【公式&SK本舗で予約開始!】ELEGOOの最新光造形3Dプリンター「Saturn 4 Ultra」を"フライング"実機レビュー!!(今すぐチェック!)

【実機レビュー】最新3DスキャナーRevopoint POP 3!3Dプリンター制作にもおすすめ!

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、Revopointの最新3Dスキャナー「Revopoint POP 3」について実機レビューしていきます。

2022年に「POP 2」「MINI」、2023年には「RANGE」のクラウドファンディングで大きな成功を収めたRevopointから、早くも新しい3Dスキャナー「POP 3」が登場

今回Revopoint様から実機をご提供いただきましたので、開封からスキャンまで、その使用感を徹底解説していきます!おまけとして3Dプリンターを使ってスキャンしたデータを出力した結果についても紹介していきます。

(商品ページ:https://www.revopoint3d.jp/products/pop3-3d-scanner?ref=I4Yk37TeNHrC

この記事を読んでわかること
  • 「POP 2」からアップグレードした「POP 3」の特徴
  • 「POP 3」と先代のRevopoint 3Dスキャナーのスペックの違い
  • 「POP 3」の使用感【実機レビュー】
  • 3Dスキャンデータを使った3Dプリントの実践

過去3回に渡って「POP 2」「MINI」「RANGE」の実機レビューを行ってきたAge of 3DP。「POP 2」のアップグレード版となる新機種「POP 3」はどのような点が進化しているのか、先代モデルとの違いについてもスペック・使用感の両面からレビューしていきます!

それでは見ていきましょう!

「前置きは飛ばして3Dスキャンのレビューを見たい!」という方は該当箇所までジャンプしてください!



高精度3DスキャナーメーカーRevopointとは

出典:Revopoint

Revopointは、2014年に創設された深センに本拠地を置くハイテク企業です。

2020年にKickstarterでローンチされた「Revopoint POP」が最も多くの資金を集めた3Dスキャナーとなったことで、Revopointの名が世界的に広く知られることとなりました。

2021年末には新機種「Revopoint POP 2」をローンチし、日本でもクラウドファンディングサイト「Makuake」にて9,200万円以上の支援額を記録しました。

2022年にはブルーライト搭載の高精度3Dスキャナー「Revopoint MINI」のクラウドファンディングも成功させるなど、Revopointは今もっとも勢いのある3Dスキャナーメーカーと言っても過言ではないでしょう。

「POP 3」の特徴!先代機種からの進化は?

今注目の3DスキャナーメーカーRevopointの最新機種「POP 3」。

人気の3Dスキャナー「POP 2」の後継機種である「POP 3」は、先代機種に比べていったいどのようなポイントがアップグレードされているのでしょうか?

まずは「POP 3」の主な特徴について確認しておきましょう。

最新機種「POP 3」はココがスゴい!
  • スキャナー校正のしやすさ、マーカーモードの精度が向上
  • 機械式ボタンからタッチパッドにアップグレード
  • ジャイロスコープの追加により、手持ちスキャン時のトラッキングが大幅に改善

注目ポイント①:スキャナー校正のしやすさ、マーカーモードの精度が向上

「POP 3」でアップグレードされた大きな特徴のひとつが、補助照明の追加とRGBカメラ開口の大型化です。

DepthカメラやRGBカメラの上下にフラッシュライトが追加され、スキャナー校正のしやすさや3Dスキャンの精度・成功率向上を実現しています。

また、RGBカメラの開口が大きくなったこともカラーテクスチャの向上に寄与しています。

「開口が大きい」ほど、より多くの光を取り込めるようになります。

例えば、RGB補助照明は以下の画像のようにRGBカメラの上下がピカッと光ります。これにより、モデルのテクスチャマッピングを向上し、スキャナーの校正も容易になっています。

RGB補助照明としてのフラッシュライトの様子。まぶしさを抑えるために画像の明るさは暗くしている。

注目ポイント②:機械式ボタンからタッチパッドにアップグレード

POP 3

POP 2

もうひとつの大きな特徴は、スキャナー本体の物理ボタンが廃止され、タッチパッドに変更された点です。

上の画像のように、「POP 2」には、プッシュ式のスキャン開始ボタン(▶マーク)が存在していました。

一方、「POP 3」では両側に「+」「ー」マークが追加されたタッチパッドになっていることがわかります。「+」「ー」マークは、露光量(どれだけ強い光を当てるか)の調整に使用するために、新たに本体に追加された(タッチ式の)ボタンです。

