【Ender-3 Neo】Creality新ラインナップ徹底解説!旧Ender-3との違いは?

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、Crealityの新ラインナップEnder-3 Neoシリーズの3Dプリンターについて徹底解説していきます。

CrealityはFDM・光造形方式の3Dプリンターを販売する企業です。Crealityが展開するEnder-3とその一連のシリーズは、FDM(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層)方式3Dプリンターのエントリーモデルとして有名です。3万円前後で購入できる圧倒的なコスパとカスタマイズ性の高さから、世界中のユーザーに愛用されています。

そんなCrealityから、一部のEnder-3シリーズの機能を刷新した新ラインナップの発表がありました。その名も、

Neoシリーズ!!

今回はNeoシリーズで刷新されたラインナップと、旧モデルからのアップグレードについて比較解説していきます。

それでは見ていきましょう!



Ender-3 Neoシリーズ一挙紹介!

出典:Creality

発表されたEnder-3 Neoシリーズは以下の3モデルです。

  • Ender-3 Neo
  • Ender-3 V2 Neo
  • Ender-3 Max Neo

それでは早速新シリーズのどのようなポイントが「Neo」なのか、確認していきましょう!

Ender-3 Neo

出典:Creality

「Ender-3 Neo」は、「Ender-3」の後継モデルです。

先代の「Ender-3」は2017年のリリース以来80万台以上の売上を誇り、言わずと知れたFDM3Dプリンターの定番モデルです。

そんなEnder-3からの主なアップグレードは以下の通りです。

  • CR touchオートレベリング搭載
  • カーボランダムガラスヒートベッド採用

その他にも、静音性や放熱性の向上といった堅実なアップグレードもなされているようです。

一方、Ender-3 Neoはクイックアセンブリモデルではなく、下の画像のようにいくつかの細かいパーツに分かれた状態で配送されます。

出典:Creality

近年販売開始されてきたクイックアセンブリモデルに比べて、組み立て作業の手間・時間がかかる点には注意が必要です。DIY好きにはメリット(?)かもしれませんね。

また、操作パネルもトラディショナルなモノクロ仕様となっています。

モデル名Ender-3 NeoEnder-3
本体イメージ
メーカーCrealityCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]440 x 440 x 465440 x 440 x 465
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 220 x 250220 x 220 x 250
エクストルーダボーデンボーデン
プリントスピード[mm/s]Max 120Max 180
最大ノズル温度[℃]260255
最大ヒートベッド温度[℃]100100
組み立て要組み立て要組み立て
プラットフォームカーボランダムガラスマグネットシート
オートレベリング×
フィラメントセンサ××
停電時自動回復印刷
密閉××
ディスプレイノブ式ノブ式
デュアルZ軸××
データ入力SDカード
マイクロUSB
SDカード
オンライン
本体重量[kg]76.62
スライスソフトCreality Slicer
Cura
simplify3D
Cura
Repetier-Host
simplify3D
その他
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

Ender-3 V2 Neo

出典:Creality

「Ender-3 V2 Neo」は、「Ender-3 V2」の後継機種です。

主なアップグレードは以下の通りです。

  • 組み立て時間が圧倒的に短縮されるクイックアセンブリ
  • CR touchオートレベリング搭載
  • PCばね鋼磁気ヒートベッド採用

もはや最近のCreality Enderシリーズでは当たり前となりつつあるクイックアセンブリやCR touchオートレベリング。低価格モデルにも搭載されはじめた点は注目ですね。

ちなみにクイックアセンブリモデルは、下の画像のようにパーツがほぼ組み立てられた状態で配送されます。上の「Ender-3 Neo」と比較すると、圧倒的に組み立てがラクなことが想像できるでしょう。

出典:Creality

Ender-3 V2をはじめ、初期のEnder-3シリーズはコスパが良いものの、2時間ほど組み立てに時間がかかる初心者泣かせのモデルでした。V2 Neoではほとんど組み立てられた状態で発送されるため、組み立て時間が数分に短縮されます。

また、ヒートベッドが硬いガラスからPCばね鋼に変更となった点も大きいです。使用するフィラメントの種類にもよりますが、人によってはうれしいポイントなのではないでしょうか。

