大型家庭用3Dプリンターおすすめ一覧【高さ30cm以上】【高コスパ】

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、高さ30cm以上のモデルをプリントできるおすすめの大型3Dプリンターについて解説していきます。

はじめに質問です。

一般的な家庭用3Dプリンターを使って、どれくらいの大きさの造形物が得られるでしょうか?

一度も使ったことがない人にはイメージがつきにくいですよね。

すでに使用している方でも、もう少し大きいモデルをプリントしたいけど、どれくらいの大きさのモデルを、どれくらいの価格の3Dプリンターでプリントできるのか、意外にわからない方も多いでしょう。

そこで、今回はスタンダードな造形サイズからは少し外れた、大型の家庭用3Dプリンターについて紹介していきます。詳細は後述しますが、「大型」として「造形可能高さ30cm以上」を基準としています。また、FDM方式と光造形方式のそれぞれで実現できる造形サイズは若干異なりますので、個別に紹介していきます。

大型造形可能な3Dプリンターは価格が高くなりがちです。その中でも、比較的手頃な値段で入手できる高コスパな3Dプリンターをピックアップしていきます。

それでは見ていきましょう!



はじめに:家庭用3Dプリンターで作れる大きさとは?本体価格は?

出典:phrozen

はじめに、スタンダードな家庭用3Dプリンターでつくれる造形サイズについて確認しておきましょう。

FDM方式と光造形方式のそれぞれについて解説していきます。

スタンダードな【FDM方式】3Dプリンターで作れる造形サイズ

FDM(熱溶解積層法)は、フィラメントを熱で溶かしながら積み上げていく方式です。下から積み上げていく方式のため、比較的高さのある構造も作りやすいです。

また、造形領域が密閉されていないタイプのほうが、一般的に造形サイズを大きくすることが可能です。反対に、密閉型は筐体内部に造形領域を収める必要があるため、造形可能サイズは小さい傾向にあります。

スタンダードなFDM方式3Dプリンターについて、例を挙げて見てみましょう。

【密閉なし】Creality Ender-3 S1 Pro

まずは、密閉されていないタイプの例として、Creality Ender-3 S1 Proをピックアップします。こちらは人気のCreality Ender-3シリーズの最新モデルです。

造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[cm]:22×22×27

造形可能高さは27cmです。S1 Proのみならず、人気の高いEnder-3シリーズのほとんどが造形可能高さ<27cmとなっています。

【密閉型】Anycubic 4Max Pro 2.0

密閉型のFDM方式3Dプリンターについても確認しておきましょう。低価格密閉型の代表格として、Anycubic 4Max Pro 2.0を取り上げます。

造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[cm]:27×21×19

造形可能高さは19cmです。幅や奥行きに関しては密閉なしと遜色ありませんが、特に高さ方向サイズは出しにくい傾向にあります。

FDM方式造形サイズの特徴まとめ
  • 下から上に積み上げていく造形方式のため、比較的高さのある構造もつくりやすい
  • 密閉型よりも密閉なしのタイプのほうが高さを出しやすい
  • 造形可能高さ30cm以下がスタンダード



スタンダードな【光造形方式】3Dプリンターで作れる造形サイズ

続いて、光造形方式について見ていきましょう。

FDM方式と大きく異なる点の1つが、プラットフォームに吊り下げる形で造形されていくところです。家庭用3Dプリンターのスケールではそこまで大きな問題にはなりませんが、下から上に積み上げるFDM方式に比べると、高さを出しにくい傾向にあります。

また、レジンを使用することから、光造形方式3Dプリンターはほぼ例外なく密閉型です。この点も造形高さを大きくしにくい要因の1つと言えるでしょう。

【密閉型】Anycubic Photon Mono X 6K

光造形方式についても、スタンダードな造形サイズを確認しておきましょう。こちらも人気の高いAnycubic Photon Monoシリーズから、最大造形サイズを誇るAnycubic Photon Mono X 6Kをピックアップします。

造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[cm]:19.7×12.2×24.5

造形高さは24.5cmです。スタンダードな光造形方式3Dプリンターの中では、これでも造形高さが大きいモデルです。

FDM方式同様、光造形方式も高さ30cm以下の造形サイズが一般的と言ってよいでしょう。

FDM方式造形サイズの特徴まとめ
  • 密閉型かつプラットフォームから吊り下げる造形方式のため、高さを出しにくい
  • 造形可能高さ30cm以下がスタンダード



【FDM】高コスパ大型家庭用3Dプリンターおすすめ3選

出典:Anycubic

ここまで、FDM方式・光造形方式それぞれの家庭用3Dプリンターに関して、そのスタンダードな造形サイズについて確認してきました。

ここからは、スタンダードな造形サイズよりもひと回り大きい、高さ30cm以上の高コスパ3Dプリンターを紹介していきます。

FDM方式・光造形方式のそれぞれについて、おすすめ3選をピックアップしています。

【高さ30cm】QIDI TECH X-Max

まずはじめに紹介するのは、QIDI TECH X-Maxです。

X-Maxは、密閉型であるにも関わらず、高さ30cmの造形が可能です。

密閉型による造形時の安定性・安全性に加え、充実した造形サイズを実現したおすすめの3Dプリンターです。

【高さ34cm】Creality Ender-3 Max

続いて紹介するのはCreality Ender-3 Maxです。

人気のCreality Ender-3シリーズの大型モデル。唯一の造形高さ30cmを超えるモデルで、最大造形高さは34cmとなっています。

Ender-3シリーズの魅力の1つであるコスパの観点も注目です。今回紹介する3Dプリンターの中では最も安価で、実勢価格は4万円台前半(2022.7月現在)となっています。



【高さ45cm】Anycubic Kobra Max

v

FDM方式で最後に紹介するのは、Anycubic Kobra Maxです。

2022年3月末に発表されたAnycubicの最新モデルで、その造形高さはなんと45cm。Maxの名に恥じない圧倒的な造形サイズを誇ります。1つ目に紹介したQIDI X-Maxと比較しても1.5倍の高さをもつモデルが造形可能です。

FDM方式おすすめ3選のスペック・価格一覧

モデルQIDI TECH X-MaxCreality Ender-3 MaxAnycubic Kobra Max
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]300×250×300300×300×340400×400×450
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]580×510×550513×563×590720×715×665
プリントスピード [mm/s]Max 150Max 180 Max 180
ノズル最高温度 [℃]300255260
対応するフィラメントの種類Carbon fiber/Nylon/
PETG/TPU/PC/
ABS/PLA…
PLA/TPU/PETG/
ABS/Wood
PLA/ABS/PETG/TPU
出典:QIDI TECH, Creality, Anycubic(画像、スペック)

【光造形】高コスパ大型家庭用3Dプリンターおすすめ3選

出典:ELEGOO

【高さ30cm】ELEGOO Jupiter

光造形方式の1つ目は、ELEGOO Jupiterです。

上の比較画像からもわかるように、スタンダードサイズのMarsや、少し大きめサイズのSaturnをはるかに上回る本体サイズです。

注目の造形高さは30cm。横に並ぶSaturnの造形高さが20cmですので、その1.5倍の高さの3Dモデルをプリントすることが可能です。

ELEGOO Jupiterは2022年4月時点で未発売です。SK本舗にて台数限定の予約受付中となっています。6月頃に発送開始が予定されているので、気になる方は今すぐチェックしておきましょう。

SK本舗にて販売が開始されています!



【高さ40cm】Peopoly Phenom

出典:Peopoly

続いて紹介するのは、Peopoly Phenomです。

造形高さはなんと40cm。XY方向の造形サイズは標準的ですが、Z方向に長いモデルを造形できる点が特徴的な3Dプリンターです。

ちなみにPhenomシリーズで最大の造形サイズを誇る「Phenom XXL」は造形高さが55cmです。本体サイズや価格も「XXL」なので、家庭用として導入するのは難しいでしょう。。。

【高さ40cm】Phrozen Sonic Mega 8K

出典:phrozen

最後に紹介するのは、Phrozen Sonic Mega 8Kです。

こちらも造形高さは40cmと、光造形3Dプリンターの中では圧倒的な造形サイズを実現しています。

Peopoly Phenomと同等の造形高さを実現しつつ、本体サイズは10cm小さくなっています。個人使用の場合は設置スペースも気になるので、注目すべきポイントですね。

光造形方式おすすめ3選のスペック・価格一覧

モデルELEGOO JupiterPeopoly PhenomPhrozen Sonic Mega 8K
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]278×156×300276×155×400330×185×400
ピクセル数5448×3064(6K)-(4K)約7680×4300
(推定)(8K)
解像度(XY) [mm]0.0510.0720.043
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.20.01-0.3
プリントスピード [mm/時間]Max 70Max 70
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]498×358×750452×364×780470×400×680
出典:ELEGOO、Peopoly、phrozen(画像、スペック)



まとめ:大型3Dプリンターは価格もさまざま。しっかり比較しよう

今回は、高さ30cm以上のモデルをプリントできるおすすめの大型3Dプリンターについて、FDM方式と光造形方式のそれぞれに分けて解説してきました。

FDM方式のAnycubic Kobra Maxなど、10万円以下で45cmの高さを造形できるプリンターも登場しましたね。

できるだけ価格を抑えて高さのあるモデルを造形したい場合、優先度が高いのはFDM方式でしょう。

一方で、フィギュア用途のように滑らかな表面はゆずれない!という場合には光造形方式も選択肢に入ってきます。

自身の目的に照らし合わせて、ひと回り大きい3Dプリンターの導入を検討してみてください!