saturn 3」「Saturn 3 Ultra」:19×24um
  • 「Saturn 8K」「Saturn 2」:28.5um
  • 「Saturn S」:48.5um
  • 「Saturn」:50um

「Ultra」だけのプラスアルファ多数

出典:ELEGOO
出典:ELEGOO
出典:ELEGOO

そして、

「Ultra」だけのプラスアルファ機能

にも注目です。

  • Linux OS搭載で安定したデータ転送と高速な計算処理を実現
  • Wi-Fi対応で手動のデータ受け渡しが不要に
  • 4点レベリングと高速プリント可能なACF(フィルム)採用

無印の「Saturn 3」にはない先進的な機能が盛りだくさん。1万円程度の価格差で、利便性を向上させる魅力的な機能の数々を体験することが可能です。

以降の「実機レビュー」パートでも詳しく確認していきましょう。



「Saturn 3 Ultra」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Saturn 3 Ultra」の概要について述べてきました。ここからは、

「実際に使ってみてどうなのか?」

について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

「Saturn 3 Ultra」を開封し、中身を確認していきましょう!

ダンボールを開けると、

  • 3Dプリンター本体
  • ACアダプタ
  • マニュアル

が隙間なく詰まっています。

ツールボックスはUVカバーの内部に収納されていました。充電アダプタやWi-Fiアンテナ、空気清浄機といったパーツ以外の同梱品はこちら。

基本的な工具類や消耗品がそろっています。

以下に同梱品リストを記載しておきます。初心者の方は、他にそろえるべきものがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。

  • 取扱説明書
  • レベリングカード
  • Voxeldance Tangoアクティベーションカード
  • USB空気清浄機
  • USBメモリー
  • WiFiアンテナ
  • 六角レンチ
  • ACアダプタ
  • 予備ネジ
  • スクレーパー(プラ・金属)
  • ろうと
  • ゴム手袋
  • マスク

「Saturn 3 Ultra」の注目ポイントをチェック!

プリントをはじめる前に、

「Saturn 3 Ultra」の注目ポイントをチェック

していきます。

電源ボタン・USB差込口は本体側面

家庭用光造形3Dプリンターの使い勝手に関して、しばしば話題に上がる

  • 電源ボタン
  • USB差込口

の位置。

「Saturn 3 Ultra」に関しては、本体向かって右側面にまとめられております。個人的には、「Mars 4 Ultra」のように正面に配置されている方がうれしかったな、というのが正直なところ。

ミニ空気清浄機の差込口が2箇所(同梱は1つのみ)

「Saturn 3 Ultra」で特徴的な点が、USB式空気清浄機の差込口を2つもっているところ。「Marsシリーズ」等に比べて大きめのサイズであることから、空気清浄機を2つ設置できるようにしているのかもしれません。

ただし、同梱されているUSB式空気清浄機は1つのみ。必要性を感じる人は、別途追加の空気清浄機を購入しましょう。

3Dプリント実行!高解像度3Dプリンターの実力は?

開封&セッティングの詳細は「実機レビュー動画」を見ていただくとして、お待ちかねの3Dプリントを開始していきます!

スライスソフト「chitubox」の準備については、「Mars 4 Ultra」と同様です。こちらの記事で詳しく解説しているので、気になる方はご参照ください。

定番のテストデータ「rook」をプリント!

まずは、同梱のUSBに保存されていた

「rook」のデータを使って3Dプリント

していきます。ELEGOOの光造形3Dプリンターの定番モデルですね。

レジンには、ELEGOO「水洗いレジン(セラミックグレー)」を使用していきます。

チェスの駒であるルークをモチーフにした、内部にらせん階段、らせん構造をもつおもしろい3Dモデル。

当然ながらキレイにプリントできました。ビルドプレートがレーザー加工されていて、プリント品を取り外しやすいのも「Saturn 3 Ultra」の特徴です。

高速プリント設定ではないようで、この5cmほどのサイズでも約2時間半のプリント時間を要しました。

キャリブレーションモデル「AmeraLabs town」「Siraya Tech V5」をプリント!

続いては、

解像度・品質を確認するキャリブレーションモデルをプリント

していきます。

「Mars 4 Ultra」のときと同様に、

の2つをプリントしていきます。

前回はSK本舗の高解像度3Dプリンター向けレジンである「SK10K水洗いレジン(ネオクリアー)」を使いましたが、今回は上記のELEGOO「水洗いレジン(セラミックグレー)」を使用。

AmeraLabs town

Siraya Tech V5

細い構造・細かいパターンまで精度高くプリントされていますね!うまくプリントされていないのは、

  • AmeraLabs townの最も細いピラー
  • Siraya Tech V5の最も小さい円形構造(凹)

くらいでしょうか。

テストモデルの品質は「実機レビュー動画」で詳しく観察しています。

解像度が重要なlithophaneはキレイにプリントできる…?

最後に、

解像度が美観に大きな影響を与えるlithophane(リソファン)

をプリントしていきます。

ChatGPTで使用できる画像生成AI「Dall-E3」を使用して生み出した画像をもとにして作成したLithophane(リソファン、リトファン)、果たしてどの程度のクオリティでプリントできるのでしょうか?

生成された画像とともに確認してみましょう...!

画像生成AI「Dall-E3」を用いて生成した画像
「Saturn 3 Ultra」でプリントしたリソファン

いかがでしょうか?美しい花々が浮き上がる素敵なリソファンがプリントされましたね!細部まで元画像とそっくりです。

おまけに、実際に撮影した風景画像もリソファン化してみました。