この変更により、

  • プッシュ式ボタンを押すときに生じやすい「スキャナ本体のブレ」が起きない
  • PC等の画面上で操作せずに、シームレスに露光量を調整できる

という操作性の大幅な改善がなされています。

注目ポイント③:手持ちスキャン時のトラッキングが大幅に改善

さらに、「POP 3」では新たにジャイロスコープが搭載された点も見逃せません。

ジャイロスコープとは、ジャイロ効果を利用して機器がどのように動いたか、傾いたかという検出するセンサーです。これにより、手持ちでスキャンを行う際のトラッキングが改善し、スキャンの途中でトラッキングロスが起こりにくくなっています



先代機種「POP 2」「MINI」「RANGE」とのスペック比較

「POP 3」の特徴について理解できたところで、「POP 3」の機器スペックについて確認しておきましょう。

モデル名POP 3POP 2MINIRANGE
本体イメージproduct imageproduct imageproduct imageproduct image
メーカーRevopointRevopointRevopointRevopoint
精度 [mm]0.050.050.020.1
点間距離 [mm]0.10.10.050.3
撮影領域(1ショット)[mm]225 x 125210 x 13064 x 118360 x 650
スキャンボリューム [mm]20 x 20 x 20 〜
20 x 20 x 20 〜
2500 x 2500 x 2500
10 x 10 x 10 〜
500 x 500 x 500
50 x 50 x 50 〜
4000 x 4000 x 4000
動作距離 [mm]150 〜 400150 〜 400100 〜 200300 〜 800
スキャンスピード [fps]18101018
本体重量 [g]190195160210
本体サイズ [mm]153 x 45 x 29154.6 x 38.2 x 25.6120 x 38.5 x 25295 x 41.5 x 28.2
出力形式.ply
.obj
.stl
.ply
.obj
.stl
.ply
.obj
.stl
.ply
.obj
.stl
光源Class 1 赤外光Class 1 赤外光Class 1 青色光Class 1 赤外光
屋外対応×
対応OSWindows 8/10/11
macOS
Android
iOS
Windows 8/10/11
macOS
Android
iOS
Windows 8/10/11
macOS
Android
iOS
Windows 8/10/11
macOS
Android
iOS
その他撮影領域:距離600mm
出典公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

参考値として、先代機器とともにスペック一覧を記載しています。

3Dスキャナーは、スキャン対象のサイズに応じて適したスペックの機器を用いることが重要です。表からわかるように、今回登場した「POP 3」は、先代機種の「POP 2」に近い性能を持っており、小さいものから大きいものまで対応できる汎用性の高い3Dスキャナーとなっています。

Revopoint各種3Dスキャナーの対象サイズのイメージ
  • 「MINI」・・・小さいモノが得意!
  • 「POP 2」「POP 3」・・・小さいモノ〜大きいモノが得意!
  • 「RANGE」・・・大きいモノが得意!



「POP 3」を使った3Dスキャン体験をレビュー!

スキャナー本体は回転ステージやコード類とともにスタイリッシュな箱に収まって配送される

ここからは、いよいよ「Revopoint POP 3」を使った3Dスキャンを実践し、その使用感についてレビューしていきます!

開封!

まずはスキャナー本体の箱を開封していきます。箱の中には、スキャナー本体や回転ステージ、その他の物品がコンパクトに収まっています。

本体や回転ステージ、三脚、ケーブル等がコンパクトに収まっている

下の画像は、セット内容をすべて取り出して並べた様子です。

セット内容一覧

「POP 3」の主な同梱品は以下の通りです。

  • 「POP 3」本体
  • 三脚スタンド+クイックリリースキット
  • スマホホルダー
  • ミニターンテーブル
  • キャリブレーションボード
  • サンプル彫像
  • マーカー
  • マーカーパッド
  • 粘着タック
  • ビニールシート
  • 変換アダプタ・ケーブル類
  • 収納バッグ

上の画像には含まれていませんが、これらの同梱品をスッキリ収納できる「収納バッグ」も付属しています。

スキャン実施に向けて、付属の三脚にスキャナー本体を取り付けてみます。先代機種の「POP 2」と並べてみました。

正面:「POP 2」(左)と「POP 3」(右)
上から:「POP 2」(左)と「POP 3」(右)

「POP 2」と比べると「POP 3」の方が本体が若干分厚く、奥行きのある形状となっています。