【先行セール開催中!】Amazonプライムデー2024で購入すべき3Dプリンター関連商品とは?(今すぐチェック!)

【Kobra 3 Combo登場】Anycubic Kobraシリーズ徹底比較!【マルチカラー/Kobra 2/Pro/Plus/Max】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

Anycubicの家庭用FDM方式3Dプリンター「Kobraシリーズ」について解説

していきたいと思います。

Anycubicは家庭用3Dプリンターの有名企業です。FDM方式の「Megaシリーズ」や光造形方式の「Photonシリーズ」をご存知の方も多いでしょう。

そんなAnycubicのFDM方式3Dプリンターの中で、現在メインとなっているのが「Kobraシリーズ」。2022年の登場以来、多数の人気3Dプリンターがリリースされています。

今回は、

「『Kobraシリーズ』の特徴は?」

「『Kobraシリーズ』の最新機種はどれ?」

という方のために、

  • 「Kobraシリーズ」全機種の特徴解説
  • 「Kobraシリーズ」全機種のスペック比較

を行っていきたいと思います。ぜひ3Dプリンター選びの参考にしてみてください。

【2024/6 アップデート】最新機種「Kobra 3 Combo」が登場しました!(詳細にジャンプ

それでは見ていきましょう!

国内代理店SK本舗にて早期予約開始(台数限定)!



Anycubic Kobraシリーズの特徴は?

マルチカラー対応の「Kobra 3 Combo」

はじめに、

「Kobraシリーズ」とはどんな3Dプリンターなのか?

その特徴について確認しておきましょう。

2022年に初登場の家庭用FDM3Dプリンターシリーズ

「Kobraシリーズ」は、2022年に初登場となったAnycubicの家庭用FDM3Dプリンターラインナップ。

Anycubicが2021年以前に展開していた「Megaシリーズ」や「Vyper」から一新されています。

スタンダードなサイズから中・大型まで幅広いサイズ・性能の機種が取りそろえられています。

  • スタンダードサイズ:「無印」「Neo」「Go」「Pro」
  • 中〜大型:「Plus」「Max」

密閉なし・高コスパのベッドスリンガーFDM3Dプリンター

「Kobraシリーズ」に共通する構造上の特徴を見ていきましょう。

  • 密閉なし(造形エリアが開放されている、筐体で覆われていない)
  • ベッドスリンガータイプ(プリントの土台であるベッドが前後にスライドするタイプ)
  • カーテシアン(XYZ軸が独立制御される。CoreXZ等ではない)

全機種が、一般的に想像される「家庭用の3Dプリンター」のイメージに合致したモデルです。

昨今家庭用としても普及しつつある「密閉」「CoreXY(CoreXZ)」といった構造は採用していません。着実なアップグレードを果たしながらも、あくまでも家庭用として導入しやすい「低コスト」を維持している印象があります。

2024年最新は高コスパマルチカラー機種「Kobra 3 Combo」

「密閉なし」「ベッドスリンガー」「カーテシアン」という、家庭用FDM3Dプリンターとして伝統的な構成を維持しながらも、着実なアップグレードを遂げる「Kobraシリーズ」。

なかでも、最新機種の「Kobra 3 Combo」は最大8色のマルチカラー3Dプリントに対応。詳しくは後述しますが、乾燥機能付きという際立った特徴をもつマルチカラーエンジン「ACE Pro」を携えて、「Kobra シリーズ」の新章開幕となりました。



【2024】Anycubic「Kobraシリーズ」全機種の詳細解説

「Kobraシリーズ」は、現在までに

  • 「Kobra 3シリーズ」(2024年)
  • 「Kobra 2シリーズ」(2023年)
  • 「Kobraシリーズ」(2022年)

の「3シリーズ」「11機種」が発表されています(2024年6月時点)。

ここからは、

「Kobraシリーズ」全機種の特徴を確認

していきましょう!

「Kobraシリーズ」全機種のスペック一覧が気になる方は、該当項目までジャンプしてください。

2024年最新のマルチカラーFDM3Dプリンター【Kobra 3 Combo】

「Age of 3DP」のYouTubeチャンネルにて、わかりやすく実機レビューしています!

2024年上半期に登場した「Kobra 3 Combo」は、Anycubic初のマルチカラー3Dプリンター。

3Dプリンター本体の「Kobra 3」と、1台あたり最大4色のフィラメントを格納できるマルチカラーエンジン「ACE Pro(Anycubic Color Engine Pro)」を連携させることで、マルチカラープリントを実現しています。

「Kobra 3」単体として見ても、

  • 最大プリントスピード:600mm/s(「Kobra 2シリーズ」は最大500mm/s)
  • 最大ノズル温度:300℃(「Kobra 2シリーズ」は最大260℃)
  • 「ノズルクリーナー」「LED」新搭載

等のアップグレードを果たしています。

加えて、マルチカラーエンジン「ACE Pro」は、長時間のマルチカラープリントで気になるフィラメントの吸湿を防ぐ、乾燥機能を搭載。他社のマルチカラー対応機種を含めても珍しい要注目機能です。

高速&高コスパの優秀モデル!【Kobra 2】

出典:YouTube「Anycubic Kobra 2 Brings a 5 Times Speed at an Affordable Price | Print Fast. Pay Less.」

2023年5月に発表された「Kobra 2」。

その最大の特徴は、

低価格帯ながら最大300mm/sという高速プリントを実現

している点にあります。昨今の「高速プリント」のトレンドをコスパ高く実現し、より多くの人が手に取ることができるという点で優れた機種だと言えるでしょう。

新FDM3Dプリンター「Kobra 2」の特徴
  • 「5倍」高速なFDM3Dプリンター!
  • オートレベリング機能がアップグレードされ、手動調整不要に!
  • 低価格なのに便利機能はしっかり網羅!



高速&最安モデル【Kobra 2 Neo】

出典:YouTube「Anycubic Kobra 2 Neo | Speed up, Catch up」

「Kobra 2 Neo」の特徴は、

もっとも価格が安い「コスパ最強」高速3Dプリンター

という点です。250mm/sという高速3Dプリントを実現しながら、一部コストカットされている点に特徴があります。

コストカットに伴う、他の「Kobra 2シリーズ」との主な違いは以下のとおりです。

  • ノブ式スクリーン採用(他機種はすべてタッチ式)
  • フィラメント切れ検知センサーの標準搭載なし(他機種はすべて標準搭載)
  • Z軸は1軸(他機種はすべて2軸)
  • データ入力はmicroSD(「Kobra 2」を除く他機種はUSB)

高速3Dプリンターを低価格で提供する以上、一部機能を低グレードにすることはやむを得ないことかと思います。「Kobra 2 Neo」を選択する方は頭に入れておきましょう。

Amazonプライムデー先行セール開催中!対象商品になっているかチェックしよう!