【ELEGOO Saturn 2】最強8K光造形3Dプリンターを旧モデルと徹底比較!

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、ELEGOO社の新モデルELEGOO Saturn 2について、旧モデルと比較解説していきます。

家庭用光造形3Dプリンターにおいても、8K越えの超高解像度モデルがちらほら発表される昨今、ELEGOO社からSaturn、Saturn Sの後継機種となる Saturn 2が発表されました。

「S」と「2」の文字が似ていて紛らわしいですが、この記事で紹介する新モデルはSaturn 2です。

旧モデルELEGOO Saturn、Saturn Sといえば、4K解像度かつELEGOO Mars 3を上回る造形サイズが特徴の人気モデル。SaturnからSaturn Sへの変化は「マイナーチェンジ」でしたが、今回のSaturn 2は、前2モデルからの機能向上が多数見られます。いったいどのようなアップグレードがあったのでしょうか?

気になる旧モデルからの改善点や気になる価格・販売状況について徹底解説していきます!!

それでは見ていきましょう!



ELEGOO Saturn 2の特徴5選【旧モデルからの改良ポイント】

出典:ELEGOO

さっそく、Saturn 2はSaturn、Saturn Sからどのような改良がなされているのかを確認していきましょう。

圧巻の10インチ8KLCDパネルを採用した超高精細プリントが可能

出典:ELEGOO

まずはSaturn 2の解像度に触れておかねばなりません。

Saturn 2では10インチ8KのモノクロLCDが採用されています。

ついにELEGOO初の8Kモデル登場ですね。最近ではAnycubicやphrozenから家庭用光造形3Dプリンターにおいても7K、8Kモデルが登場しており、ELEGOOもこの流れに乗った格好です。

詳細なピクセル数や造形サイズについては、旧モデルと比較しつつ後述します。

造形サイズが43%大型化

出典:ELEGOO

解像度もさることながら、スクリーンサイズもSaturnの8.9インチから大幅に向上しました。これにより、造形サイズも大型化しています。

もともと同じ4K3DプリンターであるMars 3の約2倍の造形体積があったSaturn。

Saturn 2への進化によって、その造形サイズがさらに大きくなっています。

詳細な数値は後の比較表に譲りますが、Saturnに比べて約43%の造形体積アップを遂げています。



特許取得済のフレネルレンズシステムを採用し、より均一な光照射を実現

出典:ELEGOO

Saturn・Saturn SからSaturn 2への大きな変化の1つが、特許取得済のフレネルレンズシステムFCLS(Fresnel Collimating Light Source)を採用した点です。

「フレネルレンズ」という言葉は聞き慣れない方も多いかもしれませんが、通常のレンズよりも薄く軽量なものと思っていただければOKです。

光造形3Dプリンターでは、レジンを硬化させるためのUVライトをいかに効率よくパネル全体に均一に照射させるかが重要になっています。FCLSの搭載によって、軽量・コンパクトなシステムながら92%の均一性(大きな数値です!)を実現しています。

レジン全面への均一な光照射により、優れたプリント精度となめらかな表面をもつ造形物が期待できるというわけですね!

9Hの硬さを誇るスクリーンプロテクタ採用で、LCDへのキズ対策も万全

出典:ELEGOO

Saturn 2では、LCDを保護するガラスの硬度も強化されています。

「9H」は、9Hの鉛筆でこすっても表面にキズがつかないという、鉛筆硬度の一般的な最高の値です。この指標は数値が大きいほどひっかきキズに耐性があることを示しており、「9H」は「B」や「HB」よりはるかに硬い鉛筆です。BやHBの鉛筆を折った経験はあっても、9Hの鉛筆を折ったことはありませんよね?(そもそも9Hの鉛筆を使ったことがないかもしれませんが。。。)

目立ちにくいポイントですが、作業を繰り返すうちにうっかりスクリーンをキズつけてしまった!などという心配がほとんどないというのは嬉しいポイントですね。

空気清浄機つきでレジン臭を格段に軽減

出典:ELEGOO

その他に、Saturn Sから搭載されている消臭機能が継続してSaturn 2でも搭載されています。最近のELEGOO光造形3Dプリンターでは標準搭載となりつつあるようですね。

本体から給電できるタイプなので充電不要なところも、手間が減ってうれしいですね。



ELEGOO Saturnシリーズスペック比較【Saturn/Saturn S/Saturn 2】

ポイントを押さえたところで、Saturnシリーズのスペックを数値で確認しておきましょう。

モデルSaturnSaturn SSaturn 2
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]192×120×200196×122×210219×123×250
ピクセル数3840×2400(4K)4098×2560(4K)7680×4320(8K)
解像度(XY) [mm]0.050.0480.0285
Z軸精度 [mm]0.001250.00125
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.150.01-0.150.01-0.2
プリントスピード [mm/時間]30-4030-70
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]280×240×446280×240×446
フィルムFEPFEPPFA Rerease Liner
実勢価格(2022年6月時点)55,000円55,000円98,000円
備考・有線LANデータ転送可・空気清浄機つき・空気清浄機つき
画像、スペックはELEGOO公式ページより引用。

まとめ:大幅に性能向上したSaturn 2。気になる価格と販売状況は?

より大きなモデルを8Kの圧倒的高精細で出力できるようになったSaturn 2。

フレネルレンズシステムFCLSや9H硬度のスクリーンプロテクタを搭載するなど、Saturn・Saturn Sから大幅な進化を遂げていることがわかりましたね。

今後、家庭用光造形3Dプリンターのスタンダードとなっていくのではないでしょうか?

そんなSaturn Sですが、2022年5月現在、Amazonや楽天ではまだ販売されていません

そんな中、SK本舗ではSaturn 2の予約が開始されています。

気になるお値段は98,000円(2022年6月時点)。ここまで紹介してきたスペックを考えると納得のお値段と言えるのではないでしょうか?

上記の価格は早期予約の特別価格とのことです。今後円安や半導体不足の影響に価格が左右される可能性もあるので、気になる方は以下のリンクからお早めにチェックしておきましょう!