モデルEnder-3 V2とその他のスペックについても比較していきましょう。

モデル名Ender-3 V2 NeoEnder-3 V2
本体イメージ
メーカーCrealityCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]438 x 424 x 472475 x 470 x 620
造形サイズ(LxWxH)[mm]220 x 220 x 250220 x 220 x 250
エクストルーダボーデンボーデン
プリントスピード[mm/s]Max 120Max 180
最大ノズル温度[℃]260255
最大ヒートベッド温度[℃]100100
組み立て半組み立て済要組み立て
プラットフォームPCばね鋼カーボランダムガラス
オートレベリング×
フィラメントセンサ××
停電時自動回復印刷
密閉××
ディスプレイノブ式ノブ式
デュアルZ軸××
データ入力SDカード
マイクロUSB
-
本体重量[kg]7.87.8
スライスソフトCreality Slicer
Cura
simplify3D
Cura
simplify3D
その他
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

組み立てが簡単で、プリント時の水平出しの手間がかなり削減されたEnder-3 V2 Neo。コスパよく3Dプリントをはじめたい初心者の方におすすめのモデルです。

Ender-3 Max Neo

出典:Creality

続いて紹介するのは、「Ender-3 Max Neo」

Ender-3の中では造形サイズがひと回り大きい異色のモデルであった、「Ender-3 Max」の後継機種となります。

Ender-3 Maxからの主なアップグレードは次のとおりです。

  • CR touchオートレベリング機能搭載
  • プリントの安定性をもたらすデュアルZ軸採用
  • 静音メインボード使用によるノイズ低減
  • 刷新されたUIのカラー操作パネル採用

オートレベリングの標準搭載はうれしいですね。また、UIの刷新とカラー化によって操作パネルもリッチで使いやすいものになったのではないかと思います。

旧モデルEnder-3 Maxとその他のスペックについても比較していきましょう。

モデル名Ender-3 Max NeoEnder-3 Max
本体イメージ
メーカーCrealityCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]516 x 582 x 590513 x 563 x 590
造形サイズ(LxWxH)[mm]300 x 300 x 320300 x 300 x 340
エクストルーダボーデンボーデン
プリントスピード[mm/s]Max 120Max 100
最大ノズル温度[℃]260255
最大ヒートベッド温度[℃]100100
組み立て半組み立て済要組み立て
プラットフォームカーボランダムガラスカーボランダムガラス
オートレベリング×
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉××
ディスプレイノブ式ノブ式
デュアルZ軸×
データ入力SDカード
マイクロUSB
SDカード
USB
本体重量[kg]10.39.5
スライスソフトCreality Slicer
Cura
Repetier-Host
simplify3D
Creality Slicer
Cura
Repetier-Host
simplify3D
その他
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

造形サイズやノズル温度といった各種スペックに大きな違いはありません。V2 Neoとは異なり、Max Neoはヒートベッドがカーボランダムガラスで、Maxからの変化はありませんでした。

やはりMax Neoのポイントは、オートレベリング搭載やUIの刷新、デュアルZ軸採用といった、スペック値には現れない部分になりそうです。Ender-3 Max登場以降にCrealityから登場した各種モデルの性能向上がMaxに搭載されたことは注目です。

最近登場した同等の造形サイズをもつEnder-3 S1 Plusの場合、価格が数万円上がります。コスパよく大きめサイズのプリントをしたい方には非常におすすめと言えるのではないかと思います。



まとめ:組立簡単、オートレベリングも搭載の新コスパ最強シリーズ

今回は、Crealityの新ラインナップEnder-3 Neoシリーズの3Dプリンターについて徹底解説してきました。

コスパが高く多くのユーザから愛されてきたEnder-3初期シリーズのアップグレード版であるEnder-3 Neoシリーズ。コスパの高さはそのままに、

  • 組み立て時間の圧倒的短縮
  • ヒートベッドの上位互換化
  • オートレベリング搭載
  • 刷新された新しいカラーUI

といったうれしい性能向上がなされていることがわかりましたね!

今回紹介したモデルをおすすめするユーザの例は以下の通りです。

  • 圧倒的コスパで、DIYを楽しみながらFDM3Dプリントをはじめたい!→「Ender-3 Neo」
  • コスパよく、しかも手間いらずでFDM3Dプリントをはじめたい!→「Ender-3 V2 Neo」
  • コスパよく、大きめサイズの3Dプリントをしたい!→「Ender-3 Max Neo」

紹介した注目ポイントを参考に、あなたのお気に入りのEnder-3 Neoを選んでみてください!