【公式&SK本舗で予約開始!】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【ELEGOO Mars 4/Max/Ultra/DLP】シリーズ最新3Dプリンター4機種を徹底比較!

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、

ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Mars 4シリーズ」各機種の特徴を徹底比較・解説

していきます。

ELEGOO「Marsシリーズ」は、ELEGOO社の光造形3Dプリンターシリーズです。本体価格が非常にお手頃で、特に初心者の方が3Dプリンターデビューする際に人気のシリーズです。

そんなELEGOO「Marsシリーズ」から待望の「Mars 4シリーズ」が発表されました。今回の新「Marsシリーズ」は、ELEGOO初のDLP方式を含むなんと4機種。

「短期間にたくさんの機種が発表されて違いがわからない!」

「”DLP”って他の機種とどこが違うの??」

という方のために、

  • 新しい「Marsシリーズ」4機種についてわかりやすく徹底解説

していきます。

さらに、気になる

  • 「Marsシリーズ」旧モデルとの違い
  • 他社DLP方式3Dプリンターとの違い

についても比較・解説し、どのような点がアップグレードされたのかスッキリわかる内容となっています!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター22機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

それでは見ていきましょう!

安心の3Dプリンター専門日本代理店!

はじめに:「Mars 4シリーズ」の分類

まずはじめに、

「Mars 4シリーズ」として発表された4機種(2023年5月時点)の分類について解説

します。

「Mars 4シリーズ」は、次の2つに分けて考えると特徴を理解しやすいです。

  • 「Mars 4」と「Mars 4 Ultra」
  • 「Mars 4 DLP」と「Mars 4 Max」

「Mars 4」「Mars 4 Ultra」の特徴

Mars 4

Mars 4 Ultra

先代の「Mars 3」や「Mars 3 Pro」を彷彿とさせる丸みを帯びたUVカバーが特徴の「Mars 4」と「Mars 4 Ultra」。

スペック上の共通点は、

  • ピクセル数:9K(8520x4320)
  • ピクセルサイズ:18μm
  • 造形サイズ(幅・奥行):153.36mm×77.76mm

などが挙げられます。後述する「Mars 4 Ultra」のみがもつ機能を除き、多くの主要スペックを共有しています。

モデル名Mars 4Mars 4 Ultra
本体イメージ
メーカーELEGOOELEGOO
本体サイズ(LxWxH)[mm]227 x 227 x 438.5227 x 227 x 443.5
造形サイズ(LxWxH)[mm]156.36 x 77.76 x 175156.36 x 77.76 x 165
Z軸精度[mm]0.020.02
積層ピッチ[mm]0.01-0.20.01-0.2
ピクセルサイズ[mm]0.0180.018
ピクセル数(XY)8520 x 43208520 x 4320
プリントスピード[mm/h]30-70Max 150
データ入力USBUSB
Wi-Fi
本体重量[kg]5.27
スライスソフトChituBox
Voxeldance Tango
ChituBox
Voxeldance Tango
その他空気清浄機付き空気清浄機付き
Linux OS搭載
RAM4GB内蔵
4点レベリング
ACFフィルム使用
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

「Mars 4 DLP」「Mars 4 Max」の特徴

一方、「Saturnシリーズ」のように角ばった形状のUVカバーが特徴の「Mars 4 DLP」と「Mars 4 Max」。表面に幾何学的な白線模様と機種名が記載されている点も共通しています。

仕様上、

  • 本体サイズ:246mm×230mm×453mm
  • プリントスピード:最大70mm/h

といった共通点があります。筐体や機械的な駆動部分を共有している印象ではあるものの、後述するように露光方式に本質的な違い(DLP方式/LCD方式)があります

次の項目からは、各機種の特徴について解説していきます。

 



Marsシリーズの純粋な後継!「Mars 4」の特徴

出典:ELEGOO

はじめに紹介するのは、「Marsシリーズ」の純粋な後継機種である「Mars 4」。

エントリーモデルとして大人気な「Marsシリーズ」に特有の、以下のような特徴を備えています。

  • 扱いやすい小型の造形サイズ
  • 優れた機能をもちながら低価格

「Mars 4」がもつ具体的なスペック・機能について確認していきましょう。

LCD方式最新機種「Mars 4」の特徴!
  • 9K高解像度(「Marsシリーズ」最大!)
  • 18umの超微小ピクセルサイズ!
  • 「Mars 4 Ultra」との共通点多数!

