【ELEGOO Saturn S】新4K3Dプリンターを旧モデルと徹底比較!

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、ELEGOO社の新モデルELEGOO Saturn Sについて、旧モデルと比較解説していきます。

家庭用光造形3Dプリンターにおいても、4K越えの高解像度モデルが次々と発表される昨今、ELEGOO社からSaturnの後継機種となる Saturn Sが発表されました。

旧モデルELEGOO Saturnといえば、4K解像度かつELEGOO Mars 3を上回る造形サイズが特徴の人気モデル。そんなSaturnからどのようなアップグレードがあったのでしょうか?

気になる旧モデルからの改善点や実勢価格、販売状況について徹底解説していきます!!

それでは見ていきましょう!



ELEGOO Saturn Sの特徴4選【旧モデルからの改良ポイント】

出典:ELEGOO公式ページ

さっそく、Saturn SはSaturnからどのような改良がなされているのかを確認していきましょう。

造形サイズがさらに大きく!

出典:ELEGOO公式ページ

もともと同じ4K3DプリンターであるMars 3の約2倍の造形体積があったSaturn。

Saturn Sへの進化によって、その造形サイズがさらに大きくなっています。

詳細な数値は後の比較表に譲りますが、Saturnに比べて約10%の造形体積アップを遂げています。

より小さいピクセルサイズで高精細化

造形サイズがSaturnよりも大きくなったSaturn S。

その一方で、ピクセルサイズはしっかり小さくなり、高精細化しています。

50umから48umへのマイナーチェンジではありますが、「少しでも高精細化を!」という方にはうれしい変化でしょう。

実はピクセル数も増えている

SaturnとSaturn Sは両方4K解像度ですが、実はSaturn Sの方がピクセル数が多いのです。

その変化は3840*2400→4098*2560で、数にして1274880ピクセル(約127万!)の増加です。

ピクセル数が増えたことで、高精細化と造形サイズアップが両立しているのです。

新たに消臭機能搭載

出典:ELEGOO公式ページ

Saturnにはなかった機能として、消臭機能が新たに搭載されています。

Mars 2 Proなどには内部搭載されていた活性炭消臭フィルタが、Saturnシリーズにおいて初搭載となりました。ちなみに今回はELEGOO Jupiterと同様のUSB接続式となっています。



ELEGOO 4K3Dプリンタースペック比較【Saturn S vs. Saturn】

ポイントを押さえたところで、Saturn SとSaturnのスペックを数値で確認しておきましょう。

参考として、同じELEGOOの4K3DプリンターであるMars 3の値も記載しておきます。

モデルSaturn SSaturnMars 3
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]196×122×210192×120×200143×89.6×175
ピクセル数4098×25603840×2400(4K)4098×2560(4K)
解像度(XY) [mm]0.0480.050.035
Z軸精度 [mm]0.001250.001250.00125
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.150.01-0.150.01-0.2
プリントスピード [mm/時間]30-7030-40(1.5-3 秒/層)
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]280×240×446280×240×446227×227×438.5
実勢価格(2022年3月時点)68,000円55,000円40,000円
備考・4KモノクロLCD・4KモノクロLCD
・有線LANデータ転送可
・4KモノクロLCD
・Chitubox Pro 1年無料
画像、スペックはELEGOO公式ページより引用。

まとめ:総合値がアップしたSaturn S。気になる販売状況は?

より大きなモデルを高精細に出力できるようになったSaturn S。消臭機能や造形速度の向上も見られ、堅実な後継機種という印象ですね!

そんなSaturn Sですが、2022年3月現在、Amazonや楽天ではまだ販売されていないようです。

USのAmazonにて購入することも可能ですが、送料等含めると高額になるためあまりおすすめできません。

当メディア調べによると、SK本舗にて購入が可能ですので、「すぐにでもSaturn Sがほしい!」という方はチェックしてみてください!

「これくらいの改良なら旧モデルでもいいかな〜」という方は、Saturnを選ぶという手も十分アリでしょう。