【実機レビュー】ELEGOO Mars 4 Ultraの使用感を徹底解説!【9K光造形3Dプリンター】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、2023年6月に発表された

ELEGOOの最新家庭用光造形方式3Dプリンター「Mars 4 Ultra」について解説&実機レビュー

していきたいと思います。

2018年から発売がはじまったELEGOOの光造形方式3Dプリンターラインナップである「Marsシリーズ」。今回発表された「Mars 4 Ultra」は2023年に発表された最新の「Marsシリーズ」3Dプリンターの1台です。

Marsシリーズとして初の「Ultra」の名をもつ「Mars 4 Ultra」。いったいどのような特徴がある3Dプリンターなのでしょうか?

ついに購入した実機が到着したので、

  • 「Mars 4 Ultra」の特徴
  • 「Mars 4 Ultra」実機の使用感
  • 「Mars 4 Ultra」のスゴいところ・気になるところ

についてレビューしていきたいと思います!


動画でレビューをチェックしたい方はこちら!

この記事の内容はYouTubeでも動画で解説しています。記事とあわせて活用してみてください。


それでは見ていきましょう!

安心の3Dプリンター専門日本代理店!ショップをチェック



ELEGOO 「Mars 4 Ultra」の特徴

実機レビューに入る前に、

「Mars 4 Ultra」の特徴について確認

しておきましょう。

「特徴はいいから実機レビューが見たい!」

という方は該当箇所までジャンプしてください。

最新光造形3Dプリンター「Mars 4 Ultra」の特徴
  • 「Marsシリーズ」最大の9K解像度
  • 業界最小水準の超微小18umピクセルを採用
  • 「Marsシリーズ」初のLinux搭載&Wi-Fi対応

主な項目について、それぞれ確認していきましょう。

Marsシリーズ最大の9K解像度

「Mars 4 Ultra」のピクセル数は、ついに9K(8520×4320)に到達

しました。「Marsシリーズ」としては最大の解像度となっています。

ここで、「Marsシリーズ」の進化の軌跡をたどるため、解像度の変遷を確認しておきましょう。

【Marsシリーズ】解像度の変遷
  • 「Mars」「Mars Pro」:2560×1440(2K)
  • 「Mars 2」「Mars 2 Pro」:2560×1620(2K)
  • 「Mars 3」「Mars 3 Pro」:4098×2560(4K)
  • 「Mars 4」「Mars 4 Ultra」:8520×4320(9K)←New!

つい2〜3年前には4K解像度ですら高解像度ともてはやされましたが、それも今は昔。初心者の最初の1台として使用されることも多い「Marsシリーズ」の3Dプリンターでさえ、9K解像度というスペックを備える時代となりました。

業界最小水準の超微小18umピクセルを採用

ピクセル数が多いだけでは、細かい形状を再現できるかどうかは決まりません。造形できるXY方向の最小単位を規定するピクセルサイズも重要になります。

「Mars 4 Ultra」は、ピクセルサイズ18umのLCDを採用

しています。これは家庭用光造形3Dプリンターとしては過去に類を見ないほどの極小サイズです。

例えば、2023年5月に発表されたAnycubicの「Photon Mono M5s」も解像度に特徴のある3Dプリンターですが、ピクセルサイズは19×24umです。18um×18umの「Mars 4 Ultra」は、ピクセルサイズの微細さという観点ではこれを上回る3Dプリンターとなっています。

【Marsシリーズ】ピクセルサイズの変遷
  • 「Mars」「Mars Pro」:47um
  • 「Mars 2」「Mars 2 Pro」:50um
  • 「Mars 3」「Mars 3 Pro」:35um
  • 「Mars 4」「Mars 4 Ultra」:18um←New!

まさに

  • 家庭用3Dプリンター界の最先端と言っても過言ではない解像度スペック

となっています。

「Marsシリーズ」初のLinux搭載&Wi-Fi対応

基本スペックは同時に発表された「Mars 4」と同様の「Mars 4 Ultra」。

「Mars 4 Ultra」のみに搭載された注目機能が、「Linux搭載」と「Wi-Fi対応」

です。

ここでは、押さえておくべき「Ultra」固有の特徴について確認しておきましょう。

Linux OS搭載でファイルロード遅延のないスムーズな操作を実現!

「Mars 4 Ultra」は、

  • ELEGOO初のLinux OS搭載・4GRAM内蔵モデル

です。これにより、ファイルをロードする際の遅延が生じず、高速でスムーズな操作が実現されています。

Wi-Fi対応でラクラクデータ転送!

さらに、「Mars 4 Ultra」は

  • 「Marsシリーズ」初のWi-Fi対応(2.4G/5G)モデル

です。

これまで、PCで作成したデータはUSBを介して3Dプリンター本体に受け渡しをする必要がありました。この煩わしい作業にウンザリしていた人も少なくないはず。

「Mars 4 Ultra」ではWi-Fiを使って無線送信できるため、作成した3Dプリント用データをサクッと3Dプリンター本体に送信してプリント開始することが可能になります。


その他にも、

  • 「ACFフィルム」の採用
  • 「4点レベリング」の採用

といった「Mars 4 Ultra」だけの魅力的な機能が搭載されています。以降の「実機レビュー」パートで詳しく確認していきましょう。



「Mars 4 Ultra」の実機レビュー!

さて、ここまでは「Mars 4 Ultra」の概要について述べてきました。ここからは、

「実際に使ってみてどうなのか?」

について、実機レビューしていきたいと思います!

開封!

「Mars 4 Ultra」を開封し、中身を確認していきましょう!