「Marsシリーズ」最大の9K解像度

「Mars 4」の魅力の1つは、その解像度(ピクセル数、ピクセルサイズ)にあります。

  • Mars 4」「Mars 4 Ultra」のピクセル数はMarsシリーズ最大の9K(8520×4320)

に到達。

これまでの「Marsシリーズ」で最大だった「Mars 3」「Mars 3 Pro」の4Kを大きく上回る解像度に到達しています。

【Marsシリーズ】解像度の変遷
  • 「Mars 4」「Mars 4 Ultra」:8520×4320(9K)←New!
  • 「Mars 3」「Mars 3 Pro」:4098×2560(4K)
  • 「Mars 2」「Mars 2 Pro」:2560×1620(2K)
  • 「Mars」「Mars Pro」:2560×1440(2K)

業界最小水準の超微小18umピクセルを採用

ピクセル数が多いだけでは、細かい形状を再現できるかどうかは決まりません。造形できるXY方向の最小単位を規定するピクセルサイズも重要になります。

「Mars 4」「Mars 4 Ultra」は、ピクセルサイズ18umのLCDを採用

しています。これは家庭用光造形3Dプリンターとしては過去に類を見ないほどの極小サイズです。

例えば、同じく2023年5月に発表されたAnycubic「Photon Mono M5s」も解像度に特徴のある3Dプリンターですが、ピクセルサイズは19×24umです。18um×18umの「Mars 4」「Mars 4 Ultra(後述)」は、ピクセルサイズの微細さという観点ではこれを上回る3Dプリンターとなっています。

【Marsシリーズ】ピクセルサイズの変遷
  • 「Mars 4」「Mars 4 Ultra」:18um←New!
  • 「Mars 3」「Mars 3 Pro」:35um
  • 「Mars 2」「Mars 2 Pro」:50um
  • 「Mars」「Mars Pro」:47um

「Mars 4 Ultra」との共通点多数

すでに述べたように、

「Mars 4」は後述する「Mars 4 Ultra」と多くの特徴を共有

しています。ここまで述べた「Mars 4」のスペック上の特徴はすべて「Mars 4 Ultra」とも共通であり、「Mars 4」がもつ機能は基本的にすべて「Mars 4 Ultra」も備えていると考えて問題ありません。

つまり、「Mars 4 Ultra」は「Mars 4」の上位互換です。価格差と後述する「Mars 4 Ultra」特有の機能の必要性を考慮して選択すると良いでしょう。



高速!Wi-Fi対応!「Mars 4 Ultra」の特徴

「Age of 3DP」のYouTubeチャンネルにて、わかりやすく実機レビューしています!

「Mars 4」の上を行く「Mars 4 Ultra」。基本的には「Mars 4」とほぼ同じスペックを持ち、さらにプラスアルファの機能を備えています。ここでは、

押さえておくべき「Mars 4 Ultra」固有の特徴について解説

していきます。

Linux OS搭載でファイルロード遅延のないスムーズな操作を実現!

「Mars 4 Ultra」は、

ELEGOO初のLinux OS搭載・4GRAM内蔵モデル

です。これにより、ファイルをロードする際の遅延が生じず、高速でスムーズな操作を実現します。

Wi-Fi対応でラクラクデータ転送!

さらに、「Mars 4 Ultra」は

「Marsシリーズ」初のWi-Fi対応(2.4G/5G)モデル

です。

これまで、PCで作成したデータはUSBを介して3Dプリンター本体に受け渡しをする必要がありました。この煩わしい作業にウンザリしていた人も少なくないはず。

「Mars 4 Ultra」ではWi-Fiを使って無線送信できるため、

  • 3Dデータをサクッと3Dプリンターに送信してプリント開始することが可能

です。

高速プリントを実現する「ACFフィルム」採用

レジンバット底部に張られている「ACFフィルム」。半透明に見えるのが特徴。

「Mars 4」は従来型の「PFAフィルム」が使われていますが、

「Mars 4 Ultra」には「ACFフィルム」が採用

されています。「ACFフィルム」は、これまで広く使用されてきた「FEPフィルム」や「PFA(nFEP)フィルム」に代わる次世代フィルムです。

  • 高いプリント成功率
  • 高速プリント
  • 長寿命

という特徴があり、「Mars 4」にはない大きな魅力の1つとなっています。

レベリングしやすく手間が軽減される4点レベリング採用

まら、レベリングの方式も「Mars 4」と「Mars 4 Ultra」で異なります。

「Mars 4 Ultra」は4点レベリング(4-point Leveling)を採用

しています。

「Mars 4」までの3Dプリンターで採用されていた正面と側面の2点で止める方式(Ball-jointed Leveling)に比べて、

  • 位置合わせがしやすく
  • 一度レベリングを行ってしまえば何度もやり直す必要がない

という特徴があります。

あわせて読みたい

「Mars 4 Ultra」の実際の使用感がバッチリわかる実機レビュー記事はこちら!