【30cm超え】「Neptune 4 Plus」を実際に使って徹底解説!(詳細をチェック!)

みんなが買っている!人気3Dプリンターランキング!【2024年1月】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

この記事では、日本最大級の家庭用3Dプリンター専門メディア「Age of 3DP」経由で購入された3Dプリンターから、どの機種が人気なのかランキング形式で紹介していきます。

毎月のように新機種が登場する3Dプリンター業界。

  • いったいどの機種が本当に人気なのでしょうか?
  • 他の人はどの機種を選んでいるのでしょうか?

本企画では、実際に購入されたデータを集計し、みんなが買っている人気の3Dプリンターを公開していきます!

「初売りセール」や注目機種の発売も見られた2024年1月。いったいどの3Dプリンターに人気が集まったのでしょうか?

それでは見ていきましょう!

「Age of 3DP」の人気ランキングがパワーアップ⤴

2023年11月より、「光造形」と「FDM」のランキングを個別作成しています!

さらに、動画でもランキング解説を開始しました!



光造形3Dプリンター人気ランキング【2024年1月】

さっそくどの3Dプリンターが人気なのかチェックしていきましょう!

今月はいったいどの3Dプリンターがランクインしているのでしょうか??

まずは「光造形」人気ランキングです!

ELEGOO「Mars 4 Ultra」が1位にランクイン。先月に続いて2ヶ月連続の1位に輝きました。

特徴は、

  • 9K高解像度(Marsシリーズ最大)
  • 18umの超微小ピクセルサイズ(家庭用最小クラス)
  • Wi-Fi対応&ACFフィルム搭載(「Mars 4」にはない機能)

などが挙げられます。

「ピクセル数9K」「ピクセルサイズ18um」「Wi-Fi対応」という、数年前の低価格帯機種の性能としては考えられなかった機能が、これでもかと盛り込まれた3Dプリンターです。

ちなみに、「Mars 4 Ultra」は実機レビューも行っています。動画でも解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ELEGOO「Saturn 3 Ultra」が2位にランクイン。2ヶ月ぶりの3位以内入賞となりました。

その特徴は、

  • 12K高解像度(Saturnシリーズ最大)
  • 19×24umの超微小ピクセルサイズ
  • Wi-Fi対応&ACFフィルム搭載(下位機種「Saturn 3」にはない機能)

などなど盛りだくさん。

ピクセル数やピクセルサイズ、機能性、コスパといったあらゆる面で、家庭用光造形3Dプリンターにおいては最高レベルの1台と言えるでしょう。

Anycubic「Photon Mono M5s」が3位にランクイン。2023年8月以来の3位入賞となりました。

  • 12K高解像度(Saturnシリーズ最大)
  • 19×24umの超微小ピクセルサイズ
  • レベリングフリーやレジン検知などのスマート機能充実

といったハイエンド機種として申し分のないスペックを備えています。

さらに、今月上位機種が登場したことでも話題に。近くAmazon販売の開始も期待されます。

FDM3Dプリンター人気ランキング【2024年1月】

続いて、「FDM」人気ランキングも見ていきましょう!

Creality「Ender-3 V3 KE」が1位にランクイン。先月の初登場3位からジャンプアップとなりました。

4万円台という手頃な価格帯の3Dプリンターながら、

  • シリーズ最速のプリントスピード500mm/s
  • Wi-Fi対応でPCやスマホからのデータ転送・リモート制御に対応
  • コンパクトで家庭での使用にピッタリ

という優れた1台。

「Ender-3 V3 KE」は、実機レビューも行っています。動画でも解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ELEGOO「Neptune 4」が2位にランクイン。
毎月のように、上位機種「Neptune 4 Pro」とどちらかが2位以上にランクインする定番機種となっております。

  • 最大プリントスピード500mm/s
  • ノズル最大温度300℃で高温フィラメントに対応
  • ノズルとガントリーにLED搭載

といった数々の魅力的な機能を備えながら、実質3万円前後という驚異的なコスパが最大の魅力。

「Neptune 4」は実機レビューも行っています。動画でも解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

K1C

1/25に予約販売が開始となった、Creality「K1C」がさっそくの3位にランクイン。

「K1」の魅力であった600mm/sという爆速の最大プリントスピードはそのままに、

  • カーボンファイバーフィラメントに対応
  • AIカメラ標準搭載
  • 衝撃吸収パッド・サイレントモードによる静音性強化

というアップグレードを加えて再登場となりました。

「K1C」の特徴については動画でも解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ 〜来月の人気3Dプリンターはどれだ!?〜

2024年1月の人気ランキングは以下の通りでした。

光造形FDM
第1位Mars 4 UltraEnder-3 V3 KE
第2位Saturn 3 UltraNeptune 4
第3位Photon Mono M5sK1C
  • 高性能光造形3Dプリンターへの人気集中
  • 高コスパ高速FDM3Dプリンターの人気継続
  • 新発売「K1C」のスタートダッシュ

という特徴が見られた1月。

来月はいったいどの3Dプリンターが選ばれるのでしょうか?

あなたも「Age of 3DP」のコンテンツを駆使して、ぜひお気に入りの3Dプリンターを探してみてくださいね!