【先行セール開催中!】Amazonプライムデー2024で購入すべき3Dプリンター関連商品とは?(今すぐチェック!)

【2024年7月版】Amazonプライムデーでゲットしたい3Dプリンター関連おすすめ商品

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、2024年7月16日〜17日に開催される、Amazonプライムデーで注目の3Dプリンター関連商品について紹介していきます。(先行セールは7/11から

言わずと知れた、年に一度のビッグセール。最大15%のポイント還元や、セール商品をお得にゲットできるAmazonの「お祭り」期間です。

本体の購入や、フィラメント・レジンといった材料・消耗品の補充など、扱う上で何かとお金がかかる3Dプリンター。少しでもお得に購入したいもの。

「プライムデーまで待ってから3Dプリンターを購入しようと思っていた!」

「せっかくお得に買える機会だし、気になっていた3Dプリンターを買おうかな?」

そう考えている方も多いことでしょう。筆者の周りでも、例年3Dプリンターデビューする人の多いタイミングです。

この記事では、2024年7月のAmazonプライムデーでゲットしておきたい3Dプリンター関連製品について紹介していきます。初心者の方のための家庭用3Dプリンターに関する簡単な解説や、賢いお買い物の方針についても解説していきます。

「あれも買っておけばよかった!」

という後悔のないように、ぜひ最後までチェックしてみてください。

【3Dプリンターユーザー向け】プライムデー攻略のポイント!
  • 「ポイントアップ」「セール」を活用しよう
  • レジンやフィラメントをイッキに補充しておこう
  • 2次硬化機やフィラメント乾燥機もこの機会にそろえてしまおう

それでは見ていきましょう!

ウノケン
ウノケン

X(旧Twitter)では、3Dプリンターに関するプライムデー情報をリアルタイムでポストしていく予定です!ぜひフォローしてお得情報を見逃さないようにしてくださいね!



  1. はじめに:2024年Amazonプライムデーの基本情報
    1. 2024年Amazonプライムデーの開催期間
    2. 2024年Amazonプライムデーはどれくらいお得になる?
    3. 2024年Amazonプライムデーの前に準備しておくこと
  2. 【初心者向け】家庭用3Dプリンターの基礎知識
    1. 3Dプリンターとは
    2. 家庭用3Dプリンターには2種類ある
  3. プライムデーで3Dプリンター関連製品を購入するオススメの方針
    1. 価格の高い3Dプリンター本体をお得にゲット!
    2. 馬鹿にできない材料(レジン・フィラメント)をまとめて補充!
    3. 先送りにしていた消耗品・周辺機器もこの機会に揃えておこう!
  4. 2024年Amazonプライムデーでおすすめの3Dプリンター本体
    1. 【FDM3Dプリンター】Creality「Ender-3 V3 KE」
    2. 【FDM3Dプリンター】Bambu Lab「A1 mini」
    3. 【光造形3Dプリンター】ELEGOO「Mars 4 Ultra」
    4. 【光造形3Dプリンター】ELEGOO「Saturn 3 Ultra」
    5. 「もっといろいろ比較したい!」人はツール・実機レビュー動画も活用しよう
  5. 2024年Amazonプライムデーでおすすめのフィラメント・光造形レジン
    1. 【FDM】Creality「Hyperシリーズ PLA(ホワイト)」
    2. 【光造形】ELEGOO「水洗いレジン」
    3. 【光造形】SK本舗「10K水洗いレジン(Neo Clear)」
  6. 2024年Amazonプライムデーでおすすめの3Dプリンター周辺機器
    1. 【フィラメント乾燥機】Creality「Space Pi Plus」
    2. 【2次硬化機】ELEGOO「Mercury Plus 2.0」
    3. 【3Dスキャナー】Revopoint「MINI 2」
  7. まとめ 〜かしこくプライムデーを活用しよう〜

はじめに:2024年Amazonプライムデーの基本情報

出典:Amazon

2024年Amazonプライムデーの開催期間

2024年のAmazonプライムデー開催期間は、

2024年7月16日(火)0時〜17日(水)23時59分までの48時間

です。2日間という比較的短い期間に集中的にセールが行われるという特徴があります。

ただし、

2024年7月11日(木)0時〜15日(月)23時59分まで

の期間に、「プライムデー先行セール」も実施されます。

プライムデー先行セールでは、人気カテゴリーの一部商品が特別価格で提供されます。人気商品は「プライムデー先行セール」で売り切れてしまう可能性もあるので、気になる商品は7月11日(木)からチェックしておく必要があります。

先行セール(7/11 (木) 0時~7/15 (月) 23時59分)と、プライムデー(7/16 (火) 0時~7/17 (水) 23時59分)のどちらのセール期間中も、すべてのプライム会員のお客様に同じセール価格(セール期間中のみ表示)で、ご購入いただけます。
ただし、商品によっては、予告なく出品取りやめ、先行セール期間中に在庫切れになるケースがございますので、予めご了承ください。

出典:Amazon

2024年Amazonプライムデーはどれくらいお得になる?

