Anycubic Photon最新機種Mono X 6K/Mono 4Kについて解説!

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、Anycubic社の家庭用光造形3DプリンターPhotonシリーズの最新機種Photon Mono X 6K / Photon Mono 4Kについて解説していきたいと思います。

Anycubic社はFDM(FFF)方式の3Dプリンターも販売する家庭用3Dプリンターの有名企業で、手頃な価格と高い品質で人気を博しています。

そんなAnycubicから、Photonシリーズの最新モデルPhoton Mono X 6KとPhoton Mono 4Kが登場しました。Anycubicならではの手頃な価格はそのままに、様々な面で性能が向上している2つのモデルについて徹底解説していきます!

この記事を読んでわかること
  • Mono X 6KとMono 4Kの違いは?
  • 現行モデルと比べてどこがスゴい?
  • 販売時期についての情報は?

それでは見ていきましょう!



Photon Mono X 6K / Mono 4Kの特徴は?現行モデルと徹底比較!

Mono Xの後継機種!Anycubic Photon Mono X 6K

出典:https://www.anycubic.com/products/photon-mono-x-6k

最初に登場するのは、Photon Mono Xの後継機種であるPhoton Mono X 6K

まずはこの2つの機種のスペック比較表を確認していきましょう。注目スペックは太文字で記載しています。

モデルMono XMono X 6K
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]192×120×245197×122×245
ピクセル数3840×2400(4K)5760×3600(6K)
解像度(XY) [mm]0.0500.034
Z軸精度 [mm]0.01
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.15
プリントスピード [mm/時間]Max 60Max 80
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]290×270×475290×270×475
実勢価格(2022年3月時点)約56,000
〜73,000円
約77,000〜93,000円
備考・4KモノクロLCD
・UV放熱システム
・アプリWiFi接続
・6KLCD
・LAN接続
画像、スペックはAnycubic公式ページより引用。インチ単位で記載されているものは適宜mm換算している。情報のない項目は”-“で示している。

なんといっても目を引くのはそのピクセル数。XY面内で5760×3600の6Kという圧倒的な数値となっています。

ピクセル数が4Kから6Kに増えたにも関わらず、造形サイズには大きな変化がありません。これは、ピクセルサイズ(解像度(XY))が0.050mm→0.034mmへと小さくなっているためです。ピクセルサイズが小さくなると、より細かい構造を形作ることができるようになります。

一方、ピクセル数が50umのままであれば、6Kのピクセル数によって、より大きな造形サイズが実現できたことになります。表を見てわかるように、造形サイズ自体にはほとんど変化がなく、「大型の3Dモデルを作りたい!」という方にとっては残念なお知らせになるでしょう。今回のバージョンアップは、造形サイズアップではなく、より細かい3D構造の造形が可能になったことがポイントです。

今までの光造形3Dプリンターよりも細かいところまで、そこそこ大きいサイズでプリントしたい!」という方にはこれ以上ない3Dプリンターであると言えるでしょう。

ここがポイント!
  • ピクセル数増(4K→6K)
  • XY解像度向上(0.050mm→0.034mm)
  • プリントスピード高速化(Max 60mm/h→80mm/h)



Monoの後継機種!Anycubic Photon Mono 4K

出典:https://www.anycubic.com/collections/3d-printers/products/photon-mono-4k

続いて紹介するのはPhoton Monoの後継機種であるPhoton Mono 4K

この2つの機種のスペック比較表を確認していきましょう。注目スペックは太文字で記載しています。

モデルMonoMono 4K
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]130×80×165132×80×165
ピクセル数2560×1620(2K)3840×2400(4K)
解像度(XY) [mm]0.0510.035
Z軸精度 [mm]0.01
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.15
プリントスピード [mm/時間]Max 50Max 50
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]227×222×383227×222×383
実勢価格(2022年3月時点)約25,000
〜30,000円
約42,000円
備考・2KモノクロLCD
・4KLCD
画像、スペックはAnycubic公式ページより引用。インチ単位で記載されているものは適宜mm換算している。情報のない項目は”-“で示している。

