【2022】ELEGOO FDM3DプリンターNeptuneシリーズ徹底比較!【最新Neptune 3も】

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、ELEGOO NeptuneシリーズFDM方式3Dプリンターを徹底比較していきます。

光造形3DプリンターのMarsシリーズをはじめ、高コスパの家庭用3Dプリンターを続々展開するELEGOO。FDM方式3DプリンターではNeptuneシリーズを展開しています。

2022年5月には、Neptuneシリーズの新モデル「Neptune 3」が発表されました。Neputune 3はどのような特徴をもっているのでしょうか?また、従来モデルとはどのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、2022年現在のELEGOO Neptuneシリーズの各モデルを徹底比較していきます。

それでは見ていきましょう!



ELEGOO Neptuneシリーズとは

出典:ELEGOO

はじめに、ELEGOO Neptuneシリーズとはどんな3Dプリンターなのか、その特徴について確認しておきましょう。

ポイントを簡単にまとめると以下の通りです。

  • ELEGOO唯一のFDM方式3Dプリンターシリーズ
  • 本体価格2万円台がほとんどの低価格帯モデル
  • 造形サイズはほぼ変わらず(高さのみ異なるモデルも)

コスパよく必要な機能がひと通りそろったエントリーモデルを探している方にはぴったりのFDM3Dプリンターシリーズです。

【2022年版】ELEGOO Neptuneシリーズ一覧

2022年現在、ELEGOO社の公式ホームページ(英語版)で確認できるNeptuneシリーズ3Dプリンターは次の5点です。

まずは、各3Dプリンターのスペックを一覧表で見てみましょう。

モデルNeptune 2Neptune 2SNeptune 2DNeptune XNeptune 3
イメージ
造形サイズ(幅×奥行き×高さ)[mm]220×220×250220×220×250220×220×250220×220×300220×220×280
本体サイズ[mm]430×426×613430×426×613625×472×507
最大プリントスピード [mm/s]180180180
ノズル最高温度 [℃]260260260260
ダイレクトドライブ/ボーデンボーデンボーデンボーデンボーデンボーデン
オートレベリング×××
フィラメントセンサ
実勢価格(2022.5月時点)約22,000円約25,000円約22,000円約59,000円220ドル≒
約28,000円
画像、スペックはELEGOO公式ページなどより引用。不明な項目は”-“と記載。

一覧にしてみると、各モデルの違いや共通点が見えてきますね。

すでに述べたように、造形サイズはほとんど変わりません。Neptune XとNeptune 3の高さが他のモデルよりひと回り大きくなっています。

各モデルにどのような特徴があるのか、ここからは注目モデルについて詳細を確認していきましょう!



最安クラスの家庭用FDM方式3Dプリンター【Neptune 2】

出典:ELEGOO

最初に紹介するのは、Neptuneシリーズの基本モデルとも言える「Neptune 2」。

実勢価格は2万円台前半ながら、必要最低限の機能がそろったエントリーモデルです。

「補助的な機能はいらないから、とにかくコスパが良いFDM方式3Dプリンターがほしい!」という方にとっては、他社製品を含めても有力な候補になるでしょう。

2色のフィラメントを同時使用できる特殊モデル【Neptune 2D】

出典:ELEGOO

ユニークな特徴をもつ注目モデル「Neptune 2D」。

その特徴は、2色のフィラメント同時に使用してプリントできてしまう点です。

通常のFDM3Dプリンターでは、同時に使用できるフィラメントは1種類(1色)です。フィギュア用途など、カラフルなプリントを行いたい方は要チェックですね。



初心者におすすめの高コスパ最新モデル【Neptune 3】

出典:ELEGOO

最後に紹介するのは、最新モデルの「Neptune 3」。

ひとことで言えば、過不足ない性能をもつ、初心者におすすめの高コスパFDM方式3Dプリンターです。

16点を取得するオートレベリングシステムを搭載(出典:ELEGOO)

オートレベリングやPEIプラットフォームといった最近のミドルレンジモデルに搭載されている機能を200ドル台前半という低価格で提供するというのですから驚きです。

操作用のタッチパネルは取り外し可能(出典:ELEGOO)

一般的な機能の他に、操作用タッチパネルが取り外し可能となっている点はユニークですね。操作性の向上に役立つでしょう。

公式サイトの発送情報では、初回の発送が6月となっています。

Amazon等における一般販売まではもう少々時間がかかるでしょう。

今後、当メディアでも情報を更新していく予定です。



まとめ:2万円台で購入できるNeptuneシリーズでFDM3Dプリンターデビューしよう

今回は、ELEGOO社のFDM3DプリンターNeptuneシリーズについて紹介してきました。

どのNeptuneも、基本2万円台の低価格帯ながら、過不足のない機能を備えた高コスパモデルでしたね!

とくに最新のNeptune 3にはオートレベリング機能も搭載されており、最低限の機能+αの申し分ないエントリーモデルと言えるでしょう。

紹介した注目ポイントを参考に、あなたにぴったりのNeptuneシリーズ3Dプリンターを選んでみてください!