3DプリンターユーザーがAmazonプライムデーを攻略するために押さえておくべきポイントは、次の2点です。

  • 最大15%のポイントアップキャンペーンに参加する
  • セール対象商品をお得にゲットする

プライムデーに伴う企画は、

  • プライムデー夏祭り
  • プライムデースタンプラリー

など多数存在しますが、「3Dプリンター関連商品をお得にゲットする」という観点では、上記の2つ(「ポイントアップキャンペーン」と「セール対象商品の購入」)をチェックしておけばOKです。

通常の「タイムセール祭り」(1〜2ヶ月に1度)では、最大10%ポイント還元の場合がほとんどです。年に1度のプライムデーは通常時より高い還元率でお買い物ができるチャンスです。

2024年Amazonプライムデーの前に準備しておくこと

「ポイントアップキャンペーン」と「セール対象商品の購入」の恩恵を最大限に受けるためには、いくつかの準備が必要です。プライムデー前にしっかり準備しておきましょう。

「プライム会員」になる

出典:Amazon

まず第一に、プライムデーに参加するには「プライム会員」であることが必要です。

プライムデーへの参加だけでなく、プライム会員は「お急ぎ便」や「プライムビデオ」、「Amazon Music」等のコンテンツが使い放題で、日頃からお世話になっている方ばかりでしょう。

まだ会員になっていないという方は、30日間の無料体験からはじめてみてください。

「ポイントアップキャンペーン」参加の準備

出典:Amazon

プライム会員がAmazonプライムデーの「ポイントアップキャンペーン」でポイント還元を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 「ポイントアップキャンペーン」にエントリーする
  • プライム会員に登録する(+3%)
  • Amazon Mastercardを使って購入する(+最大4%)
  • 「DIY・工具・園芸」等の対象カテゴリー商品を購入する(+8.0%)
  • 合計1万円以上の買い物をする

まず忘れてはならないのが、「キャンペーンへのエントリー」です。プライムデー開始前からエントリーできるので、早めにエントリーしておきましょう。

エントリー期間:2024年6月25日(火)14時〜7月17日(水)23時59分

「ポイントアップキャンペーン」は、7/11から開始の「プライムデー先行セール」期間の購入も対象になります。

そして、ごく一部の例外を除き、プライム会員であれば商品購入額の「3%」がポイント還元。さらに、Amazon Mastercardを使って支払いを行うと、「+最大4%」還元率がアップします。

以上で、合計の還元率は「7.0%」になります。購入商品が工具や園芸、スマートホーム等の対象カテゴリーに該当すれば、さらに「+8.0%」のポイント還元を受けられますが、

「3Dプリンター関連商品」に関しては、7.0%が最大の還元率になる

ことを理解しておきましょう。

3Dプリンター本体等は、「家電・カメラ・AV機器」や「産業・研究開発用品」カテゴリーに分類されている場合が多いです。

ただし、今回のAmazonプライムデーにおいては、3Dプリンターを使った作業に欠かせない工具類が大型ポイントアップの対象になっている点は要注目。必要な工具をイッキに揃えるうえで、見逃せないチャンスとなっています。

これらのポイント還元は、合計1万円以上のお買い物が条件となります。プライムデー期間内のAmazonにおける購入額が9,999円以下だとポイント還元の対象にならないので注意しましょう。

獲得ポイントの上限は10,000ポイントです。

  • 7.0%のポイント還元率を仮定 → ¥142,857の購入で到達
  • 3.0%のポイント還元率を仮定 → ¥333,333円の購入で到達

たっぷり買ってもポイント上限にはゆとりがあると思って良いでしょう。

「セール対象商品購入」の準備

セール対象商品を購入するための準備として、気になる商品を「ほしいものリスト」に入れておくと便利です。リストに入れておくと、セールの時にどれくらい価格が下がったかわかるようになっています。

プライムデーがはじまってから慌てて商品を選んだり、ついつい買いすぎてしまうことを防ぐためにも、あらかじめ「ほしいものリスト」に入れておくことをオススメします。

「Age of 3DP」のコンテンツを活用

「Age of 3DP」では、

  • X(旧Twitter):リアルタイムでプライムデーセール情報をポスト
  • YouTube:プライムデーセールにおける注目3Dプリンター情報の発信

など、プライムデーで役立つ3Dプリンター関連情報を多数発信しています。オトクな情報を見落とさないよう、フォローチャンネル登録しておきましょう。



【初心者向け】家庭用3Dプリンターの基礎知識

さて、ここからは家庭用3Dプリンターに関して最低限押さえておくべき基礎知識について解説していきます。

「3Dプリンターの基本は知ってるよ!」

という方は、次の項目(「プライムデーで3Dプリンター関連製品を購入するオススメの方針」)までジャンプしてください。

3Dプリンターとは

3Dプリンターとは名前の通り、立体的(3D)な造形物を印刷(プリント)する装置です。3Dデータを元にフィラメントやレジンといった樹脂を層状に固めながら積み上げていくことで造形物が形作られます。