スリムなダンボールの中には、

  • 3Dプリンター本体
  • ACアダプタ
  • ツールキット
  • マニュアル

がぎっしり詰まっています。

ツールキットや充電アダプタなどの本体以外の同梱品ををずらっと並べたのがこちら。

工具類や消耗品がそろっています。以下に同梱品リストを記載しておきます。初心者の方は、他にそろえるべきものがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。

  • 取扱説明書
  • レベリングカード
  • Voxeldance Tangoアクティベーションカード
  • USB空気清浄機
  • USBメモリー
  • WiFiアンテナ
  • 六角レンチ
  • ACアダプタ
  • スクレーパー(プラ・金属)
  • ろうと
  • ゴム手袋
  • マスク

「Mars 4 Ultra」の注目ポイントをチェック!

プリントをはじめる前に、

「Mars 4 Ultra」の注目ポイントをチェック

していきます。

電源ボタン・USB差込口は本体正面

家庭用光造形3Dプリンターの使い勝手に関して、しばしば話題に上がる

  • 電源ボタン
  • USB差込口

の位置。本体裏側にあったり、側面にあったりすると配置・運用上使いにくいものです。

その点、「Mars 4 Ultra」は両者ともに正面に配置されています。細かい箇所ながら、スムーズにオンオフ・抜き差しができるのはうれしいポイントです。

UVカバーの内側にWi-FIアンテナあり

Wi-Fi対応モデルの「Mars 4 Ultra」。電波を受信するためのアンテナをUVカバーの内側に取り付ける設計となっています。

USBを使わずに無線でデータのやり取りをしたい方は、忘れずに取り付けておきましょう。

3Dプリントの事前準備【chitubox】

「Mars 4 Ultra」用にスライスデータを作成していきます。ここでは、光造形3Dプリンター用として人気のあるスライスソフト(スライサー)の「chitubox」を使用していきます。

「chitubox」を使用したことのない方は、同梱のUSBか公式サイトからインストールしましょう。

すでにchituboxを使用している方は、「Mars 4 Ultra」のプリンタ情報が反映されている最新バージョンの「1.9.5」にアップデートしておきましょう。

「設定」(右側)→「新しいプリンタを追加する(+)」より「Mars 4 Ultra」を選択してプリンタ設定を追加しましょう。

「Mars 4 Ultra」のデフォルト設定には、以下3種のレジン設定が存在しています。「chitubox」に表示される主なパラメータを表にして記しておきます。

Standard Resin_NormalStandard Resin_FastFast Resin_Fast
レイヤーの高さ[mm]0.0500.10.1
露光時間[s]2.53.51.8
リフト高さ[mm]2.0+3.03.0+2.02.0+1.0
上昇速度[mm/min]75.0/230.0300.0/1000.0300.0/1000.0

設定によって、「レイヤーの高さ」や「露光時間」、「リフト高さ」、「上昇速度」といったパラメータが異なります。プリント品のクオリティやプリントにかかる時間が大きく変わってくるので、スライス前に適宜設定するようにしましょう。

使用するレジンに応じて設定を変更するのがベストです。レジンブランドの公式ページに推奨設定が記載されていることもあるので参考にしてみましょう。

同梱のUSBには、「chitubox」の他に「Voxeldance Tango」というスライスソフトのデータが格納されており、こちらを使用することも可能です。

3Dプリント実行!高解像度3Dプリンターの実力は?

準備が完了したので、さっそく3Dプリントを開始していきます!

テストプリントデータ「高速テストモデル」をプリント!

まずは、同梱のUSBに保存されていた

「高速テストモデル」のデータを使って3Dプリント

していきます。

レジンには、SK本舗の高解像度3Dプリンター向けレジンである「SK10K水洗いレジン(ネオクリアー)」を使用していきます。

通常層露光時の様子(実際の速度)とタイムラプスがこちら。

(左)斜めから・実際の速度(右)正面から・タイムラプス

7cmほどの高さのきれいな立体格子構造が40分ほどで完成しました。なかなかの速度ですね!

キャリブレーションモデル「AmeraLabs town」「Siraya Tech V5」をプリント!

「高速テストモデル」は、大きめの構造を素早くプリントできることを示してくれました。

続いては、

解像度・品質を確認するキャリブレーションモデルをプリント

していきます。

今回選んだのは

の2つをプリントしてみました。スライス設定は、「レイヤーの高さ」が0.05mmである「Standard Resin_Normal」としています。

(左)AmeraLabs town(右)Siraya Tech V5

細い構造・細かいパターンまで精度高くプリントされていますね!

細かい形状ばかりの「elegoo チェス」モデルはキレイにプリントできる…?

最後に、

同梱USBに格納されている「elegoo チェス」モデルをプリント

してみます。

ディテールまで精巧にモデリングされたカッコいいチェスの駒。果たしてうまくプリントできるのでしょうか…?

まずはRook(ルーク)をプリント。。。

おお!いい感じですね!

続いてはKnight(ナイト)を見てみましょう。

これはカッコいい!細部までバッチリです!

解像度の低い3Dプリンターでは潰れてしまう微細形状もくっきりプリントできていることが確認できますね。さすがは9K・18umピクセル!



使ってみてわかった!「Mars 4 Ultra」のココがすごい!

ここからは、

実際に使ってみて感じた「Mars 4 Ultra」のスゴいところ

について紹介していきたいと思います。商品ページに記載の内容だけではわかりにくい「実感」をお伝えしていきます!

ACFフィルム搭載で高速プリントが可能!