【公式&SK本舗で予約開始!】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【実機レビュー】Creality Ender-3 V3徹底解説!CoreXZのFDM3DプリンターはKE・SEと何が違う?

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

Crealityの家庭用FDM方式3Dプリンター「Ender-3 V3」について徹底解説&実機レビュー

していきます。

CrealityはFDM・光造形の両方式の3Dプリンターを販売する有名企業。FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターとしては「Enderシリーズ」や「CRシリーズ」、「K1シリーズ」等を展開し、その3Dプリンターは世界中のユーザーから高い支持を集めています。

そんなCrealityの大人気「Enderシリーズ」から登場した最新3Dプリンターが、「Ender-3 V3」。

いったいどんな3Dプリンターなのでしょうか?2023年から登場中の、他の「V3シリーズ」との違いはどこにあるのでしょうか?

今回、Creality様より実機をご提供いただきましたので、

  • 「Ender-3 V3」最大の特徴である"CoreXZ"構造とはなにか?
  • 実際に使ってみてわかった「Ender-3 V3」のスゴいところ・気になるところ
  • 「V3シリーズ」すべてを使ってみた筆者による各機種の特徴解説

を交えながら、徹底実機レビューしていきたいと思います!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター22機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

それでは見ていきましょう!


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。開封の様子など、動画ならではの内容も盛りだくさんの解説をお楽しみください!


クーポンやタイムセールを反映した価格はAmazonページをご覧ください!



Creality 「Ender-3 V3」の特徴

まずはじめに「Ender-3 V3」の特徴をざっと把握しておきましょう。

最新FDM3Dプリンター「Ender-3 V3」の特徴
  • 「K1C」匹敵の爆速“CoreXZ”
  • 頑丈かつ洗練されたアルミ合金ボディ
  • 手間ゼロの全自動キャリブレーション

最大600mm/sの爆速プリントは「K1C」などと同様に、現状の家庭用最速クラス

これを実現する「Ender-3 V3」最大の特徴、「CoreXZ」に関する解説を中心に、3つのポイントを詳しく見ていきましょう。

「特徴はいいから、はやく実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

「K1C」匹敵の爆速“CoreXZ”

「Ender-3 V3」の背面。XZ方向にベルトが張られており、この面内をプリントヘッドがスムーズに動作できる。

「Ender-3 V3」は、

CoreXY構造をX・Z方向に応用したCoreXZ構造

を採用しています。これにより、

  • X方向(左右)
  • Z方向(上下)

の動きを、ガントリー下部(両側)に固定されたモーターによってコントロールする仕組みになっています。

出典:Creality

上の引用画像の図は、CoreXYの解説に使用されるものと同様で、Y→Zに置き換えて考えることが可能です。

これにより、プリントヘッドの軽量化が実現され、

  • 高い位置決め精度
  • 振動の低減

を実現。ひいては、

  • 最大プリントスピード600mm/s
  • 最大加速度20000mm/s²

というCoreXY構造と同等の爆速プリントをベッドスリンガー(Y軸方向にベッドが前後する)タイプで実現しています。

ベッドスリンガータイプで実現された高速化は、低コスト化に寄与するとともに、今後の大型化につながる試みだと捉えることができるでしょう。

CoreXY構造の詳しい動作については、YouTubeで解説しています。

頑丈かつ洗練されたアルミ合金ボディ

シンプルかつエレガント、そして頑丈なアルミ合金ボディ

「Ender-3 V3」は、

アルミ合金を使用し、これまでの「Ender-3シリーズ」からデザインが一新

されています。

元祖「Ender-3」から「Ender-3 V3 KE」まで続いた、黒基調の無骨感・コスト削減感がなくなり、

  • 航空宇宙産業でも使用されるアルミ合金による高強度・耐久性
  • ミニマルかつエレガントなデザイン

を同時に実現しています。

手間ゼロの全自動キャリブレーション

「Ender-3 V3」は、

ワンタップですべてのキャリブレーションを実行

してくれます。

  • Z方向のオフセット調整
  • オートレベリング
  • Input Shaping(振動補正)最適化

といった面倒な作業はすべて自動化されています。

紙をはさんで手動調整する時代は、はるか遠い昔のこととなりました。



Creality「Ender-3 V3」の実機レビュー!

特徴を把握できたところで、いよいよ

「Ender-3 V3」の開封と、最初のセットアップ

を行っていきます。

開封&セットアップ!

「Ender-3 V3」を開封していきます。

主なパーツは上の画像の通り。以下の手順で組み立てを進めていきます。

作業手順
  1. ガントリーにフィラメントホルダーを装着
  2. 電源設定を確認 
  3. ガントリーをベースにネジ止め
  4. タッチスクリーンの取り付け
  5. ガントリーとベース間の各種配線を接続
  6. フィラメントガイド用のテフロンチューブを取り付け
  7. フィラメントの絡まり防止部品を装着

詳細な開封の様子は、上記のYouTubeレビュー動画で解説しています。

組み立て作業を終えた「Ender-3 V3」の外観がこちら。

正面
側面
背面

実際に開封&組み立てをしてみて、

  • ベース・ガントリーのコンパクトさ
  • ネジ止めをはじめとする作業の少なさ

には、いい意味で驚かされました。組み立て済みで配送される「K1C」のようなCoreXYタイプよりも、かえって短い時間で初期設定にまでたどり着けるほどで、約10分程度の作業量でした。



3Dプリント実行!高速3Dプリンターの実力は?

組み立て後、オートレベリングやInput Shapingのワンタップセルフチェックを実行すれば、15分程度待つだけで準備完了。

さっそく3Dプリントを開始していきます!

13分で3DBenchy【K1C超え】

まずは、恒例の#3DBenchyをプリントしていきます。フィラメントには、CrealityのHyper PLA(ブルー)を使用。

プリンターのローカルに保存されているデータによれば、なんと13分で完成とのこと。16分で完了の「K1C」を上回るスピードだということになります。これは楽しみですね...!

実際にプリントしているときの様子(音声あり/倍速なし)をご覧いただきましょう!

「K1C」も驚きの爆速っぷりですね!

さて、気になる完成品の様子はどうでしょうか?

船体の前方に見られる積層痕や、後方左手(上下)に若干の歪みが見られます(ファームウェアアップデート後に再実行を試みるも、ほぼ同様の仕上がり)。

最大速度によるプリントには、若干の品質低下が見られるという結果になりました。

スライス済のテストサンプルで追加検証!

続いても、同梱のテストデータ(#FDMtest)をプリントしていきます。3DBenchyのプリントだけではわからない、

  • ブリッジ
  • オーバーハング
  • リンギング

といった基本的なテスト項目をチェックしていきましょう。

ピラー構造は長さと糸引きに注目
ブリッジは下段に接触しない必要あり
オーバーハングはどの角度まで荒れないかを確認

ピラー構造には若干の糸引きが見られるも、所定の高さまでキチンとプリントされていることがわかります。

また、長さの異なる各ブリッジ構造も、下の段に接触するものは1つも見られません

オーバーハングに関しては、もっとも厳しい15°においては荒れが見られるものの、20°以上の角度はキレイにプリントできているようです。

X・Y方向のリンギング(波紋のようなにじみ)は確認できないようです。Input Shapingがしっかり作用しているようですね。

プリント・動画観察の様子は、上記のYouTubeレビュー動画で確認できます。

↓使用したフィラメントはこちら↓