【先行セール開催中!】Amazonプライムデー2024で購入すべき3Dプリンター関連商品とは?(今すぐチェック!)

【2024】3Dプリンターで副業!稼げるおすすめ5選【経験談アリ】

〜景品表示法に基づく表記:本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれている場合があります〜

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は

3Dプリンターに関わるおすすめの副業を5つ紹介

していきます。

3Dプリンターを趣味としている方の中には、

3Dプリンターを副業にできないかな…?

と考える方も多いのではないでしょうか?

実際、世の中には3Dプリンターに関わる副業で収益を上げている方がたくさんいます。この記事を執筆している筆者自身も、

  • 3Dプリンターをはじめて半年以内で、月5万円以上の収益を達成

しています。

今回はそんな筆者の視点から、「3Dプリンター ✕ 副業」 をテーマとしたおすすめのマネタイズ方法を厳選して5つ紹介していきます。それぞれの副業の

  • メリット・デメリット
  • 稼ぎやすさ
  • はじめやすさ
  • 稼げる金額

について一気に解説していくので、ご自身のスタイルにあった3Dプリンター副業の参考にしてみてください!

この記事を書いているのはどんな人?

3Dプリンター関連メーカー勤務経験

3Dプリンター特許出願経験

3Dプリンター25機種・3Dスキャナー5機種の使用経験

3Dプリント品販売点数800個以上

YouTubeで毎日3Dプリンター関連動画(実機レビュー多数)をアップ中!

それでは見ていきましょう!


YouTube動画でもわかりやすく解説しています!




稼げる!3Dプリンターに関わるおすすめ副業5選

今回ピックアップするおすすめの副業は以下の5つです。

さっそく、おすすめ副業5選のメリット・デメリットや稼ぎやすさ、稼げる金額について確認していきましょう。

おすすめ副業①:3Dプリンターで作品を制作して販売する

3Dプリンターを用いたもっとも一般的な副業は、

3Dプリンターで作品を制作して販売する

ことです。

ECサイトやネットショップでは、3Dプリンターで出力した自身の作品に価格を設定して、日本中(あるいは世界中)の人々に販売することができます。コロナ禍の巣ごもり需要を経て、個人が作品を販売できるECサイト・ネットショップに出品したり、購入したりすることが、ますます一般的なものとなりました。

メルカリ(メルカリShops)」のようなフリマサイトのみならず、「BASE」「Shopify」のようなネットショップ、「minne」「Creema」といったハンドメイド通販サイトなど、個人が作品を販売できるECサイトは数多く存在します。クリエイター向けネットショップの「Booth」なども有名ですね。

アクティブユーザー(潜在顧客)の多い代表的なECサイト・ネットショップの例

これらの代表的なECサイト・ネットショップは

  • アクティブユーザー数が多いところもポイント

です。多くの消費者の目に触れる可能性があるため、需要のある作品を生み出すことができれば、副業として十分な収入を得ることが可能です。実際、筆者自身もこれらのECサイトを活用して継続収入が得られるようになっています。

3Dプリンターで作品を制作して販売する」の概要について把握したところで、そのメリット・デメリットについて確認し、理解を深めていきましょう。

3Dプリンターで作品を制作して販売する」のデメリット

メリット①:3Dプリンターならではの競争力のある作品が生み出せる

ネットショップやECサイトで個人が売上を上げるために重要なポイントの1つは、

  • 「オリジナリティ」

です。お客となるユーザは、そのショップでしか買えない作品を求めています。Amazonや街中のお店で購入できる品物は、見向きもされません。そのような品は、個人が作るよりも、企業が作ったほうが品質が良く、安価に購入できてしまいます。

その点、3Dプリンターを使った作品製作は有利です。企業による大量生産においては3Dプリンターの活用が進んでおらず、

  • 3Dプリンターならではの機能やデザイン性のある作品は、個人製作との相性が非常に良い

のです。

3Dプリンターを使ったヒット作品の例としては、「クッキー型」が有名です。

クッキー型は100均などでも安価で購入できますが、ハートや星型など、似たような形が多いです。一方、3Dプリンターでは自分が作りたい形状や、イラストをもとにしたオリジナルの型を製作することが可能で、かわいらしいデザインのクッキー型は非常に人気が高いです。

その他にも、変わった模様の花瓶やスマホスタンドなど、日用品のアクセントになるようなユニークな作品がヒットしています。需要のある作品であることは大前提として、キラッと光るオリジナリティを付け加えることができれば、大量生産品に負けない競争力のある作品を生み出すことも夢ではありません。

メリット②:一度モデリングすればデータを使い回せる

次のメリットは、

  • 一度モデリングしたデータを使い回せる

ことです。

3Dプリンターを使った作品製作過程のうち、時間がかかるのは3DCADや3DCGソフトを用いたモデリングです。1度売れる作品が作れてしまえば、モデリング作業を繰り返す必要はありません。つまり、

  • 一度モデリングしたデータを使って、何度も収益につなげることが可能

なのです。3Dプリンターを稼働させるための手間は毎回発生しますが、時間のかかる作業を毎回省略できるのはかなりのメリットですよね。

後述する案件受注においては、基本的に毎回モデリングすることになります。「一度モデリングしたデータを使い回せる」というメリットはECサイト作品販売の特徴と言えるでしょう。

メリット③:在庫がほとんど不要

最後に挙げるのは、

  • 在庫がほとんど不要

という点です。

物販におけるリスクの1つは、大量の在庫を抱えてしまうことです。売れない場合は不良在庫にもなり、保管スペースの問題や多額の損失につながります。また、在庫をもたずに受注生産という形を取ることもできますが、Amazonの翌日配送に慣れた現代人にとって、数週間〜数カ月後の発送を待つことは苦痛でしかありません。