家庭用3Dプリンターは低価格化と高性能化が進み、十分な性能をもつ家庭用3Dプリンターが手の届く価格帯(2万円〜10万円以下)で購入できるようになっています。

家庭でも気軽に3Dプリンターが使えるようになり、

  • フィギュア
  • 生活雑貨
  • ハンドメイド品

など、アイデアを活かした造形物制作を楽しむ方がどんどん増えてきています。

家庭用3Dプリンターには2種類ある

現在、市販されている家庭用3Dプリンターには、大きく分けて次の2つの種類があります。

  • FDM(Fused Deposition Modeling)方式
  • 光造形方式

各方式の特徴について確認してきましょう。

FDM(Fused Deposition Modeling、熱溶解積層法)方式

FDM方式3Dプリンター本体(左)とフィラメント(右)(出典:Creality)

「FDM(Fused Deposition Modeling)」は、日本語で「熱溶解積層法」と訳されます(FFFとも呼ばれます)。FDMは、熱で繊維状の樹脂(フィラメント)を溶解して、積層する方式です。

家庭用のFDM方式3Dプリンターは、最安で2万円台前半で購入することが可能です。機能が充実した人気の機種であっても、10万円以下で購入できるものが多いです。

光造形方式

光造形方式3Dプリンター本体(左)とレジン(右)(出典:ELEGOO)

「光造形」も家庭用3Dプリンターにおける代表的な2つの方式のうちの1つです。その名の通り「光」を使った造形方式で、液体の樹脂(レジン)を1層1層固めながら3次元形状を形作っていきます。

家庭用の光造形方式3Dプリンターも、最安で2万円台で購入することが可能です。解像度が高かったり、造形サイズの大きいハイスペックな機種であっても、10万円以下で購入できるものが多いです。

 



プライムデーで3Dプリンター関連製品を購入するオススメの方針

具体的な商品の解説に入る前に、Amazonプライムデーでオススメしたいお買い物の方針について解説していきます。

価格の高い3Dプリンター本体をお得にゲット!

安価なものでは2万円台で購入できる3Dプリンター。とはいえ、決して安い金額ではありませんよね。少しでも安いタイミングで購入したいものです。

プライムデーにおいては、狙っていた3Dプリンターがセール対象になれば一番ラッキーです。そうでない場合でも、最大7.0%のポイント還元の恩恵を受けられるのは非常に大きいです。

「3Dプリンター、ちょっと気になっていた!」

という、これから3Dプリンターをはじめたい方にとっては千載一遇のチャンスです。

「そろそろ性能が良い新しい機種に変えたいんだよね…」

という3Dプリンター経験者の方も、普段なら迷ってしまいそうな高性能機種がお得に購入できる機会です。ぜひともプライムデーを上手に活用しましょう。

3Dプリンターの価格帯は…?

初心者の方であれば、セールでない通常価格で3〜4万円程度の3Dプリンターがおすすめです。近年では、この価格帯でも十分高性能な機種がたくさん登場しています。ポイントアップやセールによって、実質2〜3万円台で購入できる3Dプリンターも少なくないでしょう。

経験者の方であれば、通常時に5〜10万円の3Dプリンターにチャレンジしてみても良いでしょう。このくらいの価格帯であれば、性能が高く便利な機能が豊富だったり、作れるモノのサイズが大きい3Dプリンターが射程圏内に入ります。価格が高いものほど、ポイント還元の恩恵が大きいのもうれしいですね。

おすすめの3Dプリンターは、後半でいくつかピックアップしています。

馬鹿にできない材料(レジン・フィラメント)をまとめて補充!

3Dプリンター本体に注目しがちですが、忘れてはいけないのがレジンやフィラメントといった3Dプリンター用の材料。塵も積もればお財布にダメージとなる材料調達をあなどってはいけません。

ここで、3Dプリンター用材料の相場についておさらいしましょう。セールでない通常時の価格はおよそ以下の通りです。

フィラメント(FDMの材料):PLAというもっとも標準的な種類で、1kgあたり2,000円前後

レジン(光造形の材料):スタンダードレジンが1kgで3,000円前後、水洗いレジンが1kgで4,000円程度

2,000〜3,000円と聞くと、3Dプリンター本体の10分の1程度。たいした金額ではないように感じてしまうかも知れません。

とはいえ、1kgという量は、意外とすぐになくなってしまうもの。体感では、丸1〜2日くらい稼働させるとなくなるイメージです。その上、色や種類も豊富な3Dプリンターの材料は、はじめたばかりの頃であっても、複数そろえたくなるものです。

前から気になっていたあのレジン、SNSで見かけたあのフィラメント。「ちょっと多いかな?」というくらいでも、この機会にそろえておくと結果的にお得になるでしょう。

筆者が実際に使っているおすすめのフィラメント・レジンは後半でいくつかピックアップしています。



先送りにしていた消耗品・周辺機器もこの機会に揃えておこう!

消耗品

材料の他にも、ノズル(FDM)やレジンタンク(光造形)、フィルム(光造形)といった消耗品もそろえておくと良いでしょう。3Dプリンターを初めて購入する時点では、「まだいいかな?」と見送っている人も少なくないはずです。劣化・破損時にあわてて購入することのないように、この機会に購入してしまいましょう。</