【2023】Polymakerのフィラメント一覧【3Dプリンター】

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、PolymakerのFDM3Dプリンター用フィラメントについて解説していきます。

Polymakerのフィラメント全種類を列挙し、それらの特徴について簡単に記載していきます。

最新情報も随時アップデートしていきます!

それでは見ていきましょう!



Polymakerフィラメント一覧

Polymakerのフィラメントは、以下のラインナップに大別されます。ラインナップはPLAやPETGといった材質ごとに分かれているわけではありません。例えば、同じPLAでも、「PolyLite PLA」や「PolyMax PLA」などが存在しています。

各ラインナップ・フィラメントの違いについては個別の解説をご覧ください。なお、解説はPolymaker公式ページを参考にしています。

PolyLite

はじめに紹介するのは、「PolyLite」シリーズです。

「PolyLite」は、3Dプリンターで使用されるもっとも一般的な材料を取りそろえたラインナップです。実用性や造形精度を求める用途というよりは、低コストでデザインやプロトタイピングを行う用途に適しています。

PolyLite™ covers the most popular 3D printing materials to meet your everyday needs in design and prototyping.

Polymaker「PolyLite

「PolyLite」シリーズのフィラメントを一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PolyLite PLAPolyLite PLA-CFPolyLite ABSPolyLite PETGPolyLite PCPolyLite ASA
イメージ
メーカーPolymakerPolymakerPolymakerPolymakerPolymakerPolymaker
Black
White
Grey
Red
Blue
Green
Yellow
Orange
Teal
Purple
Natural
BlackBlack
White
Grey
Red
Blue
Green
Yellow
Orange
Teal
Purple
Black
White
Grey
Red
Blue
Green
Yellow
Orange
Teal
Purple
□Transparent
□TransparentBlack
White
Grey
Red
Blue
ヒートベッド温度[℃]25-6030-6090-10070-8090-10575-95
エクストルーダ温度[℃]190-230190-220245-265230-240250-270240-260
推奨プリントスピード[mm/s]40-6030-7030-5030-5030-5030-50
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

各フィラメントについて簡単に解説していきます。

PolyLite PLA

「PolyLite PLA」はPolyLiteシリーズのPLAフィラメントです。

「PLA(ポリ乳酸、Polylactic acid)」は、もっとも広く使用されているフィラメントの1つです。生分解性プラスチックの1種で、トウモロコシなどの植物を原料として生産されることから、環境にやさしいフィラメントとされています。

PLAのメリットは以下の通りです。

  • 低価格
  • ABSよりも変形しにくく、プリント品質が高い
  • 生分解性プラスチックのため、環境にやさしい

扱いやすく、コスパも高いことから、初心者にも人気のスタンダードなフィラメントです。

一方、熱や衝撃への耐性はいまひとつです。機械的特性に際立った特徴を求めるのであれば、後述する他のフィラメントを検討しましょう。

PolyLite PLA-CF

created by Rinker
¥8,000(2023/02/04 09:56:15時点 楽天市場調べ-詳細)

「PolyLite PLA-CF」は、カーボンファイバーで強化された高品質PLAです。

なめらかでマットな表面が特徴的で、実用的なアプリケーションに適しています。

PolyLite ABS

「PolyLite ABS」はPolyLiteシリーズのABSフィラメントです。

「ABS(アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン、Acrylonitrile-Butadiene-Styrene)」は汎用性の高いプラスチック材料で、私たちの日常で使われるあらゆるモノの原料となっています。

3DプリンターのフィラメントとしてもPLAと並んで広く使用されており、低コストながら機械的特性に優れています。頑丈さや耐熱性が要求されるような実用品のプリントに適したフィラメントと言えるでしょう。

難点は、PLAに比べて反りが発生しやすいところです。場合によってはエンクロージャ(3Dプリンターの周囲を覆うもの)を使って保温する必要があります。

PolyLite PETG

「PolyLite PETG」はPolyLiteシリーズのPETGフィラメントです。

「PETG(グリコール変性ポリエチレンテレフタレート、Glycol modified polyethylene terephthalate)」もユーザの多いフィラメントの1つです。

「PETG」の「PET」はペットボトルでおなじみのポリエチレンテレフタレートのことです。「G」がつく「PETG」はその派生で、より3Dプリントに適した特性をもっています。

ABSと同様に機械的特性に優れ、耐熱性も高いです。そのうえ収縮や反りも少なく、PLAとABSの両方の利点をもつと表現しているブランドもあるほどです(出典:Creality)。

難点は糸引きが生じやすい点です。フィラメントドライヤーを使うなどして、しっかり湿度対策をする必要があります。

PolyLite PC

created by Rinker
ポリメーカ(Polymaker)
¥15,505(2023/02/04 07:30:49時点 Amazon調べ-詳細)

「PolyLite PC」はPolyLiteシリーズのPCフィラメントです。

「PC(ポリカーボネート、Polycarbonate)」も、耐衝撃性や耐熱性に優れた材料としてさまざまな身の回り品に使用されています。透明度が高いところも特徴的で、カメラ用のプラスチックレンズなどにも使用されています。

実用性の高いPCフィラメントですが、3Dプリントにあたっては難易度の高い材料として知られています。温度やプリントスピードの設定がシビアで、中級者向けの材料と言って良いでしょう。

使いこなすことができれば非常に有用な材料なので、3Dプリンターを用いた実用品の作成に興味がある方にはぜひ挑戦してほしいフィラメントです。

PolyLite ASA

「PolyLite ASA」はPolyLiteシリーズのASAフィラメントです。

「ASA(アクリロニトリル-スチレン-アクリレート、Acrylonitrile-Styrene-Acrylate)」は、ABSの親戚のような材料です。

ブタジエンの代わりにアクリレートが含まれており、ABSに比べて耐候性が高いという特徴があります。そのため、屋外で使用されるモノを作る際にはABSよりもASAを使用すると良いでしょう。



PolyMax

次に紹介するのは、「PolyMax」シリーズです。

「PolyMax」は、より高品質なフィラメントのラインナップです。優れた機械的特性と造形品質を求める場合に使用すると良いでしょう。

PolyMax™ is a family of advanced 3D printing filaments produced with Polymaker’s Nano-reinforcement technology, to deliver exceptional mechanical properties and printing quality.

Polymaker「PolyMax

「PolyMax」シリーズのフィラメントを一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PolyMax PLAPolyMax PETGPolyMax PCPolyMax PC-FR
イメージ
メーカーPolymakerPolymakerPolymakerPolymaker
Black
White
Grey
Red
Blue
Green
Yellow
Orange
Teal
Purple
Black
White
Black
White
Black
White
ヒートベッド温度[℃]25-6070-8090-10590-105
エクストルーダ温度[℃]190-230230-240250-270250-270
推奨プリントスピード[mm/s]40-6030-5030-5030-50
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

「PolyLite」シリーズと同じ材質のフィラメントが多数存在していることがわかるかと思います。違いとなるポイントは以下で紹介しますが、1対1でスペック比較したい場合は比較ツールを使ってみてください。

それでは各フィラメントについて簡単に解説していきます。

PolyMax PLA

「PolyMax PLA」は、PolyMaxシリーズのPLAです。

「PolyLite PLA」に対して約5倍の衝撃強さをもち、その優れた機械的特性はABSの代替も可能とされています。(出典:Polymaker「PolyMax PLA」)

PolyMax PETG

「PolyMax PETG」は、PolyMaxシリーズのPETGです。

「PolyMax PETG」は機械的特性に優れ、幅広い用途に適しています。曲げ強度や衝撃強さといった特性は基本的に「PolyLite PETG」を上回っています。