一方で、3Dプリンターを使えば、在庫をほとんど持たずに販売活動をすることが可能です。

  • あらかじめデータさえ作っておけば、注文ごとに3Dプリンターを稼働させれば良い

のです。材料をもっておくことは必要ですが、これは他の作品にも使えますし、自身の趣味に使ってしまうことも可能です。実質的には「在庫不要」と言い切ってしまっても良いほどです。



デメリット①:販売単価は低くなりがち

続いて、デメリットについても見ていきましょう。

1つ目は、

  • 販売単価が低くなりがち

だという点です。

さきほど上げたクッキー型の例では、メルカリShopsでは1,000円未満、minneでも1,000円台が相場です。

スマホスタンドやアクセサリーのような作品も似たような価格帯が多く、販売単価は低いものが多いです。単価が低いと、数万円の収入を得るために何十個もの作品を販売することが必要になります。気がつくと自身の労働に見合った対価が得られていない!ということにもなりかねないため、注意が必要です。

とはいえ、花瓶のような大きめの作品では5,000円前後の作品も見られます。作品ジャンルの選択も収益化の観点では非常に重要です。

デメリット②:他の作品に埋もれない努力が必要

もう1つ注意しておきたいデメリットは、

  • 他の作品に埋もれない努力が必要

だということです。

具体的には、

  • 他の作品にはないアイディアを生み出すこと
  • 継続的な作品制作・SNS発信(ファンづくり)

が重要になります。

メリット①とつながる点ですが、個人の作品販売においては、オリジナリティが必須です。3Dプリンターがその点で有利なのはすでに述べた通りですが、売れる作品作りのためには、さらにプラスαが必要です。というのも、すでにクッキー型や花瓶、スマホスタンドのようなジャンルでは実績を上げているショップも多いためです。

このような環境で収益を上げていくためには、

  • 既存の作品にはない機能・デザインとはどのようなものか?
  • どのような作品が求められているか?

について、頭を捻ってアイディアを出していく必要があります。ここは乗り越えなければならない難関ですが、売れる作品ができるまでトライアンドエラーを繰り返していきましょう。

売れる作品ができるまでにもやるべきことがあります。作品制作過程をSNSで発信することは、もはや個人のクリエイターにとって欠かせない活動。X(Twitter)・InstagramのようなSNSを活用し、ファンづくりをしていくと良いでしょう。

立派な作品でなくても、そこからの成長を継続的に発信することで根強いファンができていきます。自分の作品を購入してくれるお客さんになってくれることも多いので、早い段階からSNS発信することをおすすめします。

「3Dプリンターで作品を制作して販売する」副業のオススメ戦略!
  • 早期からSNSを通した発信活動、ファンづくりをする
  • 単価の低いものからはじめて、徐々に単価を上げていく
  • 花瓶のような大きめの作品・付加価値の高い作品で高単価を狙う

3Dプリンターで作品を制作して販売する」の稼ぎやすさ・はじめやすさ・稼げる金額と期間

最後に、「3Dプリンターで作品を制作して販売する」の「稼ぎやすさ」と「はじめやすさ」、目安の稼げる金額と期間について確認しておきましょう。

稼ぎやすさ★★★★☆
はじめやすさ★★★★☆
稼げる金額(目安)〜十数万円
稼げるまでの期間(目安)半年〜

「3Dプリンターで作品を制作して販売する」は、

  • 稼ぎやすくはじめやすい副業

です。それなりの継続や作業が必要になりますが、軌道に乗ると安定した収益を上げることが可能で、今回紹介する中でもっともおすすめしたい副業です。

副業で使用する3Dプリンター選びでは、「3つの注意点」を押さえることが重要です。800点以上の販売実績がある筆者が教える「選び方」と「おすすめ3Dプリンター」は後半で解説しています。



おすすめ副業②:モデリングした3Dデータを販売する

次のおすすめ副業は、

モデリングした3Dデータを販売する

です。Web上のプラットフォームにアップロードした3Dデータを、使いたいと思った人がダウンロードしてくれることで収益が発生します。

代表的なプラットフォームに、「DMM.make クリエイターズマーケット」や、「Cults」などが存在します。

DMM.make クリエイターズマーケット

出典:DMM.make クリエイターズマーケット

「DMM.make クリエイターズマーケット」は、クリエイター参加型の3Dアイテム通販サイトです。出品者は

  • 手数料無料で出品・販売することが可能

です。日本のサイトなので、海外サイトを使用した販売に抵抗がある人もチャレンジしやすいプラットフォームです。

クリエイターズマーケットには11,000点以上の商品が存在しています(2023年8月時点)。カテゴリは「フィギュア」や「雑貨・インテリア」、「アクセサリー」などさまざまで、自分の得意なジャンルで出品に挑戦することが可能です。

出品されている商品の販売価格は、数千円〜10,000円程度が多いです。出品者に支払われる金額は、造形価格を引いた金額となることに注意しましょう。

Cults

「Cults」を活用した収益化はYouTubeでも動画で解説しています!

「Cults」はフランスの3Dデータ共有・販売サイトです。68万以上の高品質な3Dデータが公開されており、約60%が有料で販売されています(2023年1月時点)。

英語のプラットフォームというハードルの高さはあるものの、

  • 世界中の3Dプリンターユーザが買ってくれる可能性

があります。日本の3Dプリンターユーザーのみをターゲットとした場合に比べ、ヒットしたときの期待収益は大きくなります。実際に日本のクリエイターもCultsを通した販売活動で収益を上げています。

単体の販売価格は数十円〜数千円と幅広いです。日本円換算で販売額を確認できるため、気になる方はどのようなファイルがいくらで売られているのか確認してみると良いでしょう。

モデリングした3Dデータを