【ELEGOO Mars 3 Pro】シリーズ最新3Dプリンターを旧モデルと徹底比較!

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、ELEGOO社の新モデルELEGOO Mars 3 Proについて、旧モデルと比較解説していきます。

ELEGOO Marsシリーズは、ELEGOO社の光造形3Dプリンターシリーズです。本体価格が非常にお手頃で、特に初心者の方が3Dプリンターデビューする際におすすめのシリーズです。

そんなELEGOO Marsシリーズから待望の最新モデル「Mars 3 Pro」が発表されました。いったいどんなアップグレートがなされているのか、気になりますよね?

気になる旧モデルからの改善点や気になる価格・販売状況について徹底解説していきます!!

それでは見ていきましょう!



ELEGOO Mars 3 Proの特徴4選【旧モデルからの改良ポイント】

出典:ELEGOO

さっそく、Mars 3 Proは旧モデルからどのような改良ポイントがあるのかを確認していきましょう。

フレネルレンズシステムを採用し、より均一な光照射を実現

出典:ELEGOO

Mars 3 Proの特徴1つが、COB (Chip on board) UV LEDとフレネルレンズの組み合わせによる、UV光の均一性向上です。

光造形3Dプリンターでは、レジンを硬化させるためのUVライトをいかに効率よくパネル全体に均一に照射させるかが重要になっています。フレネルレンズの採用によって、軽量・コンパクトなシステムながら92%の均一性(大きな数値です!)を実現しています。

レジン全面への均一な光照射により、優れたプリント精度となめらかな表面をもつ造形物が期待されます。

フレネルレンズについてはELEGOO Saturn 2の記事で解説しているのでご参照ください。

9H硬度のガラスプロテクタ採用で、モノクロスクリーンを強力に保護

出典:ELEGOO

Mars 3 Proでは、LCDを保護するガラスの硬度も強化されています。

「9H」は、9Hの鉛筆でこすっても表面にキズがつかないという、鉛筆硬度の一般的な最高の値です。この指標は数値が大きいほどひっかきキズに耐性があることを示しており、「9H」は「B」や「HB」よりはるかに硬い鉛筆です。BやHBの鉛筆を折った経験はあっても、9Hの鉛筆を折ったことはありませんよね?(そもそも9Hの鉛筆を使ったことがないかもしれませんが。。。)

目立ちにくいポイントですが、作業を繰り返すうちにうっかりスクリーンをキズつけてしまった!などという心配がほとんどないというのは嬉しいポイントですね。

こちらもSaturn・Saturn SからSaturn 2への改良ポイントと同様ですね。



空気清浄機を標準装備。イヤなレジン臭を軽減!

出典:ELEGOO

Mars 3では搭載されていなかった空気清浄機が標準搭載となっている点も注目です。本体から給電できるタイプなので充電不要です。

Saturn SやSaturn 2でも搭載されているように、最近のELEGOO光造形3Dプリンターでは標準搭載となっています。レジン臭は光造形3Dプリンターを家庭ではじめる際にネックとなるポイントなので、このような機能がスタンダードになるのはうれしいですね。

ELEGOOからは充電タイプの空気清浄機も販売されています。Mars 2などの旧モデルを使用している方におすすめです。

剥離性の高いPFAフィルムを採用

出典:ELEGOO

最後に紹介するのは、PFAフィルムの採用です。

Mars 3までのMarsシリーズでは、レジンバットの底部分におなじみのFEPフィルムが使用されていました。

PFAフィルムは剥離聴力が弱く、プラットフォームがフィルムから離れる際に過剰な吸引が起こりません。これにより、小さなサポート材などの構造が壊れにくくなり、印刷精度が向上します



ELEGOO Mars 3スペック比較【Mars 3 vs. Mars 3 Pro】

ポイントを押さえたところで、Mars 3とMars 3 Proのスペックを数値で確認しておきましょう。

モデルMars 3Mars 3 Pro
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]143×89.6×175143×89.6×175
ピクセル数4098×2560(4K)4098×2560(4K)
解像度(XY) [mm]0.0350.035
Z軸精度 [mm]0.00125
レイヤー厚さ(Z) [mm]0.01-0.2
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]227×227×438.5
フィルムFEPPFA
実勢価格(2022年5月時点)40,000円300ドル≒約40,000円
備考・空気清浄機つき
画像、スペックはELEGOO公式ページより引用。不明なスペックは”-“で表記。

表からわかるように、造形サイズやピクセル数、解像度はMars 3とMars 3 Proで変化はありません。

どちらを選ぶか?の基準は、この記事で紹介した改良ポイントと価格、出品・在庫状況となるでしょう。

まとめ:堅実な性能向上を果たしたMars 3 Pro。価格と販売状況は?

均一性の高い光照射システムや高硬度ガラス、空気清浄機の搭載など、3Dプリント体験をより快適にする性能向上が見られたMars 3 Pro

Mars 3の優秀な基本性能はそのままに、堅実なアップグレートを果たしたという印象ですね!

そんなMars 3 Proですが、2022年5月現在、Amazonや楽天ではまだ販売されていません

SK本舗ではすでに予約が開始されており、入荷予定は2022年5月下旬頃となっています。

気になる方はチェックしてみてください!

これくらいの性能差であれば、すでに販売されているMars 3でもいいかな〜という方は、Mars 3を選択するのも十分アリでしょう。