PolyMax PC

「PolyMax PC」はPolyMaxシリーズのPCフィラメントです。

強度や靭性、耐熱性に優れた高品質なPCで、衝撃強さは「PolyLite PC」の7倍以上となっています。

PolyMax PC-FR

created by Rinker
ポリメーカ(Polymaker)
¥8,800(2023/02/04 09:56:19時点 Amazon調べ-詳細)

「PolyMax PC-FR」は、難燃性の高いPCフィラメントです。

難燃性規格のUL94において、もっとも燃焼しにくいV0の性能を達成しています。(出典:Polymaker「PolyMax PC-FR」)



PolyFlex

次に紹介するのは、「PolyFlex」シリーズです。

「PolyFlex」は、高品質な軟性フィラメントのラインナップです。高い柔軟性と耐久性が求められるアプリケーションへの使用が想定されています。

PolyFlex™ is a family of high-quality flexible materials. It provides the perfect solution for applications where high flexibility and durability are required.

Polymaker「PolyFlex

「PolyFlex」シリーズのフィラメントを一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PolyFlex TPU90PolyFlex TPU95PolyFlex TPU95-HF
イメージ
メーカーPolymakerPolymakerPolymaker
Black
White
Grey
Teal
Black
White
Red
Blue
Yellow
Orange
Black
White
ヒートベッド温度[℃]25-6025-6025-50
エクストルーダ温度[℃]210-230210-230200-220
推奨プリントスピード[mm/s]30-6020-4040-100
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

各フィラメントについて簡単に解説していきます。

PolyFlex TPU90

「PolyFlex TPU90」は、PolyFlexシリーズのTPUフィラメントの1つです。

「TPU(熱可塑性ポリウレタン、Thermoplastic Polyurethane)」は、その弾力性に特徴のある素材です。スマホケースに使用されることが多く、なじみのある方もいることでしょう。

「PLA」「ABS」「PETG」のような、比較的硬い材料とは異なるゴムのような柔らかさが特徴で、耐摩耗性や耐衝撃性、柔軟性に優れた材料です。素材の性質が大きく異なるため、TPUを使いこなせるようになると3Dプリントの幅が大きく広がります。

難点は造形の難しさです。素材自体が柔らかいために、造形時に歪みが生じたり、ノズル詰まりが発生したりすることもしばしばです。プリントスピードの調整をするなどして適切なパラメータを見つける必要がある、中級者向けのフィラメントと言えるでしょう。

ちなみに、「90」という数値はショア硬度を表しています。

PolyFlex TPU95

「PolyFlex TPU95」も、PolyFlexシリーズTPUフィラメントの1つです。

ショア硬度95Aの「PolyFlex TPU95」は、元の長さの3倍以上伸ばすことができる柔らかさも兼ね備えています。

PolyFlex TPU95-HF

「PolyFlex TPU95-HF」も、PolyFlexシリーズTPUフィラメントの1つです。

「HF」は流動性が高いこと(High flow)を表しています。その柔らかさのためにプリントスピードを大きくしにくいTPUにしては珍しく、40-100mm/sという高速プリントが可能なフィラメントです。



PolyMide

次に紹介するのは、「PolyMide」シリーズです。

「PolyMide」は、ナイロン系(ポリアミド系)フィラメントのラインナップです。ナイロン特有の機械的特性に加え、造形のしやすさが特徴になっています。

PolyMide™ is a family of Nylon/polyamide based filaments. Produced with Polymaker’s Warp-Free™ technology, PolyMide™ filaments deliver engineering properties intrinsic to Nylon and ease of printing.