こちらもポイントは解像度。Photon Monoが2K(2560×1620)であったのに対し、新モデルPhoton Mono 4Kはその名の通り4K(3840×2400)となっています。

そして、こちらもさきほどのPhoton Mono XとPhoton Mono X 6Kの違いと同様に、ピクセルサイズ(解像度(XY))が0.051mm→0.035mmへと小さくなっています。これにより、Photon Mono X 6K同様、より細かい造形が可能になります。ピクセルサイズの縮小傾向は光造形3Dプリンターのトレンドと言えるかもしれません。

また、やはり造形サイズにはほとんど変化がありません。こちらも、ピクセル数が増えた一方で、ピクセルサイズが縮小したためです。Photon Mono X→Photon X 6Kのバージョンアップ同様、造形サイズはそのままに、より細部まで細かく3D形状を造形できるというところがポイントと言えるでしょう。

ここがポイント!
  • ピクセル数増(2K→4K)
  • XY解像度向上(0.051mm→0.035mm)



Anycubic Photonシリーズ一覧!スペックから価格まで一斉比較!

最後に、現行機種から最新モデルまで、Anycubic Photonシリーズのスペック・価格について一覧で確認してみましょう。

モデルSMono SEMonoMono 4KMono XMono X 6K
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]115×65×165130×78×160130×80×165132×80×165192×120×245197×122×245
ピクセル数2560×1440(2K)2560×1620(2K)2560×1620(2K)3840×2400(4K)3840×2400(4K)5760×3600(6K)
解像度(XY) [mm]0.0470.0510.0510.0350.0500.034
Z軸精度 [mm]0.001250.010.010.010.010.01
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.025-0.10.01-0.150.01-0.150.01-0.15
プリントスピード [mm/時間]2080Max 50Max 50Max 60Max 80
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]230×200×400220×200×400227×222×383227×222×383270×290×475290×270×475
実勢価格約16,000円約35,000
〜46,000円
約25,000
〜30,000円
約42,000円約56,000
〜73,000円
約77,000〜93,000円
備考・活性炭脱臭機能
・2KモノクロLCD
・UV放熱システム
・アプリWiFi接続
・2KモノクロLCD
・4KLCD・4KモノクロLCD
・UV放熱システム
・アプリWiFi接続
・6KLCD
・LAN接続
画像、スペックはAnycubic公式ページより引用。インチ単位で記載されているものは適宜mm換算している。情報のない項目は”-“で示している。

価格・サイズ・解像度といった様々な条件によって、選ぶべきモデルは人それぞれです。

ぜひ一覧表を参考に、好みのモデルを探してみてください!



おわりに:最新モデルがついに販売開始!

今回は、Anycubic社の家庭用光造形3DプリンターPhotonシリーズの最新機種Photon Mono X 6K / Photon Mono 4Kについて解説しました。

最後に、最新モデルの販売時期情報を紹介して締めくくりたいと思います。

Anycubicの公式ページによれば、Photon Mono X 6KとPhoton Mono 4Kともに、日本における販売時期は発表されていません(2021年12月現在)。

現在、Photon Mono X 6KとPhoton Mono 4Kはpre order(予約注文)の段階です。残念ながら日本は対象になっていませんが、すでにUS(アメリカ)などの地域には発送開始されているようです。

日本への発送開始は未定ですが、新しく情報が入り次第、本メディアでも発信していきたいと思います。首を長くして発売を待ちましょう…!

今か今かと待ち望んでいたAnycubic Photon Mono X 6K / Photon Mono 4Kも、ついにAmazonや楽天にて販売が開始されたようです(2022年3月現在)。

「最新スペックの家庭用光造形3Dプリンターを使ってみたい!!」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね!