【初心者必見】MINGDA Magicianシリーズ徹底比較!【FDM3Dプリンター】

こんにちは、管理人のウノケンです。

今回は、MINGDAのFDM3DプリンターMagicianシリーズについて徹底比較していきたいと思います。

世界で20,000台以上売れている「Magician X」に代表されるMagicianシリーズにはいったいどのような3Dプリンターが揃っているのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!



MINGDA Magicianシリーズとは

出典:MINGDA

MINGDAは、2012年に設立された中国・深センを本拠地とする3Dプリンターメーカーです。

産業用の大型・高性能3Dプリンター・材料から、家庭用のFDM(熱溶解積層)方式・光造形方式の3Dプリンターの開発・販売まで幅広く手掛けています。

Magicianシリーズはすべての機種がオートレベリング機能搭載・5分で組立可能公式オンラインショップの記載より)となっており、ユーザビリティに特徴があるラインナップとなっています。

FDM方式の「難点」と言える

  • 組み立てに時間がかかる
  • 毎回のプリント時にレベリング(位置合わせ)が必要になる

の2点が克服されているというMagicianシリーズ。

  • 3Dプリンター初心者のはじめの1台に
  • すでにFDM3Dプリンターを使っている方の2台目に

最適なモデルとなっています。

次の項目から、Magicianシリーズの各モデルの特徴について比較解説していきます。



【2022年版】MINGDA Magicianシリーズ一覧

2022年現在、MINGDA社の公式ホームページ(英語版)で確認できるMagicianシリーズ3Dプリンターは次の3点です。

まずは、各3Dプリンターのスペックを一覧表で見てみましょう。

モデル名Magician XMagician MaxMagician Pro
本体イメージ
メーカーMINGDAMINGDAMINGDA
本体サイズ(LxWxH)[mm]415 x 460 x 546555 x 430 x 660650 x 586 x 675
造形サイズ(LxWxH)[mm]230 x 230 x 260320 x 320 x 400400 x 400 x 400
エクストルーダダイレクトダイレクトダイレクト
プリントスピード[mm/s]Max 200Max 200Max 200
最大ノズル温度[℃]260260260
最大ヒートベッド温度[℃]110110110
組み立て半組み立て済半組み立て済半組み立て済
プラットフォームカーボランダムガラス-ガラス
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉×××
ディスプレイタッチ式タッチ式タッチ式
デュアルZ軸
データ入力SDカード
USB
USB-C
SDカード
USB
USB-C
SDカード
USB
USB-C
本体重量[kg]71014.5
スライスソフトCuraCuraCura
その他デュアル斜め支柱
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

一覧にしてみると、各モデルの違いや共通点が見えてきますね。

Magicianシリーズは、造形サイズ以外の点では基本的に大きな違いはないと思って良いでしょう。

自身がどのくらいのサイズまで3Dプリントしたいか?を踏まえて機種選びをしてみてください。

その他、各モデルにどのような特徴があるのか、他社の同等モデルと比べてどのような違いがあるのか、詳細を確認していきましょう!

エントリーモデル【Magician X】

created by Rinker
¥46,800 (2022/10/15 07:00:00時点)

「Magician X」はMagicianシリーズのエントリーモデルです。

造形サイズは230 x 230 x 260(mm)です。他社のエントリーモデル3Dプリンターと比べて同等か少し大きいサイズと言えるでしょう。

参考までに、「Anycubic Kobra」と「Creality Ender-3 Neo」と比較してみましょう。

モデル名Magician XKobraEnder-3 Neo
本体イメージ
メーカーMINGDAAnycubicCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]415 x 460 x 546430 x 486 x 486440 x 440 x 465
造形サイズ(LxWxH)[mm]230 x 230 x 260220 x 220 x 250220 x 220 x 250
エクストルーダダイレクトボーデンボーデン
プリントスピード[mm/s]Max 200Max 100Max 120
最大ノズル温度[℃]260260260
最大ヒートベッド温度[℃]110110100
組み立て半組み立て済半組み立て済要組み立て
プラットフォームカーボランダムガラスばね鋼カーボランダムガラス
オートレベリング
フィラメントセンサ××
停電時自動回復印刷
密閉×××
ディスプレイタッチ式タッチ式ノブ式
デュアルZ軸××
データ入力SDカード
USB
USB-C
SDカードSDカード
マイクロUSB
本体重量[kg]77.57
スライスソフトCuraCura
Repetier-Host
simplify3D
Creality Slicer
Cura
simplify3D
その他
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

エントリーモデルとして十分な造形サイズでありながら、オートレベリング機能を搭載し、かつ5分で組み立て可能な「半組み立て済」モデルです。

最初の1台としてどのFDM3Dプリンターを選ぶべきか迷っている方にとっては、有力な選択肢になるのではないでしょうか?

中型造形モデル【Magician Max】

created by Rinker
¥78,800 (2022/10/19 19:00:00時点)

3種類のMagicianシリーズのうち、中間の価格帯・造形サイズなのが「Magician Max」です。

造形サイズは320 x 320 x 400(mm)で、「Magician X」よりもひと回り大きくなっています。エントリーモデルでは造形できない大きさの3Dプリントも実現可能です。

「少なくとも各辺30cm以上の造形サイズはほしい!」という方にはうれしい選択肢になるでしょう。

他社の機種で同等の造形サイズをもつ比較対象となるような3Dプリンターは、「Anycubic Kobra Plus」や「Creality CR-10 Smart」あたりでしょうか。比較表を掲載しておくので参考にしてみてください。

モデル名Magician MaxKobra PlusCR-10 Smart
本体イメージ
メーカーMINGDAAnycubicCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]555 x 430 x 660560 x 546 x 605578 x 522 x 648
造形サイズ(LxWxH)[mm]320 x 320 x 400300 x 300 x 350300 x 300 x 400
エクストルーダダイレクトボーデンボーデン
プリントスピード[mm/s]Max 200Max 100-
最大ノズル温度[℃]260260260
最大ヒートベッド温度[℃]110100100
組み立て半組み立て済半組み立て済半組み立て済
プラットフォーム-カーボランダムガラスカーボランダムガラス
オートレベリング
フィラメントセンサ-
停電時自動回復印刷-
密閉×××
ディスプレイタッチ式タッチ式タッチ式
デュアルZ軸
データ入力SDカード
USB
USB-C
SDカードSDカード
Wi-Fi
本体重量[kg]101114
スライスソフトCuraCura
Repetier-Host
simplify3D
Creality Slicer
Cura
その他リモート制御機能
オートシャットダウン機能
デュアル斜め支柱
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。



安定造形可能な大型モデル【Magician Pro】

Magicianシリーズ最大の造形サイズを実現しているのが、「Magician Pro」です。

造形サイズはなんと400 x 400 x 400(mm)。他社の家庭用FDM3Dプリンターと比較しても、この造形サイズを実現している機種は数える程度でしょう。

安定した大型造形を実現するために、「Magician X」「Magician Max」とは以下の点で異なります。

  • オートレベリングの点数が36点(「X」、「Max」は16点)
  • 斜め支柱搭載

これだけの大型機種になると、組み立ても一苦労です。その点、半組み立て済みの「Magician Pro」は比較的導入しやすい機種なのではないでしょうか。

造形サイズの観点で比較対象となる他社機種は、「Anycubic Kobra Max」や「Creality CR-6 MAX」あたりでしょうか。比較表を参考にしてみてください。

モデル名Magician ProKobra MaxCR-6 MAX
本体イメージ
メーカーMINGDAAnycubicCreality
本体サイズ(LxWxH)[mm]650 x 586 x 675715 x 665 x 720725 x 640 x 691
造形サイズ(LxWxH)[mm]400 x 400 x 400400 x 400 x 450400 x 400 x 400
エクストルーダダイレクトボーデンボーデン
プリントスピード[mm/s]Max 200Max 100
最大ノズル温度[℃]260260260
最大ヒートベッド温度[℃]1109090
組み立て半組み立て済要組み立て半組み立て済
プラットフォームガラスカーボランダムガラスカーボランダムガラス
オートレベリング
フィラメントセンサ
停電時自動回復印刷
密閉×××
ディスプレイタッチ式タッチ式タッチ式
デュアルZ軸
データ入力SDカード
USB
USB-C
SDカードSDカード
USB
本体重量[kg]14.516-
スライスソフトCuraCura
Repetier-Host
simplify3D
-
その他デュアル斜め支柱デュアル斜め支柱デュアルY軸
デュアルプルロッド
出典公式サイト公式サイト公式サイト
画像、スペックは各社公式ページより引用。記載のない項目は”-“で示している。

名前が紛らわしいですが、Magicianシリーズにおいて本体サイズ・造形サイズが最大なのは「Magician Pro」です。「Magician Max」ではないので注意しましょう。

まとめ:ほしいサイズにあわせてMagicianシリーズを選択しよう

今回は、MINGDAのMagicianシリーズの3Dプリンターを徹底比較してきました。

エントリーモデルの「Magician X」から、特大サイズの造形も可能な「Magician Pro」まで、作りたいモノのサイズにあわせて選べるMagicianシリーズ。

どれを選んでもオートレベリング機能搭載・5分で組立可能である点は、はじめてのFDM3Dプリンター選びでも安心ですね。

紹介した注目ポイントを参考に、あなたのお気に入りのMagician3Dプリンターを選んでみてください!