Polymaker「PolyMide

「PolyMide」シリーズのフィラメントを一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PolyMide CoPAPolyMide PA6-CFPolyMide PA6-GFPolyMide PA12-CF
イメージ
メーカーPolymakerPolymakerPolymakerPolymaker
Black
Natural
BlackGreyBlack
ヒートベッド温度[℃]25-5025-5025-5025-50
エクストルーダ温度[℃]250-270280-300280-300260-300
推奨プリントスピード[mm/s]30-6030-6030-6030-60
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

各フィラメントについて簡単に解説していきます。

PolyMide CoPA

「PolyMide CoPA」は、PolyMideシリーズのナイロン系(ポリアミド系)フィラメントです。「CoPA」とは、ナイロン6とナイロン6,6の共重合体を意味しています。

強度や靭性、耐熱性に優れたフィラメントです。

PolyMide PA6-CF

「PolyMide PA6-CF」も、PolyMideシリーズのナイロン系(ポリアミド系)フィラメントです。「PA6」はナイロン6を、「CF」はカーボンファイバーを意味しています。

ナイロン6はナイロン66などと比べて、耐衝撃性やコスト、加工性の点で優れています。(出典:二幸技研「ナイロン6、66、11、12の違い│ポリアミドの比較【エンプラ】」)

「軽くて強い」という特徴があるカーボンファイバーによって機械的特性が強化され、非常に実用性の高いフィラメントになっています。

PolyMide PA6-GF

「PolyMide PA6-GF」も、PolyMideシリーズのナイロン系(ポリアミド系)フィラメントです。「GF」はガラス繊維を意味しています。

「PolyMide PA6-CF」と比べると、耐衝撃性の点で上回ります。その他の機械的特性に関しては、基本的に「PolyMide PA6-CF」に軍配が上がります。

PolyMide PA12-CF

「PolyMide PA12-CF」も、PolyMideシリーズのナイロン系(ポリアミド系)フィラメントです。「PA12」はナイロン12を意味しています。

ナイロン12は、ナイロン6などと比べて吸湿性が低くプリントしやすいという特徴があります。

ポリアミドの中で最も低密度であり、PA6及びPA66に比べて融点、吸水性が低く、耐寒衝撃性に優れており、寒冷地での用途に適しています。又、耐候性に優れています。

プラスチック加工.lab「PA12 特性



PolyDissolve

次に紹介するのは、「PolyDissolve」シリーズです。

「PolyDissolve」は、水溶性サポート専用フィラメントのラインナップです。通常のフィラメントだけを使用したプリントでは実現が難しいデザインの自由度を提供してくれます。

PolyDissolve™ is a family of dissolvable support filaments. This family offers support solution for our portfolio of filaments. It enables a greater design freedom.

Polymaker「PolyDissolve

「PolyDissolve」シリーズのフィラメントを一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PolyDissolve S1PolyDissolve S2
イメージ
メーカーPolymakerPolymaker
NaturalNatural
ヒートベッド温度[℃]25-6090-110
エクストルーダ温度[℃]215-225230-250
推奨プリントスピード[mm/s]30-4030-40
出典公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

メインとなるフィラメントの種類によって、選ぶべきPolyDissoveフィラメントが異なります。各フィラメントについて確認していきましょう。

PolyDissolve S1

「PolyDissove S1」は、サポート専用の水溶性フィラメントです。

PolymakerのPLA、TPU、PVB、ナイロンベースフィラメントでプリントする際に使用します。

PolyDissolve S2

「PolyDissove S2」は、サポート専用の水溶性フィラメントです。

PolymakerのPC、ABS、ASAフィラメントでプリントする際に使用します。



その他のラインナップ(PolyTerra/PolyWood/PolySmooth/PolyCast/PolySupport他)

