【ELEGOO&Anycubic】光造形3Dプリンターおすすめモデルを徹底比較!

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、おすすめの家庭用光造形3Dプリンターの中から、ELEGOO MarsシリーズとAnycubic Photonシリーズを徹底比較していきます

ELEGOO Marsシリーズ・Anycubic Photonシリーズは、どちらもリーズナブルな価格帯の光造形3Dプリンターを多数発売しており、初心者から上級者まで幅広い人気を集めています。

そんな両シリーズですが、スペックや価格帯が似た3Dプリンターが多く、「ELEGOO MarsとAnycubic Photonはどっちを選んだらいいの!」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はELEGOO MarsシリーズとAnycubic Photonシリーズの中から同等のスペックをもつ3Dプリンターを、スペック・実勢価格の観点から徹底比較していきます。どの3Dプリンターを購入すればよいか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること
  • Mars ProとPhoton Sのスペック・実勢価格比較
  • Mars 2とPhoton Monoのスペック・実勢価格比較
  • Mars 2 ProとPhoton Mono SEのスペック・実勢価格比較
  • Mars 3とPhoton Mono Xのスペック・実勢価格比較

それでは見ていきましょう!



ELEGOO Marsシリーズ&Anycubic Photonシリーズ一覧

同等モデルの比較に入る前に、2021年12月時点、Amazon・楽天などで購入可能なELEGOO MarsシリーズとAnycubic Photonシリーズを一覧で見てみましょう。

ELEGOO Marsシリーズ

まずはELEGOO Marsシリーズから見ていきます。2021年現在、Amazonなどから日本で購入できるMarsシリーズの3Dプリンターは以下の5つです。

モデルMarsMars ProMars 2Mars 2 ProMars 3
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]120×68×155115×65×150129×80×150129×80×160143×89.6×175
ピクセル数2560×1440(2K)2560×1440(2K)2560×1620(2K)2560×1620(2K)4098×2560(4K)
解像度(XY) [mm]0.0470.0470.050.050.035
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.20.01-0.20.01-0.20.01-0.20.01-0.2
プリントスピード [mm/時間]22.522.530-5030-50(1.5-3 秒/層)
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]200×200×410200×200×410200×200×410200×200×410227×227×438.5
実勢価格(2021年11月時点)-20,000円23,500円31,500円40,000円
備考・活性炭脱臭機能・2KモノクロLCD・2KモノクロLCD
・活性炭脱臭機能
・予備FEPフィルム×2
・4KモノクロLCD
・Chitubox Pro 1年間無料体験付き
画像、スペックはELEGOO公式ページより引用。インチ単位で記載されているものは適宜mm換算している。

Anycubic Photonシリーズ

続いてはAnycubic Photonシリーズです。2021年現在、Amazonなどから日本で購入できるMarsシリーズの3Dプリンターは以下の4つです。

モデルSMono SEMonoMono X
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]115×65×165130×78×160130×80×165192×120×245
ピクセル数2560×1440(2K)2560×1620(2K)2560×1620(2K)3840×2400(4K)
解像度(XY) [mm]0.0470.0510.0510.050
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.025-0.10.01-0.150.01-0.150.01-0.15
プリントスピード [mm/時間]2080Max 50Max 60
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]230×200×400220×200×400227×222×383290×270×475
実勢価格(2021年11月時点)約16,000円約35,000
〜46,000円
約25,000
〜30,000円
約56,000
〜73,000円
備考・活性炭脱臭機能
・2KモノクロLCD
・UV放熱システム
・アプリWiFi接続
・2KモノクロLCD
・4KモノクロLCD
・UV放熱システム
・アプリWiFi接続
画像、スペックはAnycubic公式ページより引用。インチ単位で記載されているものは適宜mm換算している。

MarsとPhotonどっちがおすすめ?スペック・価格別比較!

ELEGOO Marsシリーズ、Anycubic Photonシリーズを一通り確認したところで、両シリーズの同等モデルを比較していきましょう!

スペック・価格を比較して、「ココに注目!」というポイントもピックアップしていきます。

Mars Pro / Photon S

ELEGOO Mars Pro

Anycubic Photon S

まずはMars ProとPhoton Sの比較です。両者のスペックを比較表で確認していきましょう。

モデルMars ProPhoton S
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]115×65×150115×65×165
ピクセル数2560×1440(2K)2560×1440(2K)
解像度(XY) [mm]0.0470.047
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.20.025-0.1
プリントスピード [mm/時間]22.520
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]200×200×410230×200×400
実勢価格(2021年12月時点)約35,000円約19,000〜25,000円
備考・活性炭脱臭機能・活性炭脱臭機能
画像、スペックはELEGOO公式ページAnycubic公式ページより引用。インチ単位で記載されているものは適宜mm換算している。

この両者の最大のポイントは価格でしょう。型落ちと言っても良いモデルなので、Photon Sは2万円を下回る低価格で購入できる場合も少なくありません。

同時に、品薄で入手が難しい場合もあります。Mars Proは執筆時点ではAmazonで確認できませんでした。

ココに注目!
  • Photon Sは2万円以下でも購入可能な場合あり!
  • Mars Proは品薄

Mars 2 / Photon Mono

ELEGOO Mars 2

Anycubic Photon Mono

続いて、Mars 2とPhoton Monoを比較していきましょう。

どちらも十分なスペックをもちながら、3万円以下で購入できる手頃な本体価格です。価格とスペックの両方に秀でたコスパ最強モデルとして、初心者にもおすすめです。

モデル名Mars 2Photon Mono
本体イメージ
メーカーELEGOOAnycubic
本体サイズ(LxWxH)[mm]200 x 200 x 410227 x 222 x 383
造形サイズ(LxWxH)[mm]129 x 80 x 150130 x 80 x 165
Z軸精度[mm]0.001250.01
積層ピッチ[mm]0.01-0.20.01-0.15
ピクセルサイズ[mm]0.050.051
ピクセル数(XY)2560 x 16202560 x 1620
プリントスピード[mm/h]30-50Max 50
データ入力USBUSB
本体重量[kg]6.24.5
スライスソフトChituBoxPhoton workshop
その他
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

両者の違いですが…

ほとんどありません!

比較表を見ていただければわかるように、どのスペックを見てもほとんど誤差レベルです。

強いて挙げるとすれば、「造形サイズ」や「本体サイズ」が若干Photon Monoの方が大きいくらいでしょう。

メーカーのこだわりがなければ、見た目(色)やご自身の購入時期に安く購入できる方で良いのではないかと思います。

ココに注目!
  • Mars 2とPhoton Monoはスペック・価格ともにほとんど違いなし!
  • 見た目(色)や購入時価格で判断してOK!



Mars 2 Pro / Photon Mono SE

ELEGOO Mars 2 Pro

Anycubic Photon Mono SE

続いては、Mars 2 ProとPhoton Mono SEの比較です。

これら2モデルも一見かなり似通っていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

モデル名Mars 2 ProPhoton Mono SE
本体イメージ
メーカーELEGOOAnycubic
本体サイズ(LxWxH)[mm]200 x 200 x 410220 x 200 x 400
造形サイズ(LxWxH)[mm]129 x 80 x 160130 x 78 x 160
Z軸精度[mm]0.001250.01
積層ピッチ[mm]0.01-0.20.01-0.15
ピクセルサイズ[mm]0.050.051
ピクセル数(XY)2560 x 16202560 x 1620
プリントスピード[mm/h]30-50Max 80
データ入力USBUSB
本体重量[kg]6.28.2
スライスソフトChituBoxPhoton workshop
その他消臭機能付き
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

両者の主な違いは、「プリントスピード」「価格」です。

Photon Mono SEの特徴はそのプリントスピードにあります。現時点でELEGOO MarsシリーズとAnycubic Photonシリーズすべての光造形プリンターを含めた中で最速の80mm/hです。1層ごとに樹脂を固めていく光造形3Dプリンターは、造形に数時間〜半日程度かかってしまいます。プリントスピードは重要なスペックであり、最速のPhoton Mono SEはかなり魅力的な選択肢となります。

プリントスピードが速いこともあり、価格はPhoton Mono SEの方が5,000〜10,000円ほど高いです。プリントスピード以外のスペックがほとんど変わらないことを考えると、Mars 2 Proを選びたいという方も多いのではないでしょうか?

ちなみにPhoton Mono SEの筐体は金属製です。また、WiFi経由のコントロールが可能な点もMars 2 Proにはない機能です。主要な観点ではありませんが、このようなオプションも踏まえて価格とにらめっこして判断しましょう。

ココに注目!
  • プリントスピードを重視するならPhoton Mono SEで決まり!
  • Mars Pro 2のほうが5,000〜10,000円安い!

Mars 3 / Photon Mono X

ELEGOO Mars 3

Anycubic Photon Mono X

最後はMars 3とPhoton Mono Xの比較です。現時点でのMarsとPhoton両者の最上位4Kモデルの頂上決戦です。

購入の決め手となるのはどのようなポイントなのでしょうか?確認していきましょう。

モデル名Mars 3Photon Mono X
本体イメージ
メーカーELEGOOAnycubic
本体サイズ(LxWxH)[mm]227 x 227 x 438.5290 x 270 x 475
造形サイズ(LxWxH)[mm]143.43 x 89.6 x 175192 x 120 x 245
Z軸精度[mm]0.001250.01
積層ピッチ[mm]0.01-0.20.01-0.15
ピクセルサイズ[mm]0.0350.05
ピクセル数(XY)4098 x 25603840 x 2400
プリントスピード[mm/h](1.5-3s)Max 60
データ入力USBUSB
本体重量[kg]5.210.75
スライスソフトChituBoxPhoton workshop
その他
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

4K光造形3Dプリンターという点では必ず比較対象になるMars 3とPhoton Mono Xですが、よく見ると各スペックは異なる点が多いことがわかります。

まずは、「造形サイズ」「解像度(XY)」です。

Photon Mono Xの方が幅、奥行き、高さの全てにおいて上回ります。高さはMars 3のおよそ1.5倍です。一方で、解像度(XY)はMars 3のほうが小さく、より細かい構造の造形に有利であることを示します。

4K3Dプリンターで大きいものを作りたい人はPhoton Mono X、ディテールにこだわった造形がしたい人はMars 3が選択肢となるでしょう。

もう一つの違いは、「価格」です。Mars 3が4万円ほどのお手頃価格であるのに対し、Photon Mono Xは約56,000〜73,000円です。この価格差は皆さんの選択に大きな影響を与えるのではないでしょうか?

とはいえ、安い時期にはAmazonにて56,000円ほどで購入できます。「どうしてもPhoton Mono Xがほしい!」という方は、タイミングを見計らって購入するのもアリかもしれませんね。

ココに注目!
  • 大きいものを作りたい人はPhoton Mono X、細部のクオリティにこだわりたい人はMars 3
  • Mars Pro 3のほうが16,000〜33,000円安い!



【まとめ】スペックと価格をしっかりチェックしてから購入を!

今回は、おすすめの家庭用光造形3DプリンターELEGOO MarsシリーズとAnycubic Photonシリーズを徹底比較してきました。

同等のスペックをもつ両シリーズのモデルであっても、比較してみると意外と異なる特徴が見られることがわかったのではないでしょうか?

みなさんの用途・予算にあわせて好みの光造形3Dプリンターを選んでみてください!