最後に、ここまで紹介してきたシリーズ以外のPolymakerフィラメントのラインナップを一気に紹介していきます。

まずは一覧で確認しておきましょう。

フィラメント名PolyTerra PLAPolyWoodPolySmoothPolyCastPolySupportPolymaker PC-ABSPolymaker PC-PBT
イメージ
メーカーPolymakerPolymakerPolymakerPolymakerPolymakerPolymakerPolymaker
Charcoal Black
Cotton White
Fossil Grey
Lava Red
Sapphire Blue
Forest Green
Savannah Yellow
Sunrise Orange
Arctic Teal
Lavender Purple
Banana
Candy
Mint
Peach
Earth Brown
Ice
Marble Slate Grey
Marble White
Peanut
Sakura Pink
WoodBlack
White
Slate Grey
Coral Red
Electric Blue
Green
Yellow
Orange
Teal
Pink
Beige
□Transparent
NaturalPearl WhiteBlack
White
Black
Natural
ヒートベッド温度[℃]25-6025-6025-7025-7025-6090-105100-115
エクストルーダ温度[℃]190-230190-210190-220190-220220-230250-270260-280
推奨プリントスピード[mm/s]30-7030-5040-6040-6020-4030-5030-50
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。
一般購入しやすいフィラメントとして、Amazonで購入できる種類・色を中心に記載。時期によって購入できる種類・色が異なる場合もあるため注意。

各フィラメントについて簡単に解説していきます。

PolyTerra PLA

「PolyTerra PLA」は、より環境にやさしいフィラメントとしてPolymakerが展開している次世代ラインナップです。

パッケージやスプールにリサイクル段ボールを使用したり、1つ購入されるたびに1本の植林が行われると言った環境保全につながる取り組みがなされています。ダンボールのスプールでも、しっかり密閉されているので安心して使用できます。

通常のPLAよりも、カラーラインナップや推奨プリントスピード、耐衝撃性の観点で優れています。環境問題に貢献しつつ、優れたPLAを使用できる注目のラインナップです。かわいいパステルカラーも含め、豊富なカラーラインナップも魅力の1つですね。

PolyWood

created by Rinker
ポリメーカ(Polymaker)
¥8,492(2023/02/04 09:56:25時点 Amazon調べ-詳細)

「PolyWood」は、その名の通り木のような見た目のPLAフィラメントです。プリントしやすいというPLAの特徴を維持しながら、独特のやさしい質感を表現することができます。

実際の木粉は使用されていないため、ノズル詰まりが生じるリスクは小さいです。

PolySmooth

「PolySmooth」は、積層痕を目立たなくするための後処理に対応したフィラメントです。

FDM3Dプリンターの特徴である積層痕。「PolySmooth」は、専用の装置であるPolysherを使用することで積層痕を除去できるように独自の設計がなされています。

created by Rinker
¥59,800(2023/02/04 09:56:25時点 楽天市場調べ-詳細)

PolyCast

「PolyCast」は、金属鋳造用のフィラメントです。加熱によって消失するという金属鋳造に必要な性質をもっています。

実際にどのように使われるかを説明するには少々工程が複雑です。興味のある方はSK本舗のコラム「3Dプリンターを使用したジュエリー製作」を読んでみてください。

金属鋳造の型をつくるためには、3Dプリント品表面のなめらかさが重要です。「PolySmooth」と同様に、「PolyCast」もPolysherによる積層痕除去に対応しています。

PolySupport

「PolySupport」は、PLAベースのサポート用フィラメントです。

十分な強度を持ちながら、手で簡単に取り外せるタイプのサポートフィラメントです。

Polymaker PC-ABS

「Polymaker PC-ABS」は、産業用グレードの高品質フィラメントです。

PC(ポリカーボネート)とABSがブレンドされており、靭性と耐熱性を兼ね備えたフィラメントになっています。

Polymaker PC-PBT

「Polymaker PC-PBT」も、産業用グレードの高品質フィラメントです。

PCとPBT(ポリブチレンテレフタレート)がブレンドされており、耐熱性と低温下(-20℃/-30℃)のタフさ、耐薬品性に優れたフィラメントになっています。



フィラメントの種類・選び方についてもっと知りたい方は…

他のブランドも含めて、

  • いつもなんとなく同じフィラメントを選んでしまっている
  • FDM3Dプリンター用のフィラメントにはどのような種類があるのか?
  • いつも使っているフィラメント以外のブランド・種類にも興味がある

という方は、フィラメントの種類と選び方について徹底解説した以下の記事をご覧ください。

他のブランドが展開するフィラメントについてより詳しく知りたい方は、個別に解説した以下のページもあわせてご参照ください。